食レポ

甘辛でご飯がススム。飛騨牛肉みそをご飯のお供にしてみた

投稿日:

日本のブランド和牛のひとつ、岐阜県が誇る飛騨牛。
その飛騨牛を使ったご飯のお供がある。

その名は飛騨牛肉みそ。
もう肉みそというだけで美味そうだが、飛騨牛を使って作られた肉みそとはなんと豪華なことだろう。

さっそく味わってみるべくお取り寄せしてみた。

スポンサーリンク

 

飛騨牛肉みそ

これがその飛騨牛肉みそ。

なんとも贅沢感漂うビジュアルだろう。
一部飛騨牛を使っています的なものではなく、飛騨牛100%というからうれしい。

裏面には飛騨牛を販売する際に義務付けられている個体認識番号もちゃんと記載されている。

開封するとしっかりパッケージングされた飛騨牛肉みその登場だ。

ネギもたっぷり入っているようだ。

200gと結構多めに入っているので、開封後は保存容器が必要。

 

甘みと辛さがクセになる

さっそくオンザライスしてみる。

湯気とともに香る、芳ばしいネギと味噌の香り。

それではいただきます。

まず最初に鼻腔を抜ける牛肉の香り。
そしてやってくるしっかりしたネギの風味と辛み。
それらが味噌のまろやかな甘味と絶妙に絡み合う。

ゴマが芳ばしさをブーストさせる。

濃厚な旨味とコクがありいつまでも余韻に浸れる味は、余韻だけでご飯一杯いけるかもしれない。笑
ガッツリたっぷりかけてもクドくなく、全然余裕でいけてしまう。

ここに追い唐辛子をするとさらに美味さ倍増。

 

最後に

ご飯のお供としてなかなか優秀。
これを使ってジャージャー麺とか焼きおにぎり作ったら間違いなく最高。

甘味のある味噌の風味だけでは火力不足だが、ネギと唐辛子が加わったことで火力が最大限まで高められた感がある。
クドくないので食べやすいというのもいいところ。

そんな飛騨牛肉みそ。
アレンジ次第ではかなりのポテンシャルを秘めてそうなご飯のお供だった。

 

 

 

 

書いてる人
プロフィール
栃木で活動する雑記ブロガー。
グルメ/アウトドア/観光スポット/旅/DIY/車/漫画/落書きなど気になったことを自由にダラダラ綴ります。
多忙になるとメシネタ過多になります。
隊長ってどんな人?

最近はプロフィールとかで自分の経歴とかそういったものを公開している人をよくみかける。 自分のいいとこばかりをアピールするんじゃなく、駄目なところとか共感できることを公開することで読者に親近感を与え、こ ...

続きを見る





こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.