料理してみた

これでインスタ映え確実!?簡単お手軽映える系弁当『詰め込み弁当』作ってみた

映える弁当ってまるで工作かのような切ったり貼ったりをイメージしていたが、世の中には詰め込み弁当というジャンルが存在するらしい。
映える感じに弁当に詰め込むだけのこの「詰め込み弁当」というやつ。

一歩間違えばごちゃごちゃした見た目になってしまいかねないが、ある程度のセンスがあればそれなりに映える見た目にすることは可能だし、適当でもそれなりに映える感じにできるから面白い。
今回はそんな詰め込み弁当を実際に作ってみた。



詰め込み弁当

積み込み弁当は、キャラ弁やデコ弁とは似て非なるもの。
キャラ弁やデコ弁は時間とセンスが必要で、なかなかハードルが高い。

詰め込み弁当は弁当箱にぎっしり隙間なく詰め込むだけの、忙しい時にも時間をかけずに作れるお手軽な弁当。

ご飯に、副菜、副菜と彩りを変えて詰め込めば、それだけで映える弁当に早変わりする。
特に深く考えずに詰め込むだけでも、自然と具材の種類が増えるので彩りも華やかになる。

仕切りは必要ない

詰め込み弁当ではアルミカップやバランなどの仕切りは基本的には使わない。

具材そのものを仕切りとするのでシンプルだ。
レタスなどの野菜を仕切り代わりに使うのもひとつの手だ。

ただ、水分の多いものは食材が傷みやすくなるので、詰め込む際には水気を切ったり、水気のあるものを詰め込まない工夫などは最低限必要だ。
そこだけ注意して、あとは好きなように詰め込めばいい。

市販品や作り置きを最大限活用する

詰め込み弁当は手間をかけずにパパッと作りたい。

そんな時に重宝するのは市販の惣菜や作り置きなど。
サラダや漬物などは市販品で十分だし、弁当に彩りを加えてくれる。
彩り鮮やかなピクルスなどは酢で漬け込むので痛みずらいし、作り置きしておくのも便利だ。

最低限、具材の彩りだけ考えて用意すれば、映え感のある詰め込み弁当は簡単に作れる。

夏野菜の美味しい季節には夏野菜のピクルスでしょ。自家製ピクルス液を作ってみた

続きを見る

弁当箱選びは重要

詰め込み弁当は弁当箱選びも重要だ。
弁当の形やサイズによって入れられる具材も限られてくるし、見た目も全然違ってくる。

自分の作りたい詰め込み弁当のイメージに合わせて選んでもいいし、吸湿効果や殺菌効果も期待できる曲げわっばを使うのもおすすめだ。




詰め込み弁当作ってみた

なかなか仕事に出かける前のわずかな時間で弁当を作るというのは手間だ。
だからといってこんな弁当では味気ない。

これはこれで醤油ダクダクの海苔にご飯がススムが、せっかくなら見た目やおかずのバリエーションにもこだわりたい。
そんな時に出会ったのが『詰め込み弁当』だ。

ただ、弁当箱に詰め込むだけでいいなんて時間もかからないし簡単じゃないか。

ということでさっそく実際に作ってみることにした。

彩り鮮やかヘルシー弁当

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Explorers隊長(@explorerstaichou)がシェアした投稿

舞茸の炊き込みご飯に細かくカットしたカリカリ梅で彩りのアクセント。
ヘルシーにひじきや根菜などのサラダに自家製ピクルスでカラフルなカラーを追加。

さらに厚焼き玉子、サラダチキンを適当にカットしたものを加えただけ。

仕切りにレタスを使うことで緑を追加して映え感マシマシ。

スーパーの揚げ物詰め込み弁当

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Explorers隊長(@explorerstaichou)がシェアした投稿

スーパーの半額揚げ物を適当に詰め込んで、厚焼き玉子や野菜で彩りを加えたやつ。
ご飯を斜めに盛り付け、ふりかけと梅干の赤を差し色に、さらにレタスで仕切ることで惣菜の茶色とのギャップで彩り感を演出。

ただご飯に盛り付けるだけの今までの弁当と、そんなに使っている具材に大差ないのにまったくの別物だ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Explorers隊長(@explorerstaichou)がシェアした投稿

カラフルで映え感マシマシ弁当

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Explorers隊長(@explorerstaichou)がシェアした投稿

 

作り置きの惣菜を最大限活用し、さらにはゆで卵、スーパー惣菜のサラスパなどを詰め込んだ弁当。
ご飯の白の代わりにサラスパとゆで卵を加えて、彩りにアクセントを加えている。

使用具材

  • サラダチキンとコーンのケチャップライス
  • サラダスパゲッティ
  • 豆類のサラダ
  • ブロッコリーとカリフラワーのオリーブオイル漬け
  • パプリカとトマトのピクルス
  • にんじんラペ
  • ゆで卵

最後に

詰め込むだけの忙しい朝にも手軽につくれる『詰め込み弁当』。

ただ、色々詰め込むだけでもそれなりに映えるが、ある程度彩りを意識し、配置を考えて作れば映える弁当に早変わり。
具材だけでなく、弁当箱にもこだわれば同じ具材でもまったく別物に。

キャラ弁やデコ弁はちょっと、という人は是非一度『詰め込み弁当』にチャレンジしてみてほしい。

2024/2/26

サルサ・ロハ。メキシコ料理に欠かせない!!トマトの酸味とピリッと辛さが後引くサルサ

サルサを知っているだろうか? メキシコ料理では欠かせないサルサ、スペイン語で「ソース」を意味する。 サルサと一口に言っても、実は具材によりたくさんの名称が存在する。 先日つくったワカモレもアボカドのサルサ。 日本では一般的にはサルサソースと呼ばれるが、直訳すると訳わからないことになる。 トマトをベースに唐辛子やスパイスを加えた『サルサ・ロハ(赤いサルサ)』が、日本人には馴染み深いサルサソース。 基本的にはカットして和えるだけなのでとても簡単。 今回はそんな『サルサ・ロハ』を作ってみた。 サルサ・ロハ 用意 ...

ReadMore

2024/2/25

【メキシコ料理】チリコンカン。ピリ辛スパイシーがたまらない。節分豆アレンジで作ってみた

チリコンカンを知っているだろうか? スペイン語では肉入りトウガラシを意味し、メキシコ北部から南部アメリカが発祥の挽肉と玉ねぎを炒め、豆やトマトにスパイスを合わせて煮込んだメキシコ料理。 19世紀半ばにメキシコより独立し、アメリカに併合されたテキサス州が本当の起源だとか、メキシコのエンセナーダが起源だとか諸説ある。 トルティーヤなどにチーズやサルサなどと一緒に挟んで食べるのが定番だ。 ちなみにアメリカではテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、代表的な料理のひとつとされている。 今回はメキシコ ...

ReadMore

2024/2/25

節分の炒り豆アレンジ。これでアレンジの幅が増える!!大豆の水煮作ってみた

2月3日は節分の日。 食べ物を粗末にしてはいけないけれど、節分という免罪符により大手を振って食べ物を投げることができる。 日本古来よりの独特の風習のひとつだ。 限られたシーズンに販売される節分仕様の炒り豆。 シーズンが終わると需要が薄れ、大量に残る節分の炒り豆、あれの行く末はどうなっているのだろうか? 節分仕様のデザインさえなければ、通年販売も可能だが、さすがにあの仕様ではそうもいかない。 賞味期限が切れたら廃棄されるのか、はたまた動物の飼料として有効活用されるのか? SDGsが叫ばれる昨今、それってどう ...

ReadMore

2024/2/24

メキシコ料理に外せない!!ワカモレ。簡単混ぜるだけ濃厚クリーミーなアボカドソース

ワカモレを知っているだろうか? スペイン語でアボカドソースを意味し、メキシコの先住民族言葉のひとつナワトル語のAhuacatl(アボカド)+molli(ソース)を語源とする。 大航海時代の16世紀初頭にスペイン人による新大陸発見の際、すでにメキシコで食されていた伝統的な料理のひとつ。 高い栄養価もさることながら、アボカドの生産が世界一のメキシコだからこそ生まれたと言っても過言ではない。 粗く潰したアボカドにみじん切りの玉ねぎやトマト、コリアンダー、青唐辛子を混ぜ合わせ、レモン汁や塩で味付けしたのが一般的だ ...

ReadMore

2024/2/23

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁リメイク

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁を再利用したら旨すぎた 炊き込みご飯、醤油の芳ばしい香り、素材の旨味染みたご飯を具材とともに味わう。 日本が産んだ究極のご飯料理のひとつ。 古くは奈良時代に遡り(諸説あり)、当時、米不足を補うために粟や麦などの穀物や硬果類を加えて食べていた『糅めし かてめし』が始まりだとされる。 その後、食が豊かになった江戸時代中期以降には季節の具材を初めとした様々な具材を使用した炊き込みご飯が誕生。 現在も地域の特色を生かした郷土料理としての炊き込みご飯が全国に存在する ...

ReadMore

2024/2/22

自家製ガーリックオイル。料理にプラスすると一味違う万能調味料

パスタやピザに加えたり、サラダなどにかけるだけで料理のおいしさがアップする万能調味料『ガーリックオイル(ニンニクオイル)』。 細かく刻んだニンニクをオイルに加え、風味を移すだけの簡単だけど、切り方や使うオイルでまったく別の姿を見せる。 簡単そうで奥が深い調味料。 古くは古代エジプト時代からから食べられていたニンニク、栄養価が高く体力の維持に重宝されていた。 またニンニク含まれる主成分「アリシン」は強い殺菌作用があることから保存食に利用されるだけでなく、免疫力の増強やガン予防にも効果が期待される。 さらにア ...

ReadMore

2024/2/22

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。
濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる。
シャキシャキレタスに濃厚ドレッシングが後を引く。
ライムがガツンと効いていて実にメキシコらしいじゃないか。
#シーザーサラダ
#シーザーズプレイス
#料理

ReadMore

2024/2/18

【駄菓子】いかフライ丼。おつまみ駄菓子のいかフライで丼物つくったら存在消えた件

おつまみ系駄菓子の『いかフライ』を知っているだろうか? イカの姿を模した珍味の揚げ物、通称『イカフライ』。 昭和30年代に誕生したこの駄菓子系おつまみは、乾燥イカを小麦粉などを使用してイカの姿に型どりカラッと揚げた、サクサクでイカの風味を感じる香ばしいスナックのこと。 全国に11の企業(2021年時点)が同様の商品を販売、うち9社が広島にあるという。 揚げ物文化の関西だからこそ生まれたといっても過言ではない。 そんな『いかフライ』で最もメジャーなのが、珍味といえばその筆頭に名を連ねる『なとり』。 なとりっ ...

ReadMore

2024/2/18

【料理】塩肉じゃが。あっさり塩味に煮汁まで完飲したくなる

定番の肉じゃがに飽きた時には、ちょっといつもと違った『塩肉じゃが』なんてどうだろう? あっさり塩味に野菜の旨みもしっかり、ホクホクじゃがいもが旨くて後を引く。 旨み溶け出した煮汁が美味しくて、思わず飲み干したくなる。 さっそく塩肉じゃがつくってみよう。 塩肉じゃが 用意した材料はこんな感じ。 作り方 じゃがいもは丸めたアルミホイルでこすって皮を適当に剥いたら、一口大にカットする。 にんじんを乱切り、玉ねぎは7mm程度にスライスしておく。 ごぼうも丸めたアルミホイルで軽くこすり洗いし。斜め切りにしておく。 ...

ReadMore

2024/2/12

キノコとほうれん草のホワイトクリームシチュー。濃厚なコクと野菜の甘みと鶏肉の旨味がたまらない

寒い季節にはシチューが旨い。 キノコにほうれん草、じゃがいもにんじん、鶏肉とたっぷり具材をコトコト煮込んだ、濃厚クリーミーで旨味溶け出すホワイトソースを使用したクリームシチュー。 ※以後ホワイトクリームシチュー クリームシチューの材料であるホワイトソースは、大雑把に言えばフランス料理でいうところのベシャメルソースを意味する。 となれば西洋料理と位置付けられそうではあるが、実は西洋料理を参考に日本で独自に誕生したシチュー。 ご飯のおかずとして最適なようにカスタマイズされた料理なのだがら、ご飯で食べるべきパン ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた
-