食レポ

エスビーの町中華シーズニング。八丁堀の中華シブヤの知る人ぞ知る裏メニュー「トマトキムチ」

エスビー食品より発売中の「町中華シーズニング」シリーズ。
昭和より続くどこか懐かしさ感じる大衆中華料理店、そんな町中華の名店には知る人ぞ知る裏メニューが少なからず存在する。

そんな幻の一品を自宅で気軽に再現できる「町中華シーズニング」シリーズ。

シリーズ4品(2021年10月時点)の中から、今回は築地の移転と共に惜しまれつつ2018年に閉店した、かつて東京八丁堀にあった「中華シブヤ」の幻の一品『トマトキムチ』を食べてみた。



町中華シーズニング『トマトキムチ』

町中華の名店の裏メニューの味を自宅で再現できる「町中華シーズニング」シリーズ。
その中から今回チョイスしたのは、東京八丁堀にかつて存在した町中華の名店「中華シブヤ」の『トマトキムチ』。

データ

町中華シーズニング トマトキムチ
発売日 2021年2月8日
販売 全国
価格 110円
内容量 80g×2
熱量 27kcal
タンパク質 0.7g
脂質 0.7g
炭水化物 4.5g
食塩相当量 1.8g
※1袋(8g)あたり

中華シブヤは、築地の移転をキッカケとし、2018年9月28日に創業より60年の歴史に幕を閉じた。
孤独のグルメSeason7にも登場した『ニラ玉』が名物の名店だ。

ちなみにその味もエスビー食品より復刻されているので、お店で味わことがかなわなかった人は試してみてほしい。

そして今回の『トマトキムチ』は、まさにお店に通った人のみぞ知る真の裏メニュー。
作るのはとても簡単。

材料

・トマト 中1個(200g)
・町中華シーズニング 1袋(8g)

ざく切りしたトマトをボウルに入れ、シーズニングを投入。
よく混ぜ合わせるだけ。

トマトが無限に食べられる旨さ

完成したのがこれだ。

さっそく食べてみよう。

キンキンに冷えたトマトに、コチュジャンの辛みとニンニクなどがきいたスパイシーな味わい。
トマトのジューシーな果汁のスッキリとした酸味、そこにリンゴの甘みが加わることでトマトの旨味を引き立てる。

これはもうトマトが無限に食べられる。

最後に

エスビー食品より発売中の「町中華シーズニング」シリーズの『トマトキムチ』食べてみた。

惜しまれつつ閉店した「中華シブヤ」の裏メニューを再現したというこの一品、お店には一度も行けなかったが想像以上にヤミツキになる味わいだ。
これをつまみに大人の炭酸飲料をグビッといったら最高だろう。

これはも無限トマトと言っても過言ではない。
トマト好きなら是非一度この味をあじわってみてほしい。

あわせて読みたい

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2021 All Rights Reserved.