カフェ 愛知県 食レポ

熱田神宮にある甘味処。清め茶屋できよめ餅を食べてみた

投稿日:

熱田神宮内にあるお休み処 清め茶屋に行ってみた。

広大な敷地を誇る熱田神宮境内に、ちょっと疲れを癒すにちょうどいい甘味処がある。
お休み処という名から休憩所と間違えて入ってくる人もいるというこのお店。

まさに参拝前にここでお茶や甘いものを頂いて疲れを癒し、襟を正して参拝へと向かうというわけだ。
どうやらこのお店に来たらきよめ餅と抹茶がオススメというので、今回はそれを目当てにやってきた。

スポンサーリンク

 

お休み処 清め茶屋

境内を歩いていると、緑の中にとても目立つそののぼり。

どうやらここで間違いないようだ。

木々のトンネルを抜けた先にあるのが、今回の目的地であるお休み処 清め茶屋。

さっそく店内へ。
店舗入ってすぐ左手にはお土産売り場が併設。

きよめ餅が売っているのかと期待したがどうやら販売していないようだ。

店舗正面左手がレジ。
右手の広いスペースにはテーブル席が多数並ぶ。

 

メニュー

メニューはこんな感じ。

甘味だけでなく、お茶漬けやカレーもあるらしい。

注文はレジで行い、支払いを済ませたら番号札を受け取って席で待っていると運んできてくれるスタイルだ。

 

抹茶・きよめ餅

そんなわけで計画通りに抹茶・きよめ餅(500円)を注文。

抹茶椀にきよめ餅といたってシンプル。
抹茶とその引き立て役がきよめ餅という構図。

きよめ餅には「きよめ」という焼き印がされている。

なんとも風情があるじゃないか。

さっそくいただいてみよう。

まろやかな口ざわりで、抹茶のさわやかな風味が鼻腔を抜ける。
程よい苦味が後味すっきり。

そこに甘味だ。

かなりひどいことになってしまったが、中はこしあんで衣はもっちり弾力と粘りがある。
黒文字でカットすることはほぼ不可能なのて、黒文字をきよめ餅に刺してそのままかぶりついてしまった。

甘すぎないのでとても食べやすい。
もっちりした衣もなかなかいい。

甘味が抹茶の風味を立てつつ、抹茶自体も甘味の甘さを引き立ててくれるという相乗効果。
参拝前に長旅の疲れを癒すには丁度よいひとときだった。

 

最後に

熱田神宮正門から入れば、ちょうど手水舎の手前に位置する場所にあるお休み処 清め茶屋。
寄り道してひと休みしてから参拝するもよし、参拝帰りに休憩がてら寄るにも丁度よい場所だ。

定番は抹茶・きよめ餅だが、暑い日には宇治かき氷なんかもおすすめ。

熱田神宮境内の景色を眺めながら心身ともに癒しの時間を過ごすには良いんじゃないだろうか?

 

お休み処 清め茶屋
住所 愛知県名古屋市熱田区一丁目1番1号 熱田神宮境内
TEL 052-671-4152
営業時間 9:30~16:30(LO16:00)
定休日 なし

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-カフェ, 愛知県, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.