カップ麺 激辛ハンター 食レポ

【カップ麺】東京タンメントナリ監修 辛激焼タンメン。生姜と辛激ラー油の旨辛が決め手

投稿日:

明星からローソン限定で発売中の東京タンメントナリ監修の辛激焼タンメンを食べてみた。

東京タンメントナリは、つけ麺で有名な六厘舎の系列店であり、野菜不足の現代人に嬉しい野菜たっぷりをウリとしている。
360gものたっぷりの野菜の乗ったタンメンが人気のお店だ。
お店の人気メニューのひと辛激タンメンをモチーフにして作られたのが、今回食べる辛激焼タンメン。

生姜の効いた旨辛な辛激ラー油が決め手というこの一杯、果たしてどれほどの辛さなのか。
さっそく食べてみた。

スポンサーリンク

 

辛激焼タンメン

これが2018年3月13日にローソン限定発売となった、東京タンメントナリ監修 辛激焼タンメン。

炎をモチーフにしたパッケージがいかにも辛そうだ。
ネットでも辛くてヤバイなどの口コミがあるので期待大だ。

開封すると出てきたのは、かやく、液体ソース、調味油。

麺は油揚げ麺で、キャベツがすでにインされているようだ。

まずはかやくを投入。

かやくはニラ、チャーシュー、にんじん、キクラゲ。

さっそくお湯を入れ待つこと4分。
しっかり湯切りしたら液体ソースを投入、しっかり混ぜ合わせた最後に調味油を投入すれば完成。

とろみのある液体ソースは豚や鶏、いかなどの旨味が効かせてあり、味噌、豆板醤、XO醤、香辛料など結構しっかりと作り込まれている。
そこにラー油をかけたわけだが、香り的にはやはり豆板醤など味噌系の香りが強い。

食べてみる。

もっちり系の太麺でタレとの一体感もよい。
辛さはまぁ大したことは無い。
激辛ハンター基準でいうなら10段階中2といった感じ。

XO醤の風味が結構しっかり感じられ、ラー油のピリッとした感じが味噌系の味付けによく合う。
ただ、ソースの風味が強いせいか生姜っぽさはあまり感じなかった。

野菜の多いタンメンがウリなので、野菜感も前面に押し出してくるかと思ったが意外と普通だった。

 

最後に

最近の激辛系カップ麺で感覚がマヒしているのか、あまりに普通すぎて拍子抜けしてしまった。
※個人差あり

コクがあって旨味も十分だし普通に美味しいが、やはり激辛と期待して食べてしまうと物足りなく感じてしまう。
もしまた食べる機会があったら激辛ラー油とか、生姜をブーストしてみたいところだな。

まぁ普通に美味い。

 

 

辛激焼タンメン
オススメ度★★☆☆☆
価格 235円
販売 ローソン 
発売日 2018年3月13日 
内容量 165g
エネルギ― 729kcal
タンパク質 11.5g
脂質 30.5g
炭水化物 102.2g
ナトリウム 3.0g
食塩相当量 7.6g

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-カップ麺, 激辛ハンター, 食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.