ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市大平】麺屋鶴と亀のつけめん。辛つけめん食べてみた

投稿日:

大平ぶどう団地の入り口近く、にこにこブドウ園の向かいにあるこじんまりとしたラーメン店。
通称白髪おじさんの営む麺屋鶴と亀。

どうやら辛つけめんなるメニューがある、という情報を知り(気づいていなかっただけともいう)、そのつけスープの真っ赤加減がなかなかにヤバそうで気になっていた。

さっそくその辛さが如何ほどのものなのか攻略してみた。

スポンサーリンク

麵屋鶴と亀 味玉辛つけめん

そんなわけで今回チョイスしたのは味玉辛つけめんの大盛(1,000円)。

つけめんはノーマル(900円)、味玉(1,000円)、特製(1,200円)の三種からなる。
麺量は並盛200g、大盛300g(追加無料)、特盛400g(+100円)、鬼盛500g(+100円)、気合い盛600g(+100円)と圧倒的なお得感。
もちろん、あつもりも可能だし割りスープも完備。

今回はその中から大盛りをチョイス。
ついでに割り飯(半ライス)が50円にて追加可能というのでこれも追加した。

麺はチャーシュー2枚、海苔、ナルトがトッピングされている。

つけ麺は麺量を増やすほどに底の方が水気でふやけがちだが、すのこが敷いてあるので最後まで美味しくいただける配慮がされている。

麺は実際に見てもやはり衝撃的に真っ赤だ。

どうやら表面をラー油が覆っているようだ。
まぁ一般人が食べられる仕様に抑えているのだろうから当然ではある(笑)

具材は、刻みタマネギ、穂先メンマ、角切りのチャーシュー、そして味玉。

程よい辛さで旨味あふれる一杯

さっそくいただきます。

極太の角麺タイプでもっりとしてコシが強く、噛むほどに風味と甘味があふれる。
そこに動物系と強めの魚介の効いた濃厚なコクと旨みあふれるスープがしっかり絡みつく。

ほのかな辛味に後からくる甘味がクセになる美味さ。
※激辛ハンター基準

チャーシューは炙りが入れてあるので芳ばしくてジューシー。

これはご飯食べたら絶対美味いやつだ。
でも我慢だ(笑)

そしてスープに入ったチャーシューは甘くてしっとり柔らか。

味玉はかじると薫香のようなかおりが鼻腔を抜ける。

黄身は絶妙なクリーミーさ加減のナイスクックというやつ。

〆は追い飯

そして〆は追い飯。

追い飯には白ごまがかけられている。

それではひとくち。

これはまた濃厚だ。
濃縮されたスープの旨味をダイレクトに感じられ、ご飯と食べると甘みがさらに引き立つ印象。

ただ、こうやって食べると思った以上にスープの濃さを感じる。
これはベストな食べ方は、ご飯にスープをかけて食べ、〆に割りスープでスープを飲むのが正解かもしれない。

これでまた新たな辛いメニューを攻略完了。

最後に

今回は麵屋鶴と亀の辛いメニュー「辛つけめん」を食べてみた。

スープはラー油の辛さが効いたもので、ベースのスープのコクと旨みが濃厚なので辛さも気になるほどではない。
麺はそれ自体でも旨味があるので、さらにこの濃厚なスープに絡めると旨味があふれ出すようだ。

辛さ自体は激辛ハンター基準では10段階中2といった感じ。
実は味変アイテムや割りスープの置いてあるテーブルに「辛いヤツ」というのがあったのだが、どんなものかわからなかったので今回は使用しなかった。

もしかしたらアレで辛さを増すことができたのかもしれないな。

また食べる時には挑戦してみたいと思う。


麵屋鶴と亀
住所 栃木県栃木市大平町下皆川154-3
TEL 0282-25-6789
営業時間 11:00~15:00/17:00~21:00
定休日 不定休


 


【随時更新】今まで食べてきた栃木のラーメンから好みの一杯をメニュー別におおまかにまとめてみた

栃木県の東西南北にあまたあるラーメン店。 2015年に172杯、2016年に36杯(2月中旬時点)ほどのラーメン、店舗数にして86店舗あまりを完食してきた。 師範クラスのラーオタからしてみれば、まだま ...

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.