カレー ファーストフード 食レポ

すき家の期間限定。四川風食べラー・メンマカレー麻辣ダブル食べてみた

すき家の期間限定「四川風食べラー・メンマカレー」食べてみた。

すき家が力を入れている「サラ旨ポークカレー」に食べラー・メンマを加え、さらに別皿の麻辣スパイスが付いてきた、四川風味で辛さマシになった一品。
あっさりでサラッとしてヘルシーなカレーとでもいおうか。

百聞は一見に如かず、まずはどんなものか実際に食べてみよう。



四川風食べラー・メンマカレー

そんなわけでこれが今回の限定カレー、四川風食べラー・メンマカレー。

メニュー

ミニ(634kcal) 560円
並盛(973kcal) 660円
1.5盛(1104kcal) 770円
大盛(1333kcal) 800円
特盛(1464kcal) 900円
メガ(1674kcal) 950円

食べラー・メンマ単品(麻辣スパイス付) 170円
ラー油 70円
麻辣スパイス 30円

サラ旨ポークカレーの上にそのまんま、食べラー・メンマがトッピングされたものだ。
サラ旨、ビジュアルはその名の通りサラッとしたシャバシャバ系カレーが特徴的。

麻辣スパイスはもちろん別皿。
麻辣スパイス追加したのでたぶんこれで2個分。

※別添えの麻辣スパイスは辛みが強いので利用する場合は注意。

まずはそのままで食べてみよう。

ペッパー系のスパイスの効いたキレのある辛味、さわやかなスパイスの香りが広がる。
サラッとしたシャバシャバ系のカレーゆえに、ポークの旨味をダイレクトに感じることができる。

さらりとしたのど越しはまさに『カレーは飲み物』を具現化したような一品で、あっさりさっぱりでクセの無い後味。
そこに食べラーのコク感と甘味が加わるが、それでもやっぱりなんか物足りない。

たいちょー
さっぱりとしたカレーが好きな人にはいいけど、コク感のあるカレーを求める人には向かない味

ここに麻辣スパイスを加えてみる。

まずは適量を混ぜて食べてみると、なんかスパイスだけが独り歩きしている感がある。
スパイスとの一体感はあまりない。



サラ旨ポークカレーカスタマイズ

サラ旨じゃなくてコク旨を求めている人におすすめしたいのが、サラ旨ポークカレーにサラダ用の胡麻ドレを加える方法。

これでコク感が増して、甘味がスパイスを際立たせて後味の余韻も強くなる。
通常ならば胡麻ドレを加えると甘くなってしまうところだが、麻辣スパイスの効果で甘さが良いアクセントになる。

スプーン1杯分くらいは入れても問題なかったけど試すならお好みで

サラ旨じゃなくてコク旨が食べたい人だけどうぞ。

最後に

今回はすき家の期間限定「食べラー・メンマカレー」を食べてみた。
実はベースになる「サラ旨ポークカレー」はあまり好みの味ではなかった。

サラッとしてあっさりでスパイス感をダイレクトに感じられるカレーを求めるならいいが、カレーにコク感を求めている人にとってはこのさっぱり感はどうにも物足りない。

でも、さっぱりしたカレーをまさに「飲み物」のように食べたい人にはおすすめ。

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-カレー, ファーストフード, 食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.