料理してみた

これでインスタ映え確実!?簡単お手軽映える系弁当『詰め込み弁当』作ってみた

映える弁当ってまるで工作かのような切ったり貼ったりをイメージしていたが、世の中には詰め込み弁当というジャンルが存在するらしい。
映える感じに弁当に詰め込むだけのこの「詰め込み弁当」というやつ。

一歩間違えばごちゃごちゃした見た目になってしまいかねないが、ある程度のセンスがあればそれなりに映える見た目にすることは可能だし、適当でもそれなりに映える感じにできるから面白い。
今回はそんな詰め込み弁当を実際に作ってみた。



詰め込み弁当

積み込み弁当は、キャラ弁やデコ弁とは似て非なるもの。
キャラ弁やデコ弁は時間とセンスが必要で、なかなかハードルが高い。

詰め込み弁当は弁当箱にぎっしり隙間なく詰め込むだけの、忙しい時にも時間をかけずに作れるお手軽な弁当。

ご飯に、副菜、副菜と彩りを変えて詰め込めば、それだけで映える弁当に早変わりする。
特に深く考えずに詰め込むだけでも、自然と具材の種類が増えるので彩りも華やかになる。

仕切りは必要ない

詰め込み弁当ではアルミカップやバランなどの仕切りは基本的には使わない。

具材そのものを仕切りとするのでシンプルだ。
レタスなどの野菜を仕切り代わりに使うのもひとつの手だ。

ただ、水分の多いものは食材が傷みやすくなるので、詰め込む際には水気を切ったり、水気のあるものを詰め込まない工夫などは最低限必要だ。
そこだけ注意して、あとは好きなように詰め込めばいい。

市販品や作り置きを最大限活用する

詰め込み弁当は手間をかけずにパパッと作りたい。

そんな時に重宝するのは市販の惣菜や作り置きなど。
サラダや漬物などは市販品で十分だし、弁当に彩りを加えてくれる。
彩り鮮やかなピクルスなどは酢で漬け込むので痛みずらいし、作り置きしておくのも便利だ。

最低限、具材の彩りだけ考えて用意すれば、映え感のある詰め込み弁当は簡単に作れる。

夏野菜の美味しい季節には夏野菜のピクルスでしょ。自家製ピクルス液を作ってみた

梅雨も明けて夏本番となれば夏野菜の美味しい季節の到来だ。 ゴーヤ、きゅうり、キャベツ、トマトにナスetcと新鮮な野菜が沢山ある。 こんな季節には酸味の効いたさっぱりしたピクルスを作りたくなる。 昨年も ...

続きを見る

弁当箱選びは重要

詰め込み弁当は弁当箱選びも重要だ。
弁当の形やサイズによって入れられる具材も限られてくるし、見た目も全然違ってくる。

自分の作りたい詰め込み弁当のイメージに合わせて選んでもいいし、吸湿効果や殺菌効果も期待できる曲げわっばを使うのもおすすめだ。




詰め込み弁当作ってみた

なかなか仕事に出かける前のわずかな時間で弁当を作るというのは手間だ。
だからといってこんな弁当では味気ない。

これはこれで醤油ダクダクの海苔にご飯がススムが、せっかくなら見た目やおかずのバリエーションにもこだわりたい。
そんな時に出会ったのが『詰め込み弁当』だ。

ただ、弁当箱に詰め込むだけでいいなんて時間もかからないし簡単じゃないか。

ということでさっそく実際に作ってみることにした。

彩り鮮やかヘルシー弁当

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Explorers隊長(@explorerstaichou)がシェアした投稿

舞茸の炊き込みご飯に細かくカットしたカリカリ梅で彩りのアクセント。
ヘルシーにひじきや根菜などのサラダに自家製ピクルスでカラフルなカラーを追加。

さらに厚焼き玉子、サラダチキンを適当にカットしたものを加えただけ。

仕切りにレタスを使うことで緑を追加して映え感マシマシ。

スーパーの揚げ物詰め込み弁当

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Explorers隊長(@explorerstaichou)がシェアした投稿

スーパーの半額揚げ物を適当に詰め込んで、厚焼き玉子や野菜で彩りを加えたやつ。
ご飯を斜めに盛り付け、ふりかけと梅干の赤を差し色に、さらにレタスで仕切ることで惣菜の茶色とのギャップで彩り感を演出。

ただご飯に盛り付けるだけの今までの弁当と、そんなに使っている具材に大差ないのにまったくの別物だ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Explorers隊長(@explorerstaichou)がシェアした投稿

カラフルで映え感マシマシ弁当

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Explorers隊長(@explorerstaichou)がシェアした投稿

 

作り置きの惣菜を最大限活用し、さらにはゆで卵、スーパー惣菜のサラスパなどを詰め込んだ弁当。
ご飯の白の代わりにサラスパとゆで卵を加えて、彩りにアクセントを加えている。

使用具材

  • サラダチキンとコーンのケチャップライス
  • サラダスパゲッティ
  • 豆類のサラダ
  • ブロッコリーとカリフラワーのオリーブオイル漬け
  • パプリカとトマトのピクルス
  • にんじんラペ
  • ゆで卵

最後に

詰め込むだけの忙しい朝にも手軽につくれる『詰め込み弁当』。

ただ、色々詰め込むだけでもそれなりに映えるが、ある程度彩りを意識し、配置を考えて作れば映える弁当に早変わり。
具材だけでなく、弁当箱にもこだわれば同じ具材でもまったく別物に。

キャラ弁やデコ弁はちょっと、という人は是非一度『詰め込み弁当』にチャレンジしてみてほしい。

2022/1/18

梅酒の店ぱかぱか考案!5分でできる時短しもつかれ。初心者向けなクセのない食べやすさ

今年もしもつかれのシーズンが到来する。 クセが強く好みが激しく分かれる栃木県の伝統料理しもつかれ。 しもつかれが苦手という梅酒の店ぱかぱか店長tomoki氏。 そんなぱかぱか店長が考案した、初心者や苦手な人でも美味しく食べられるしもつかれ作ってみた。 目次(タップできる)梅酒の店ぱかぱか5分でできる時短しもつかれ「ぱかぱか風しもつかれ」 梅酒の店ぱかぱか 梅酒の店ぱかぱかは、栃木県宇都宮市にある昼は定食、夜には豊富に揃う梅酒を堪能できるお店。 50種類を超えるさまざまな梅酒は、正統派からバナナ梅酒やトウガ ...

ReadMore

2022/1/14

栃尾名物の栃尾油揚げでつくる『麻婆油揚』。ご飯が無限に食える罪作りな一品

新潟栃尾名物の「栃尾揚げ」を使って『麻婆油揚』作ってみた。 栃尾揚げを知っているだろうか? 新潟県長岡市(旧栃尾市)は豊富な湧水に恵まれ、日本酒や油揚げが名物のひとつであり、その独特な厚みのある油揚げは『栃尾揚げ』の名で親しまれている。 今回はそんな栃尾揚げを使った麻婆豆腐ならぬ麻婆油揚を作ってみた。 これが想像を超えるほどのご飯がススム一品に仕上がってしまった。 目次(タップできる)栃尾揚げの麻婆油揚作り方ご飯が無限に食える麻婆油揚最後に 栃尾揚げの麻婆油揚 栃尾揚げを使った麻婆油揚げ、用意した材料はこ ...

ReadMore

2022/1/10

しもつかれラヴァー究極の一品『しもつかれぶっかけ飯』。キンキンに冷えたしもつかれをホカホカご飯にぶっかける最強メシ

栃木県の郷土料理しもつかれ。 出来立てアツアツを味わうのも栃木県民の特権としてなかなか格別なものがある。 地域によってはしもつかれを再加熱することなく土間などに保存、表面が凍るほどにキンキンに冷えたものをホカホカなご飯に乗せて食べるのが最高であるとも言われている。 鎌倉時代前期に書かれた日本の説物語集「宇治捨遺物語」にも記述があるとされ、紀元前より下野国と呼ばれていた現栃木県の地域で生まれたカレー、下野国のカレーだから「しもつかれ」となったという説があるくらいだから、ご飯に合うのもうなずけ・・・ねーよ。 ...

ReadMore

2022/1/10

月見エビ天ちから蕎麦。中沢製麺の『破天荒生蕎麦』で破天荒な一杯作ってみた

年末恒例の中沢製麺の年越し蕎麦。 今年も例年のごとく、年末に食べきれないほど買ってしまった。 ※後悔は一切していない、むしろ嬉しいくらいだ 中でも毎回購入するのが定番商品『破天荒生蕎麦』。 これが田舎風の蕎麦で、打ち粉に蕎麦粉を使っているので濃厚な蕎麦の風味があり、豪快な食べ応え感がたまらない。 そしてそば湯まで飲めるという蕎麦を存分に堪能できる一品。 せっかくの正月、豪勢な一杯を食べたい。 ということで、今回は破天荒生蕎麦にきそばのつゆ、トッピングに海老天、餅、卵黄、たっぷりのミツバという豪華仕様の一杯 ...

ReadMore

2022/1/9

年末お土産チャーシューでハイマウントインスパイアまぜそば作ってみた

ハイマウントの年末お土産チャーシューでハイマウントインスパイアまぜそば作ってみた。 あのヤミツキになる旨しまぜそば。 せっかく神豚とハイマウント特製麺があることだし作れないものか。 味は無理でもせめてそれっぽく作れないものだろうか。 やってみた。 目次(タップできる)ハイマウントインスパイアまぜそば作り方実食最後に ハイマウントインスパイアまぜそば さて、今回挑戦するのはハイマウントのまぜそばをインスパイアしたまぜそば。 用意した材料はこんな感じ。 ※まぜそば大仕様 レシピ ・ハイマウント特製麺 2玉 ト ...

ReadMore

2022/1/10

栃木が誇る栄養満点スーパーフード『しもつかれ』。ヤミツキ注意な激ウマしもつかれ

今年も栃木県民には恒例の『しもつかれ』のシーズンがやってくる。 2月の初午の日(2022年は2月10日)に作られる、栃木県が誇る郷土料理のひとつだ。 7軒の家のしもつかれを食べると病気にならないと言い伝えられるほどで、実際にしもつかれは栄養満点なスーパーフードでもある。 各家庭によってお決まりの作り方があり、基本的なレシピは同じだけどそれぞれ違った味に仕上がる。 つまり自分だけのしもつかれレシピがあってもいいのだ。 今回はそんな自分好みのしもつかれを作ってみた。 目次(タップできる)嫌なクセゼロのヤミツキ ...

ReadMore

2022/1/6

ただ焼いただけなのにこの旨さ!?ハイマウントの年末お土産チャーシューで作る焼きラーメン

ハイマウントの年末限定「お土産チャーシュー」で焼きラーメン作ってみた。 予約をしないと手に入らない数量限定スペシャル仕様で販売されたお土産チャーシュー。 麺処TANAKAの特注特大バラ肉に、一品香城東店でおなじみ丸麺侍秘伝のタレを使用、さらに浅草開花楼のハイマウント特製麺が5玉も付いてくる超絶スペシャル限定なセット。 お店で焼きそばのように食べるといいという情報をゲットしたので、さっそく焼きラーメンを作ってみたらこれがアホみたいに旨かった。 目次(タップできる)ハイマウントのお土産チャーシューセットで作る ...

ReadMore

2022/1/2

【栃木市】徳田商店。地元の老舗豆屋で買った丹波黒豆ともち米で「黒豆おこわ」作ってみた

栃木県栃木市にある豆屋「徳田商店」に行ってみた。 創業昭和29年の老舗雑穀店さながら昔ながらの年季感じるお店が、2021年9月に蔵の街に訪れた観光客も気軽に入りやすいお店にリニューアルオープンした。 販売するのは豆やお米などの雑穀を中心に、業者だけでなく小売りも行っている。 今回はそんな徳田商店で、丹波黒豆ともち米を手に入れたので「もちもち黒豆おこわ」作ってみた。 目次(タップできる)徳田商店アクセス店内徳田商店行ってみた黒豆おこわ作ってみた最後に 徳田商店 今回訪問したのは、栃木県栃木市湊町にある豆屋「 ...

ReadMore

2021/12/26

寒い季節にはおでんに限る!!トマトコンソメスープおでんが旨過ぎてつゆまで完飲したくなる

おでんの美味しい季節になってきた。 ダシのきいたつゆを吸ったアツアツおでんを頬張りながら飲む一杯は格別。 そのままでも美味しいけど、たまには違った味わいのおでんも食べてみたい。 そんなわけで今回はトマトとコンソメの旨味みきかせた洋風おでんに挑戦だ。 目次(タップできる)トマトコンソメスープおでん作り方思わず煮汁まで完飲したくなる旨さ最後に トマトコンソメスープおでん 作り方は特にこれといって難しいことは何もない。 用意するのはたったこれだけ。 レシピ ・スーパーのおでんセット 1パック ・トマトペースト  ...

ReadMore

2021/11/26

スーパーのしらす干しでしらす丼作ったら旨くて連食してしまった件

スーパーのしらす干しでしらす丼作ったらあまりに旨過ぎて連食してしまった。 窯揚げしらす丼とか生しらす丼って現地に行かないと食べられない絶品グルメのひとつだけど、あそこまで美味しくなくいいからなんとか食べられないものか。 そんなことを思いながら仕事帰りに行きつけのスーパー「ヤオハン城内店」に立ち寄ると、これがまたタイムリーな商品が普通に売られていた。 それはもう即買いするよね。 これが想像以上に美味しくて、朝晩と連食してしまった。 目次(タップできる)しらす干しでつくるしらす丼ヤミツキ注意なヘビロテ朝食最後 ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた
-

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.