カフェ 食レポ

【栃木那須塩原】SUZUの森cafe。那須塩原温泉郷にある温泉むすめ塩原八弥推し北欧風カフェ

栃木県那須塩原温泉郷にある北欧風カフェSUZUの森cafe。

昔ながらの温泉街のお土産屋の鈴木屋内に新設された、川のせせらぎを眺めながら寛げる川と緑のテラスカフェ。
温泉むすめ「塩原八弥(やや)」推しカフェとして有名。
塩原温泉郷名物の『とて焼き』が食べてみたくなる訪問したのだが、まさかのこんなお店だったとは嬉しい誤算である。

今回はそんなSUZUの森cafeに行ってみた。



SUZUの森cafe

ここが栃木県那須塩原市の那須塩原温泉郷にある北欧風カフェSUZUの森cafe。

那須塩原温泉郷に昭和20年創業の鈴木屋。
おじいちゃんの手作りの自家製山椒の佃煮「山椒でんぶ」が人気のお土産屋。

これまでも和風の喫茶コーナーはあったが、2017年に一部を改装し現在のSUZUの森cafeがオープン。
とちおとめを使ったメニューや温泉郷名物の『とて焼き』、箒川を眺めながらのんびり寛げるテラス席が自慢のお店。

神出鬼没なジブリ、アニメ、漫画好きなカフェ店員が温泉むすめの塩原八弥を激推しするませでもある。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県那須塩原市塩原683-2

車 東北道西那須野塩原インターより15.5km(およそ23分)
電車 宇都宮線西那須野駅西口、西那須野バス停より塩原門前バス停の横

駐車場 4台

駐車場は店舗前に4台分あるが、普通車では道路に若干はみ出すかもしれない。
お店から50mほどの塩原温泉交流広場に30台ほど駐車可能な市営無料パーキングあり。

店内

お店に向かって左手側がカフェの入り口になる。

白を基調としたウッディーなお洒落な店内。
北欧風に改装され、かっての昔懐かしの温泉街のお土産屋感は微塵も感じられない。
店内にはテーブル席がいくつかあるが、やはりここに来たら店舗奥のテラス席を利用すべきだろう。

テラスさんにも多数のテーブル席はあるが、階段を降りた一番奥には眼下を流れる箒川のせせらぎを感じながら寛げるカウンター席がある。

店舗右手の入り口から入ると名物の「山椒でんぶ」をはじめとしたお土産など物産品が並ぶ。

そしてその一角にあるのが、塩原八弥推しカフェ店員さんによる塩原八弥コーナー。

普通ならば家で大事に保管したり、ショーケースにでも入れて展示したいところだが、そのままとか潔い。
もしかしたら展示用の他に保管用も持っている可能性は否定できない(笑)

推し愛を感じる塩原八弥関連グッズの数々、さらに温泉むすめのグッズも展示されている。

塩原八弥等身大パネルが設置されているお店でもある。
そして展示品の傍らにはSUZUの森cafe限定ミニパネルも設置。

あしあとノートも設置されているので、何かメッセージを残しておくのも良いかもしれない。

レジ前にもSUZUの森cafe限定の塩原八弥タンブラーをはじめとしたグッズも販売されている。
とて焼きバージョンの八弥ちゃんパネルも展示されている。

八弥ちゃんグッズ

・SUZUの森cafe限定 八弥ちゃんタンブラー 1,500円
・塩原八弥いちご姫ver.キーホルダー 700円
・塩原八弥いちご姫ver.感バッチ 250円

SUZUの森cafeメニュー

SUZUの森cafeのメニューはこんな感じ。

なかなかの充実したメニューの数々。
やはりとて焼きは外せないだろう。

デザートを注文すると『YAYAクッキー』を付けてもらえるサービスもある。



とて焼きとは?

ちなみに「とて焼き」とはなんなのか?
明治37年に始まった乗合馬車を起源(諸説あり)にするトテ馬車が走っていた。
かつて全盛期には7軒のトテ屋があり、26台もの馬車が存在したという。

そのトテ馬車がクラクションに使用していたラッパを模して作られたワンハンドフードこそが「とて焼き」。

現在は塩原温泉街をのんびり馬車で巡れる観光遊覧馬車として1台のみ走っている。

運行情報

とて馬車
運行区間 古町県営駐車場〜ホテルニュー塩原「湯仙峡」前
※どこからでも乗り降り可
料金 1名1,000円(小学生以下500円)
運行時間 未設定
定休日 木曜、冬場
連絡先 0287-32-2305

苺たっぷりヨーグルトとて食べてみた

訪問したのはまだまだ暑い2020年8月22日のこと。
先客は数名。

せっかく那須塩原温泉郷に来たのだから「とて焼き」をチョイスしないとな。
ということで今回チョイスは「苺たっぷりヨーグルトとて」のドリンクセット。

苺たっぷりヨーグルトとて 500円
ドリンクセット(コーヒーor紅茶) 800円

とて焼に塩原産のとちおとめがたっぷり、那須ミルクを使用した自家製ヨーグルトに手作り苺ソースの甘い香りがたまらない。
さらに生クリームやチョコがアクセントに使用されている。

さらにデザートを注文した人限定のハートの形のYAYAクッキーが添えられているという。

ふわふわのとて焼き(パンケーキ)に、爽やかな香りに甘酸っぱくてジューシーな果汁あふれるイチゴ。
なめらかクリーミーなヨーグルトに生クリームと甘酸っぱい苺ソースが絶妙。

香ばしいアイスコーヒーとともにいただく至福のひととき。

最後に


那須塩原温泉郷にあるSUZUの森cafeで、塩原名物とて焼きを食べてみた。
まるでクレープのように、パンケーキを巻いて包んだとて焼きが美味い。

それぞれのお店独自のとて焼きがあるというので、とて焼きを求めて巡るというのもアリかもしれないな。

塩原八弥愛を感じるお店だった。

お店詳細

SUZUの森cafe
住所 栃木県那須塩原市塩原683-2
TEL 0287-32-2178
営業時間 10:00〜17:00(LO16:30)
定休日 不定休(SNS参照)

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-カフェ, 食レポ
-, , , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.