パン 食レポ

【栃木県日光市】行列必至の人気食パン店「食パン専門店 利」食べ比べしてみた

投稿日:

栃木県日光市にある人気の食パン専門店「食パン専門店 利」。

テレビで何度も取り上げられている、今注目の高級食パン店のひとつだ。
美人パン職人である店主の地明真希さんが作る、こだわりの食パンを求めて土曜になると毎週のように早朝から行列ができる。

土曜の9時から12時まで営業という限られた時間に食パンを求めて県外からもお客が訪れるほど。

今回はそんな食パン専門店 利で色々と買ってみた。

スポンサーリンク

思わず衝動買いしたくなるパン

今回訪問したのは2019年5月18日(土)7時。
奇しくもオープンから丁度6周年となる記念の日だ。
この日もいつもより増産したというサンドイッチやスコーンが10時にはすべて完売するほどの人気だった。

【栃木県日光市】食パン専門店利。行列のできる人気食パンのお店

栃木県日光市の住宅街、のどかな田んぼの中にひっそり佇む行列のできる人気の食パン専門店がある。 そのお店の名は、食パン専門店 利(とし)。 パン職人である地明真希さんが営むお店で、こだわりの食材からつく ...

せっかく栃木市から片道80分かけて訪問し、2時間半待ったのだから食パンだけ買って帰るのはもったいない。
ということで思わず衝動買いをしてしまったパン達。

一人2本までの食パン、すぐに完売してしまうサンドイッチを4つ、一人3個までのバターを3つ、5月まで発売の限定品。
全部合わせて8,000円オーバー。

ちょっとやりすぎた感はあるが、まぁそう何度も来られるものでもないので良しとしよう。
ということでさっそく食べ比べてみよう。

今回購入したサンドイッチはこの4つ。

日光HIMITSU豚ベーコン玉子トマト、スモークサーモンとクリームチーズ、とちおとめと自家製ミルクあん、きみこいし玉子。

 

きみこいし玉子

本日のサンドイッチ1品目は、きみこいし玉子(400円)。

マヨネーズや油分を不使用のヘルシータイプ。
たっぷりの玉子にレタスがサンドされている。

サイズ感はこんな感じ。
これ1個でも十分すぎるほどの食べごたえだ。

シャキシャキ新鮮レタスがたっぷり、玉子はしっとりトロっとして濃厚な黄身のコクと旨みがあふれる。
レタスのほのかな苦みが効いている。
マヨネーズや油分を使用していないからあっさりで、玉子の美味しさをダイレクトに感じられる。

この玉子ならボウル一杯くらい食えそう。笑

オススメ度★★★★★
ボリューム感★★★☆☆

 

スモークサーモンとクリームチーズ

2品目はスモークサーモンとクリームチーズ(580円)。

これまた野菜たっぷり。
レタスにニンジン、紫キャベツ、スモークサーモン、キュウリ、クリームチーズとボリューム感ハンパない。

そしてこのサイズ感である。

大口開けていっきにガブリといくのはかなりキツイかもしれない。
野菜のシャキシャキ感を存分に楽しみつつ、ニンジンの甘味、レタスの風味などを楽しむ。
そしてスモークサーモンの薫香が口の中に広がる。

たっぷりのクリームチーズの塩気とコク旨味が絶妙な味付けだ。

野菜たっぷりなので野菜不足解消にもばっちり。

オススメ度★★★★☆
ボリューム感★★★★★

 

日光HIMITSU豚ベーコン玉子トマト

3品目は日光HIMITSU豚ベーコン玉子トマト(580円)。

これまたたっぷりのレタス、日光HIMITSU豚ベーコン、玉子、トマト、キュウリと具沢山。

薫香かおるジューシーなベーコンにレタスの風味がよく合っている。
そこに玉子のコクと旨み、トマトの酸味と瑞々しさが加わったジューシーな一品。

玉子も結構入っているので食べごたえあり。
ベーコンが美味すぎてもっと食べたくなる。

瑞々しさがあるので早めに食べるのがおすすめ。

オススメ度★★★★☆
ボリューム感★★★★☆

 

とちおとめと自家製ミルクあん

4品目はとちおとめと自家製ミルクあん(480円)。

断面に半分にカットされたとちおとめ、そして中に丸々1個のとちおとめ。
そしてたっぷりの自家製ミルクあん。

甘酸っぱいとちおとめに甘さ控えめなミルクあん。
まろやかでコクのあるミルクあんが苺との相性抜群。

こんなにたっぷりの餡でも全然クドさもなく食べられる。

オススメ度★★★★☆
ボリューム感★★★☆☆

 

食パン専門店利のこだわりの食パンを堪能する

食パンは、北海道産小麦粉、北海道産甜菜糖、来たアルプスの天然水、沖縄産天然塩、国産発酵バターを使用したこだわりの一品。

予約をしていない当日購入者は一人2本まで食パンを購入することができる。
中でもプレミアムは1種類一人1本制限がある。

今回は5種類の食パンの中からプレミアムを1本ずつ購入してみた。

ちなみに食パンは1.5斤サイズで販売されている。

プレミアム「芳(はな)」

1本目はプレミアム芳(1,300円)。

玉で食べることを前提とした食パンで、購入当日ならそのまま食べるのが一番美味いという。

山食パンタイプで側面には芳(はな)の焼き印がされている。

袋を開けると小麦の香りが広がる。
あらかじめ7枚切になっているのですぐに食べられる。

さっそく生で食べてみよう。

しっとりふんわりとした食感だ。
食べると小麦の風味が広がり、後から甘味がやってくる。
耳は弾力があり程よい噛み応えと芳ばしさがあり、ほのかな塩気が効いていて美味い。

オススメ度★★★★★

 

プレミアム利

そして一番の代表格であるプレミアム利(1,300円)。

天面に「利」の焼き印がされている。

袋を開けた途端に芳醇な小麦の香りが広がる。
ひとまず食べる分だけカットすると、さらにその香りは強さを増す。

きめが細かくてどっしりとした食パン。
そのまま食べてもしっとりもっちりで美味いがやはり焼いて食べるとその美味さは段違い。

表面芳ばしくサクサクの食感で、中はもっちりしっとりで甘味があって美味い。

プレミアム利は断然焼きだな。

オススメ度★★★★★

 

バターや限定品も買ってみた

せっかく食パンを買ったなら、やはりこれも外せない。

10月から5月までの限定発売のとちおとめのコンフィチュール、人気の定番品であるミルク発酵パターと発酵ココアバター。

バターとは言ってはいるが、パンに塗って食べるのではなく、焼きたてのパンに冷たいまま1口分ずつのせて溶かさずにそのまま食べるといいらしい。

 

とちおとめのコンフィチュール

まずはとちおとめのコンフィチュール(700円)。

新鮮なイチゴをすぐに加工しているというこだわりの一品。
甜菜糖と国産レモンのみを使用し、糖度をできるだけ落として生のとちおとめの香りや甘さ、酸味を存分に堪能できるという。

プレミアム芳で食べてみる。

甘酸っぱくて、イチゴの果肉感や風味はそのままに感じられる。
苺を煮詰めるジャムと違って、甘さもクドくないのでいくらでも食べられてしまいそうだ。

5月に買い損ねると10月までおあずけになるので、気になる人は早めにお店に行こう。

オススメ度★★★★★

ミルク発酵バター

続いてはミルク発酵バター(680円)。

賞味期限が1週間しかない鮮度が命なバター。
まぁ冷凍保存すれば問題ないと言っていたけど。

甘い香りとともにとても芳醇な香りがただよう。

さっそく焼きたてのパンに乗せて食べてみよう。

いわゆるシュガーバターのようなもの。
濃厚な発酵バターの旨味、甜菜糖の優しい甘さがクセになる。
1口分ずつ乗せて食べるとあるが、たっぷり乗せても全然余裕。笑

オススメ度★★★★★

 

発酵ココアバター

最後は発酵ココアバター(650円)。

ココアの香りがすでに美味しいといっている。笑
こちらも溶かさずに食べるスタイル。

さっそく食べてみよう。
※画像撮り忘れた

ココアの風味と優しい甘味が抜群に美味い。
しっとり濃厚な生チョコレートを食べているかのようだ。

これもまた焼きたての食パンに良く合う。

 

最後に

焼きたて感をそのまま味わう食パン、こんがり焼いて食べると美味さが増す食パンなどどれもとても美味い。
さすがは一番人気のこだわり食パンだけはある。

そこに発酵バターを乗せて食べるとさらに美味しい。
食パンを買いに来たら是非ともこの発酵バターは購入して帰りたい一品だ。

同じく完売必至のサンドイッチも、ふっくらもっちりの美味しい食パンにたっぷりの具材がサンドされ、どれも美味しくて食べごたえ感もハンパない。

もし訪問したのなら、せっかくだし色々と食べ比べてみてはどうだろうか?

【栃木県日光市】食パン専門店利。行列のできる人気食パンのお店

栃木県日光市の住宅街、のどかな田んぼの中にひっそり佇む行列のできる人気の食パン専門店がある。 そのお店の名は、食パン専門店 利(とし)。 パン職人である地明真希さんが営むお店で、こだわりの食材からつく ...

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-パン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.