ラーメン 定食屋・食堂 茨城のラーメン 食レポ

【茨城古河】ラーメン一番。普通に美味しいがクセになる定期的に通いたくなる中華食堂

茨城県古河市にある中華食堂「ラーメン一番」。

昼時にもなれば、店内は満席が当たり前、地元に愛される系の町の中華食堂。
すごく美味しいわけではないけれど、普通に美味しくてクセになる、なんだか定期的に通いたくなるこのヤミツキ感。

豊富な麺類にご飯もの、一品メニューは定食変更可能というのが嬉しい。
それでいて提供スピードが速く、混雑していてもお客を待たせない。

まさに近所に一軒あって欲しいお店。
今回はそんな「ラーメン一番」に行ってみた。



ラーメン一番

今回訪問したのは茨城県古河市上辺見にあるラーメン一番。

平日や土日の昼時にもなれば、店内はお客で一杯。
混み合っていても料理の提供が早いので、お客を長く待たせることはほとんどないので回転率も良い。

地元に愛される系の中華食堂は、そ凄く美味しいとかそういうのではないけれど、普通に美味しいこそが間違いない。
なんだか定期的に食べたくなるその味に、何度も通う人がいるほどだという。

ご飯がススム濃いめの味付けは、ガッツリ食いたい時におすすめしたい。

アクセス

アクセス詳細

住所 茨城県古河市上辺見2310

車 旧4号線下山町(南)交差点より1.1km(2分)
電車 古河駅より2.0km

駐車場 お店左手10台、右手8台、正面2台

駐車場はお店に向かって左側に舗装された駐車場が10台。

お店正面にも最大2台は駐車可能だが、斜め停めされている場合は1台のみ。
お店右手にも砂利の駐車場があるが縦列駐車で最大8台といったところか。

店内

店内入ると正面に奥にレジカウンター。
その左手に厨房、厨房3名、ホール2名ほどだっただろうか、テキパキと料理をするさまは提供スピードの速さもなるほど納得。

厨房前には給仕用のスペースがありも、その正面にカウンター席が7席。

左手窓際には4人掛けのテーブル席が3卓、入り口から右手は小上がりになっていて4人掛けの座卓が3卓。

カウンター上部にはメニューが掲示され、テーブル設置のメニュー表に表示されていないものもあるので要チェックだ。

備え付けは醤油、酢、ラー油、おろしニンニク、黒胡椒など。

ラーメン一番のメニュー

ラーメン一番のメニューはこんな感じ。
※2022年1月時点

メニュー

麺類の部

・ラーメン 600円
・ワンタン 600円
・ワンタンメン 700円
・しおラーメン 600円
・しおバターラーメン 700円
・カレーラーメン 700円
・タンメン 600円
・カレータンメン 700円
・みそタンメン 750円
・もやしそば 650円
・みそラーメン 700円
・みそバターラーメン 800円
・スタミナラーメン 800円
・みそスタミナラーメン 850円
・やきそば 500円
・かたやきそば 650円
・野菜そば 700円
・チャシュウメン 800円
・チャンポンメン 800円
・うまにそば 800円
・五目そば 800円
・肉そば 750円
・わかめそば 650円
・マーボメン 750円
・ねぎラーメン 700円
・肉ねぎラーメン 800円
・ねぎみそラーメン 800円

ご飯の部

・チャーハン 700円
・肉丼 700円
・生姜焼き丼 800円
・スタミナ丼 800円
・オムライス 800円
・中華丼 650円
・カレーライス 650円
・カツカレーライス 900円
・半ライス 100円
・ライス 200円

菜単の部

・餃子 500円
・野菜イタメ 550円
・ニライタメ 600円
・もやしイタメ 500円
・レバーイタメ 700円
・ニラレバーイタメ 750円
・肉ピーマンイタメ 750円
・肉ヤサイイタメ 750円
・肉ニライタメ 750円
・肉イタメ 800円
・豚バラにんにく炒め 750円
・しょうが焼き 750円
・うまに 700円
・肉うまに 800円
・オムレツ 650円
・焼豚 1,100円

スープの部

・ヤサイスープ 350円
・玉子スープ 400円
・五目スープ 450円
・肉スープ 450円
・わかめスープ 350円

大盛(麺・ご飯のみ) 100円

単品メニューは+250円で定食(ご飯、みそ汁、漬物)に変更可能。
テイクアウト利用も可能だ。



ラーメン一番行ってみた

訪問したのは正月休み明けの土曜の12時頃。
駐車場は満車状態だったが、ちょうどよく3組ほど帰るところで、無事来店することができた。
先客8組17名ほど、後客複数で一時待ちができるほど。

カウンターに陣取ると、さっそく注文を済ませ待つこと6分。
噂通りの提供スピードだ。

今回チョイスしたのは『もやしそば』と『生姜焼き丼』

もやしそば 650円
生姜焼き丼 800円

なかなかのボリューム感だ。

もやしそば

まずはもやしそばからいただこう。

醤油ラーメンベースにモヤシ炒めがたっぷりトッピングされている。
具材はたっぷのモヤシ、ニンジン、ニラ、キクラゲ、豚肉にとろーり餡が絡められている。

まずはスープから。

野菜の旨味溶け出した餡に、これぞ食堂の醤油ラーメンといった王道の味。
動物系のダシに野菜の旨味、キレのある醤油の風味、これ注文しとけば間違いない、そんな味だ。

野菜はどうだろう。

丁度良い炒め加減のモヤシがシャッキシャキで旨い。
少しだが豚肉も入っているのが嬉しい。
塩気しっかりきいた餡が絡んでこれでメシ食えそう。

続いて麺をひとくち。

麺は中細ストレート、スープをたくわえた餡がよく絡みとにかくアツアツ。
ずっと熱い。
食感はコシ弱めのテロテロ系、ズズズッとのど越し感たまらない。

アツアツな麺を啜りながら、氷入りのキンキンに冷えたお冷をグビグビといくのが至高。

生姜焼き丼

続いて生姜焼き丼だ。

ご飯の上に千切りキャベツが敷かれ、その上にほどよいサイズにカットされた豚生姜焼きは濃いめの色からしっかり漬け込まれている感が伝わってくる。
彩りに中央に輪切りのピーマンが添えられているのがニクイ演出だ。

さっそくひとくちいただきます。
生姜きかせた醤油ダレがしっかり染みた、濃いめの柔らかジューシー豚肉だ。
濃いめの塩気を中和するたっぷりの千切りキャベツ。

シンプルな生姜焼きながら、これはご飯がススム。
大盛りカスタマイズ必須案件かもしれない。

ここに備え付けのおろしニンニクを加えて食べるとヤバイ。
突き抜けるこの旨さ、思わずニンニクマシマシにしてしまった。

最後に

茨城県古河市にあるラーメン一番に行ってみた。

想像以上に人気のようで店内は満員御礼。
ボリューム並の値段、味も絶品というわけでもなく普通に美味しい、でも不思議と人を惹きつける魅力がある。
そしてまた行きたいと感じさせる、この食べた後の満足感。
店内が賑わうのも納得だ。

接客がどうとか言う人もいるようだが、ファミレスじゃあるまいし想定の範疇内。
何の問題も無い。

濃いめの味がダメという人にはオススメしないが、そういうのが大丈夫なら是非一度訪問してみてほしい。
特に運動とかガッツリ肉体労働した後に食べるには最高だと思う。

お店詳細

ラーメン一番
住所 茨城県古河市上辺見2310
TEL 0280-32-3865
営業時間 11:00〜14:30/17:00〜20:00(LO)
定休日 水曜

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 定食屋・食堂, 茨城のラーメン, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.