食レポ

【レトルト】日光金谷ホテルの百年ライスカレーを食べてみた

投稿日:

日光金谷ホテルのカレーの歴史は大正時代にさかのぼる。
その当時のレシピは今でこそメジャーに使われるようになった食材を100年前から使用していた。

そんな当時のカレーを再現したのが今回食べる百年ライスカレー。

そのこだわりは独特の商品スタイルにも反映されている。

スポンサーリンク

 

百年ライスカレー

先日金谷ベーカリーで購入した百年ライスカレー。

主張しすぎないデザインに木目調というなんともシックなパッケージ。

さっそく開封すると現れるのは2つのパウチ。

決して2食分あるわけではない。
なんと具材とカレーソースが別々になっている。

通常、カレーといえば具材をカレーソースと一緒に煮込むイメージが一般的だが、金谷ホテルでは一緒に煮込むことはせずソテーした具材を温めたソースと器の中で合わせるという手法をとっている。

この金谷ホテルのスタイルを忠実に再現した結果、カレーソースと具材のビーフが別々にパウチされることとなった。

 

調理の仕方

調理する時は、カレーソースと具材を開封し鍋にあけて混ぜ合わせながら弱火で温めるか、パウチのまま熱湯で5分温める、もしくはカレーと具材を容器にあけてラップをして500wで2分半加熱すればいい。

最後に器の中で合わせるという製法に則って、今回はお湯で温めることにした。

熱湯で5分経てば出来上がり。

まずは皿にカレーを投入。

もうこの時点で美味そう。
芳ばしい香りにスパイスの芳醇な香りが書欲をそそる。

ここに具材を投入。

これが牛肉の旨味が溶け込んだブイヨンスープのような深みのある香りが漂うスープ状の液体がたっぷり。
そしてゴロゴロと贅沢に使われた牛肉。

これをしっかりかき混ぜれば完成。

もう匂いがやばい。

 

食べてみた

さっそくひとくち。

クリーミーな舌触りで、濃厚でコクがありスパイスの効いた程よい辛さ。
ビーフの旨味に玉ねぎやリンゴなどの甘味が効いている。

肉は柔らかく、脂身はトロトロで旨味が口の中にあふれる。

かなり本格派のレトルトカレーだ。
美味かった。

 

最後に

金谷ホテルのカレー独特のカレーソースと具を別にする方法のおかげか、カレースパイスに負けずにしっかりと肉の旨味を感じさせてくれる。

カフェで食べた時も確かに美味かったが、ホテルのカレー感が強かった。
それに比べて、こちらはなかなかにレトルトカレーとしては本格的な味に仕上がっていた。

レトルトカレーを購入する時の候補の一つに入れてもいいかもしれない。
そんな味だ。

 

 

金谷ホテル 百年ライスカレー
価格 円
内容量 220g
エネルギ― 224kcal
タンパク質 13.6g
脂質 10.6g
炭水化物 18.5g
食塩相当量 2.6g

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.