カフェ テイクアウト 和菓子・スイーツ 食レポ

【栃木宇都宮】Briest(ブリエスト)。パリ・ブレスト専門の洋菓子店

栃木県宇都宮市にパリ・ブレスト専門の洋菓子店「Briest(ブリエスト)」が2022年3月26日グランドオープン。

宇都宮の市役所近くシンボルロード沿いにレンガ造りがオシャレなお店。
パリ・ブレストをはじめとしたSNS映えするスイーツにオリジナルブレンドの珈琲・紅茶など、オシャレな店内でこだわりの食器で味わえるカフェとしても利用可能だ。

今回はそんな「Briest(ブリエスト)」に行ってみた。



Briest(ブリエスト)

今回訪問したのは栃木県宇都宮市中央、市役所前の秋にはイチョウが美しく色ずくシンボルロード沿いに建つ「Briest(ブリエスト)」。

フランス菓子のパリ・ブレストを専門とする洋菓子店。
レンガ造りの外観がオシャレなこのお店、2021年12月24日よりプレオープンし現在(202年1月29日時点)は予約販売のテイクアウトのみ利用が可能。
グランドオープン後は店内で味わうことができる、ちょっとしたカフェ的な利用も可能となる。

名前の由来はプリ・ブレスト(Paris Brest )に愛(I)を込めて、Briest(ブリエスト)と名付けられたいう。

パリ・ブレストとは、サイクリスト憧れの世界最古の自転車レース「パリ・ブレスト・パリ」の1891年初開催を記念して作られた、自転車の車輪をオマージュした菓子(諸説あり)。
レース参加者に体力をつけてもらうため、リング状のシュー生地(日本ではリングシューとも呼ばれる)にたっぷりのプラリネをサンドしたと言われていて、現在フランスを代表する菓子のひとつに数えられる。

ちなみにプラリネとは、砂糖を煮詰めてキャラメル状にしたものをローストしたナッツ類と和えたもののことで、プラリネをペースト状にしたものも含まれた総称。

そんなシャレオツな洋菓子が味わえるのがBriest(ブリエスト)。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県宇都宮市中央1-9-6

車 東北道宇都宮インターより9.km(18分)
電車 東武宇都宮線東武宇都宮駅西口より350m

駐車場 周辺駐車場利用

駐車時用は土日祝は市役所の駐車場が終日無料にて利用可能。
RADIO BERRYエフエム栃木前のパーキング(栃木県宇都宮市中央1-5-1 お店より140m)利用時には、1,000円以上購入で30分無料チケットを1枚もらえる。

店内

白を基調としたウッディーなオシャレな店内。

奥はガラス張りの厨房スペースになっていて、パリ・ブレストの作られる様子がうかがえる。
また左手にはカウンター席があり、グランドオープン後はここでちょっとしたカフェ的な利用が可能になるとのことだ。

正面レジカウンター横にはショーケース内に『パリ・ブレスト』がオシャレにディスプレイされている。

右手にはジェラートマシンが設置され、ジェラートの販売なども行われるようだ。
今後の新作への期待も高まる。

ちなみに画像右にちょっと映り込んでるウォーターコーヒードリッパーは、イートイン利用が開始されるまでお休み中。

窓際にはお店のグッズやお店でも使用されるポルトガルやフランス製のカトラリー類の販売もされている。

ポルトガルのブランドCOSTA NOVAのECO GRESとPLANOも店頭販売されている。

いづれも製造過程に生まれる廃棄される陶土を再利用したオリジナル陶土が使用されたエコなシリーズ。

Briest(ブリエスト)のメニュー

気になるBriest(ブリエスト)のメニューはこんな感じ。
※2022年3月19日時点

メニュー

グランドメニュー(レセプション時)

予約テイクアウト

・パリ・ブレスト「ブリエスト」 648円
その他

オプション
・Briestオリジナルケーキボックス(1個箱用) 0円
・Briestオリジナルケーキボックス(2個箱用) 0円
・Briestオリジナル・ペーパーバッグ小 22円
・Briestオリジナル・ペーパーバッグ大 33円
・CPLAナイフ&フォーク1SET 22円
・CPLAナイフ&フォーク2SET 44円

テイクアウト注文方法

テイクアウトはHPもしくはLINEにて注文可能。

手順

  1. パリ・ブレストをカートに加える※ひとり12個まで
  2. 1個箱もしくは2個箱を必要な数量分のみカートに加える※無料
  3. 必要ならばペーパーバッグ、カトラリーを加える※有料
  4. 受け取り日時を選択
  5. アカウントを登録※未登録の場合
  6. 店舗で支払いを済ませる
  7. 受け取る

公式LINEに登録すると、予約販売の開始案内があるので予約しそこねる心配もない。
※2021年1月29日時点では予約販売のみ

また会員カードにもなるので、ポイントを貯めて1ポイント1円換算で利用も可能なようだ。

テイクアウトオプション詳細

オリジナルペーパーバッグは注文数に合わせてチョイスするといいだろう。
1個箱なら小、2個箱以上の場合は大がおすすめ。

再利用可能なオリジナルクラフト保冷バッグ(1,650円)も販売されているので、定期的に訪問する予定がある人はそちらもいいかもしれない。

地球環境にも優しいサステナブルな取り組みの一環として、ナイフ&フォークは生分解されるバイオプラスチックなものを使用している。

ケーキボックスもまたこだわりが詰め込まれている。

横から開封し、白いトレーごとスライドさせることで簡単に取り出すことが可能になっている。
しかもトレーの下には2時間保冷可能な保冷剤入りだ。



Buriestプレオープン行ってみた

予約販売開始の案内を受け取り、前日に予約して訪問したのは1月29日の11時半ごろ。
すでに2組ほど先客あり、後客1組。

確実に買えるこの安心感。

今回は2個のパリ・ブレスト「ブリエスト」と店頭販売していた映える食器を購入。
なかなかいい感じではないか。

たいちょー
しまった、トレーに乗せたままだった

しっかりと焼かれた濃いブラウンのリング型のパータ・シューをカット、イタリアン・メレンゲを使用したバタークリームでカスタードをを作り、そこにアーモンドとヘーゼルナッツのプラリネペーストを合わせたムースリーヌクリームをふんだんに使用しシュー生地でサンドしたもの。

天面には粉砂糖が振られ、砕いたアーモンドやヘーゼルナッツで彩られる。

シューのセンター部分も無駄にはせず、プラリネクリームの中に入れることでサクッとした食感のアクセントを演出している。

表面はサクッとした食感で中はふんわり食感のシュー生地。
口に含むとナッツの芳ばしい香りが広がり、極濃で甘いクリームはなるほどこれ1個食べればロードレースの疲れも吹き飛びそうな味わいだ。

後で食べる用に2個買ったが、思わず2個連食してしまう美味しさ。

グランドオープン記念アシェット・デセールコース

2022年3月26日のグランドオープンを記念して、3月17日~21日、24日・25日の7日間プレオープン利用者限定のレセプションが開催された。
レセプションでは、グランドオープン後にスタートされる、店内メニュー「アシェット・デセールコース」を先行予約で利用することができる。

そんなわけで今回予約したのは3月19日初回の12時半。

お店の前にはミモザの花が咲き乱れる。
グランドオープンにさいして、入り口サイドにテラス席が2卓新設されていた。

店内

店内には新たにメニュー入りした焼き菓子が並ぶ。

お店で提供している珈琲(日光珈琲オリジナルブレンド)や紅茶(Y's Teaオリジナルブレンド)も購入可能だ。

店内左奥にカウンター席が4席。
カウンター席からは厨房でスイーツを仕上げる様子が眺められる。

FREE WiーFiも完備されている。
電源コンセントにUSB給電ポートも一か所あるが、利用していいのかどうかは未確認。

アシェットデセールコースと、ソフトドリンク・おかわりドリンク付き・お土産付き

今回利用したのは『アシェットデセールコースと、ソフトドリンク・おかわりドリンク付き・お土産付き』。

詳細

  • 2種類のアシェット・デセールコース
    1皿目 季節のパンナコッタ
    2皿目 節のパリ・ブレストまたは季節のリ・オーレ
  • ソフトドリンク・おかわりドリンク付き
    珈琲、アイスコーヒー、紅茶 ティーポット、オーガニックハーブティーのいずれか
  • お土産付き
    Briestオリジナル・ブレンド紅茶(50g)、オリジナル・ブレンド珈琲(200g)、Briestオリジナル保冷バッグのいずれか

ドリンクは紅茶をチョイス。
Y’s Tea協力のもと誕生したBriestオリジナルブレンド紅茶をティーポットで提供。

ローズの芳醇な香りが鼻腔を抜け、後からレモンの爽やかな香りが追いかけてくる。
ほんのり甘い余韻を感じる。

1皿目ではビターなアクセントが引き立ち、2皿目と合わせるとスッキリとした口当たりに変化。
合わせるスイーツによって違った味わいを楽しめる。

季節のパンナコッタにアマレナチェリーとソーテルヌのジュレ

1皿目は季節のパンナコッタにアマレナチェリーとソーテルヌのジュレ。

黄金の飴細工にエディブルフラワーが映える。
アマレナチェリーとソーテルヌのジュレがまるで宝石のようだ。

エディブルフラワーの爽やかな香りが広がる。

濃厚クリーミーなパンナコッタに、アマレナチェリーの甘酸っぱい味わいとソーテルヌの貴腐ワインならではの芳醇で甘みのある味わいが絶妙。
ジュレのぷるんとした食感のアクセントもいい。

季節のヴァシュランのリオーレにヴァイツェンのソース

2皿目にチョイスしたのは『季節のヴァシュランのリオーレにヴァイツェンのソース』。

栃木県産コシヒカリを使って牛乳で炊いたリオーレに、パリパリ食感のパイ生地にアイス、ヴァイツェンのソースで味付けされている。

クリーミーでふんわりとした口当たりのリオーレは、米自体の甘みを感じる。
米の食感も残っていて、ご飯がスイーツになるなんてなんとも不思議な感覚だ。

ヴァイツェンソースは、ビールっぽいクセなどはなくすっきりした甘さが絶妙。
冷たいアイスがサラッと溶ける。

苺の酸味とラズベリーソースの甘酸っぱいアクセントがいい。

訪問者の9割がカップルというアウェー感はあったが、まぁ気にすることなく利用できるのでおひとり様にもおすすめ。

最後に

栃木県宇都宮にオープンしたパリ・ブレスト専門洋菓子店「Briest(ブリエスト)」に行ってみた。

ここは表参道かなと思わせるようなレンガ調のオシャレなお店。
映え感マシマシなパリ・ブレストがお店の雰囲気ともマッチする。

サクサク食感のシュー生地に極濃なナッツ風味と甘い味は、疲れも吹き飛ぶほどだ。
これとビターなコーヒーを合わせたら最高だろう。

Briest(ブリエスト)はテイクアウトとイートインの利用が可能。
テイクアウトも予約(2022年3月時点)必須なので、必ず訪問前に予約を忘れずに。

お店詳細

Briest(ブリエスト)
住所 栃木県宇都宮市中央1-9-6
TEL 028-689-9500
営業時間 10:30〜18:30
定休日 月火
設備 FREE Wi-Fiあり
決済 電子マネー等使用可能

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-カフェ, テイクアウト, 和菓子・スイーツ, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.