ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】めんや天夢のヤバニボ肉ざんまい。極濃セメント級スープに溺れろ

めんや天夢でヤバニボ肉ざんまい食べてみた。

ニボラーの聖地めんや天夢のヤバニボは、煮干し愛補給には欠かせない一杯。
かつては「セメント」という極濃タイプの重度ニボラー仕様の一杯があったが、定番メニューから卒業してから幾年月。

たまにプレミア的にセメント仕様のヤバニボが登場することがある。
それがまさに今日の一杯だった。

その衝撃的な極濃加減に久しぶりに震えた。



ヤバニボ肉ざんまい

今回チョイスしたのはヤバニボの塩。

ヤバニボ塩 980円
ちゃーしゅー 200円×3
味玉 120円

さらにちゃーしゅーを3枚、旨味とコクのとろとろ味玉を1個追加トッピング。
どんぶりを覆い隠さんとするほどのピングなレアチャーは、まさに肉ざんまいといった様相。

それではまずはスープからいただこう、と思ったがなんとスープがすくえない。
これこそまさにセメントの再来。
全盛期のソレとは比べものにならないくらいの極濃なヤハニボセメントだ。

濃厚なコクと煮干しの旨味がガツンと突き抜けてくる。
まさにセメントのようなトロトロでクリーミーな舌触り。
それでいてエグミや苦味といった嫌なクセ感もなく、ほのかな甘みを感じる。

重度ニボラー基準

続いてチャーシュー。

大ぶりだがほどよい柔らかさ。
あっさりとしてクドさのない肉の旨味をダイレクトに感じられる。
これにスープを絡めて食べると、塩気が相まってより一層美味い。

これだけの量だが、余裕で食べられてしまうほど。

そしてお待ちかねの麺。

プリパツな食感に小麦の風味を感じる麺、そして極濃スープにも負けないその旨味。

絡むどころではない、そのスープの粘度。
食べる程にスープがみるみるなくなっていく。

そして玉ねぎの甘味が絶妙なアクセント。

山椒を加えると濃厚な煮干しの風味があっさりさっぱりとして食べやすくなる。
そして強烈な煮干しの洗礼の箸休めに味玉をいただく。

コク旨の濃縮還元ジュースかと思うほどのその風味。
この黄身を麺に絡めて食べると、まろやかさが加わって究極に美味い。



〆は和え玉しびれ

そして〆はやはりこれしかないだろう。
和え玉しびれ。

和え玉 250円
山椒シビレ感 20円

まずはそのままで、香味油と醤油ダレのキレある風味を楽しんだら、どんぶりにわずかに残ったセメントスープを絡めて煮干しの風味を楽しむ。

そして最後は煮干し酢をたっぷりかけてズルズルといただく。
煮干しの風味効いた酢の酸味が後味さっぱりで、濃厚な一杯を食べた後の重みを和らげてくれる。
うーん最高。

最後に一気に水をグビグビと飲み干したらごちそうさま。

最後に

今回も至福のひと時を味わわせてもらった。

めんや天夢のたまにレアPOPするヤバニボのプレミア仕様。
かつてのセメントを彷彿しながらも、苦味やエグミが抑えられていて、コクや旨味も存分に堪能できる究極の一杯。

まさにお店に足繁く通っていればこそ、出会うことができるプレミア感満点なその味。
※SNS等で告知する時あり
いつも以上に杯数もシビアになるため、閉店時間を待たずしてスープ切れを起こすこともあるので早めの訪問がおすすめ。

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.