食レポ

【栃木小山】いちごの里の手づくりジャム。お土産にもおすすめ!とちおとめ&ミルクジャム

投稿日:

栃木県小山市にあるいちご狩りで人気のいちごの里。
里で採れる豊富な果物で手作りされたシャムは不動の人気お土産のひとつだ。

その中でも人気のひとつが『とちおとめ&ミルク』。
とちおとめをふんだんに使用してミルクと合わせたジャムは、いわゆるジャムの概念からするとまったくの別物。
むしろこれ単体でスイーツと呼んでも、あながち間違いではないほど。

その味わい、一度口にしたらまた食べたいと思うこと間違いなしの絶品ジャム。
今回はそんな『とちおとめ&ミルク』を実際に食べてみよう。



いちごの里『とちおとめ&ミルクジャム』

これがいちごの里で購入した、とちおとめ&ミルクジャム。

とちおとめ&ミルク(145g) 670円

なんと原材料に使用さているのは、ミルク、生クリーム、砂糖、いちごのみ。
安心安全かついちごの里で採れたいちごを使用しているというさらなる安心感。

未開封なら冷暗所保存で製造から1年保管可能という。

開封すると苺とミルクの芳醇かつ優しい香りが広がる。
見た目はねばりのあるジャムというよりも、ムースのようなしっかりとしたまとまりある形状。
苺の実がところどころに見える。

食べてみると、なめらかクリーミーでまるでムースのような食感。
濃厚ないちごの風味にミルクのまろやかでコクのある味、時折いちごの実のプチプチ感のアクセントがある。

ジャムだけど、このままスイーツとして食べてしまいたいほどのおいしさ。

たいちょー
まぁ我慢できずに1/3はそのまま食べてしまったけどな

詳細

とちおとめ&ミルクジャム
価格 670円(税込)
販売 いちごの里関連ショップ
内容量 145g
賞味期限 製造日を含めて1年間
保存 直射日光を避け冷暗所にて保存

とちおとめ&ミルクジャム食べてみた

さっそく食べてみよう。

今回は表面かためで塩分がほのかに感じられるバケットをチョイス。

もっちりしたバケットの食感にまろやかクリーミーな舌触り。
時折感じるいちごのプチプチ感も良く合う。

いちごの酸味と甘みにバケットの塩気がちょうどいい。

豪快にたっぷりつけて食べるのがおすすめ。

最後に

今回はいちごの里のベリーベリーマルシェで購入したとちおとめ&ミルクジャムを食べてみた。

濃厚クリーミーでいちごの香りがさわやかなまるでスイーツのようなジャムは、思わずそのまま食べてしまいたくなるほど。
そんな美味いジャムをパンに塗って食べたら美味いのは当然。

もしお店に行くことがあった、是非ともお土産にチョイスしてほしい一品だ。

【栃木小山】スローライフリゾートいちごの里。フルーツ狩りからビュッフェまで楽しめるいちごの観光スポット

栃木県小山市にあるスローライフリゾートいちごの里ファームに行ってみた。 スローライフリゾートいちごの里ファーム、通称『いちごの里』は、いちごなどのフルーツ狩りから、カフェ、ビュッフェレストラン、買い物 ...

続きを見る

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.