食レポ

ブタ飯トリプル食べてみた。麺処TANAKAで一度はやりたかった禁断の一杯

麺処TANAKAのブタ飯を知っているだろうか?

名前の通りご飯モノのメニューなわけだが、ただでさえボリューム感のある麺処TANAKAのラーメンだけにサイドメニューまでは手が出せずに意外まだ食べたことがないという人も少なからずいるかもしれない。

このブタ飯だが、ノーマルのブタ飯(300円)と質量が倍のブタ飯W(550円)の2タイプがある、数年前からある定番メニューのひとつだ。

実は一度やってみたいことがあった。
それはブタ飯を思う存分食べることだ。

どうしてもTANAKAに行けば麺が食べたくなるが、その気持ちを我慢してご飯モノにいくというのはなかなかの試練だ。
昔ならばきっと麺と飯という無茶ぶりもしたかもしれないが、カロリーやら塩分やら色々とヤバイのでさすがにそれはできない。

ということで今回ついにブタ飯攻略を決行する時がやってきた。

スポンサーリンク

ブタ飯トリプル

岩舟に転勤して栃木市内のラーメン店に行くことがめっきり減ったが、唯一よかったことは麺処TANAKAに昼飯時に行けるようになったこと。
さっそく訪問すると相変わらず昼時の混みっぷりはハンパない。
満員になる前になんとかカウンター席に滑り込む。

今回食べるのはこれ、ブタ飯トリプル。

もちろんそんなメニュ―は無いので、ブタ飯W(550円)とブタ飯(300円)を購入した。

ブタ飯とは、ご飯の上にチーズ、チャーシュー、黄身、ネギがトッピングされた背徳感のある一杯だ。
当然だが、ブタ飯(300円)のみで食べに来るとお店的にコスパ悪いだろうし、W以上で注文するのがベストだろう。

ラーメンどんぶりに山のように盛られたその姿はまさに背徳感そのもの。

 

まずぱ映えそうな感じに黄身を割ってみる。

 

背徳感がハンパない味

さっそく食べてみよう。

濃いめのタレの荒々しい刺激が口の中に広がる。
ホロホロなチューシューの食感、トロっとした脂身の食感のコントラストがたまらない。

トロッととろけるチーズにまろやかな黄身が絡まり、濃厚な旨味とカロリーが倍増していく。
そしてネギの風味がまたこのタレに良く合う。
ネギをマシマシできるトッピングがあったら追加したいくらいだ。

この美味さの暴力をタレの染みたご飯で受け止めつつひと口、またひと口と箸を進めると、気づいたら完食していた。

うまし。

 

最後に

カロリーと塩分の二大スター競演は、背徳感と罪悪感がハンパない。
でもそれゆえに食べきった後の満足感は尋常ではない。

今回ブタ飯トリプルに挑戦したが、この量ならブタ飯クアドラプルも不可能ではないな。

また機会があったら挑戦してみよう。
※マネするときは店長に確認をし、自己責任でチャレンジしよう

 

麺処TANAKA
住所 栃木県小山市南小林144-5
TEL 0285-38-0773
営業時間 火水木 11:00~14:20
     金土日 11:00~14:20/17:00~20:20
定休日 月曜固定

関連記事

こちらもおすすめ


【栃木市】実際に食べてみたラーメン限定!栃木市で食べるべきラーメン店5選

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-食レポ
-, , ,