料理してみた 料理レシピ

【料理】麦味噌でつくる至高の豚汁。麦味噌のコクと甘味が抜群にマッチ

麦味噌でつくる至高の豚汁。
麦味噌のコクと甘味が具材とマッチし相乗効果により旨さが爆マシする、そんな至高の豚汁アレンジ料理。

今回の参考にしたのは、料理のおにいさんリュウジさんによる『至高の豚汁』。
ただでさえ旨い至高の豚汁、これを麦味噌で作ったら旨いんじゃないか?

ということで今回も宇和島の井伊商店謹製の麦味噌で『麦味噌で作る至高の豚汁』作ってみた。



麦味噌で作る至高の豚汁

今回つくるのは麦味噌を使用した至高の豚汁。
オリジナルの作り方は、是非リュウジさんの動画『至高の豚汁』』を参照してほしい。

用意する材料はこんな感じ。

レシピ

・豚バラ 300g
・塩 少々
・胡椒 小さじ1/2程度

・ゴボウ 150g(約1本)
・大根 200g(およそ6cm)
・こんにゃく 250g(1パック)
・にんじん 100g(Mサイズ2/3)
・長ネギ 1本
・生姜 15g
・にんにく  3片
・ゴマ油 大さじ1
・水 1L
・白だし 大さじ4
・麦味噌 大さじ4
・みりん 大さじ2
・酒 大さじ2

手順

手順

  1. 豚肉に塩胡椒を振って揉み込んでおく
  2. 野菜、こんにゃくをカット
  3. ゴボウを焦げ目がつき香りが立ってくるまで炒める
  4. 豚肉を加えて焦げ目がつくまで炒める
  5. 大根、人参、こんにゃくを加えて軽く炒める
  6. 水、白だし、麦味噌、みりん、酒を加え煮込む
  7. おろしたニンニクと生姜を加えてさらに煮込む
  8. 長ネギを加えて火が通るまで煮込めば完成

豚肉に塩胡椒をふって揉み込んでおく。

人参を皮付のまま薄切り(2mmくらい)の半月切りにカット、大根も皮付のままに人参より厚め(5mmくらい)にいちょう切りにする。
ネギは斜め切りにカットしておく。

こんにゃくはスプーンなどでちぎって、断面に凹凸を作って味が染みやすくしておく。
ザルにあけ、水道のお湯など40度ほどのぬるま湯で揉み洗いして臭みをとっておく。
※昔ながらのこんにゃくの場合は下茹でしておく

ゴボウ(今回使用するのは洗いゴボウ)は、くしゃっと丸めたアルミホイルでこすりながら水洗いして汚れを落とし、薄めにななめ切りしておく。

フライパンにゴマ油(大さじ1)を熱し、ゴボウに焼き目がついて香ばしい香りがしてくるまで炒める。

豚バラ肉を適度なサイズにちぎりながら加え、香ばしく焦げ目がつくまで炒める。

大根、人参、こんにゃくを加えて油がなじむように軽く炒める。

全体的になじんで照り感がでてきたら、水(1L)、白だし(大さじ4)、麦味噌(大さじ4)、みりん(大さじ2)、酒(大さじ2)を加え強火で沸かす。
沸いたら弱めの中火にして20分煮込む。

たいちょー
灰汁は旨味の法則!!

ニンニクと生姜をおろして加え、さらに2分ほど煮込む。
最後に長ネギを加えて軽く火が通るまで1分ほど煮込んだら完成。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

たいちょー(@explorerstaichou)がシェアした投稿

具沢山でご飯のおかずになる

具沢山で食べ応え満点だ。

さっそく食べてみよう。

しっかり炒め、麦味噌を加えて煮込んだのですべての旨味が汁に溶け出している。
ホクホクの野菜、シャキシャキのネギの食感がたまらない。

豚肉も旨味を吸っていて旨い。
ゴボウは焦がしてあるので香ばしさが強く、豚汁の旨味を引き立てる。

ニンニクと生姜をしっかりきかしたので、芳醇な風味のアクセントがきいていて後を引く。
もうこれ単体でご飯が食える。

味変に追い七味もおすすめ。

ピリリと辛味のアクセントにコクと旨味も増し、人参の甘味も引き立つ。
麦味噌は甘味が強いけど、これがまた絶妙にマッチしていて旨い。

最後に

麦味噌で作る至高の豚汁作ってみた。

麦味噌の甘味がスープのコクと旨味も引き立て、すべての旨味溶け出した汁が染みた具材は、これだけでご飯のおかず余裕。
味噌で作るのと一味違った仕上がりになるので、気になる人は一度お試しあれ。

2024/2/26

サルサ・ロハ。メキシコ料理に欠かせない!!トマトの酸味とピリッと辛さが後引くサルサ

サルサを知っているだろうか? メキシコ料理では欠かせないサルサ、スペイン語で「ソース」を意味する。 サルサと一口に言っても、実は具材によりたくさんの名称が存在する。 先日つくったワカモレもアボカドのサルサ。 日本では一般的にはサルサソースと呼ばれるが、直訳すると訳わからないことになる。 トマトをベースに唐辛子やスパイスを加えた『サルサ・ロハ(赤いサルサ)』が、日本人には馴染み深いサルサソース。 基本的にはカットして和えるだけなのでとても簡単。 今回はそんな『サルサ・ロハ』を作ってみた。 サルサ・ロハ 用意 ...

ReadMore

2024/2/25

【メキシコ料理】チリコンカン。ピリ辛スパイシーがたまらない。節分豆アレンジで作ってみた

チリコンカンを知っているだろうか? スペイン語では肉入りトウガラシを意味し、メキシコ北部から南部アメリカが発祥の挽肉と玉ねぎを炒め、豆やトマトにスパイスを合わせて煮込んだメキシコ料理。 19世紀半ばにメキシコより独立し、アメリカに併合されたテキサス州が本当の起源だとか、メキシコのエンセナーダが起源だとか諸説ある。 トルティーヤなどにチーズやサルサなどと一緒に挟んで食べるのが定番だ。 ちなみにアメリカではテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、代表的な料理のひとつとされている。 今回はメキシコ ...

ReadMore

2024/2/25

節分の炒り豆アレンジ。これでアレンジの幅が増える!!大豆の水煮作ってみた

2月3日は節分の日。 食べ物を粗末にしてはいけないけれど、節分という免罪符により大手を振って食べ物を投げることができる。 日本古来よりの独特の風習のひとつだ。 限られたシーズンに販売される節分仕様の炒り豆。 シーズンが終わると需要が薄れ、大量に残る節分の炒り豆、あれの行く末はどうなっているのだろうか? 節分仕様のデザインさえなければ、通年販売も可能だが、さすがにあの仕様ではそうもいかない。 賞味期限が切れたら廃棄されるのか、はたまた動物の飼料として有効活用されるのか? SDGsが叫ばれる昨今、それってどう ...

ReadMore

2024/2/24

メキシコ料理に外せない!!ワカモレ。簡単混ぜるだけ濃厚クリーミーなアボカドソース

ワカモレを知っているだろうか? スペイン語でアボカドソースを意味し、メキシコの先住民族言葉のひとつナワトル語のAhuacatl(アボカド)+molli(ソース)を語源とする。 大航海時代の16世紀初頭にスペイン人による新大陸発見の際、すでにメキシコで食されていた伝統的な料理のひとつ。 高い栄養価もさることながら、アボカドの生産が世界一のメキシコだからこそ生まれたと言っても過言ではない。 粗く潰したアボカドにみじん切りの玉ねぎやトマト、コリアンダー、青唐辛子を混ぜ合わせ、レモン汁や塩で味付けしたのが一般的だ ...

ReadMore

2024/2/23

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁リメイク

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁を再利用したら旨すぎた 炊き込みご飯、醤油の芳ばしい香り、素材の旨味染みたご飯を具材とともに味わう。 日本が産んだ究極のご飯料理のひとつ。 古くは奈良時代に遡り(諸説あり)、当時、米不足を補うために粟や麦などの穀物や硬果類を加えて食べていた『糅めし かてめし』が始まりだとされる。 その後、食が豊かになった江戸時代中期以降には季節の具材を初めとした様々な具材を使用した炊き込みご飯が誕生。 現在も地域の特色を生かした郷土料理としての炊き込みご飯が全国に存在する ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-,