和菓子・スイーツ 食レポ

【栃木日光】日光ぷりん亭 日光本店。行列のできるプリン専門店でプリン三昧

日光東照宮の神橋近くに行列のできるプリン店がある。
大正ロマンを彷彿させる古民家をリノベーションしたお店は、おおよそプリン店とは想像もつかない。
※現在は新店舗へ移転

そんなレトロ感あふれるプリン専門店の名は、日光ぷりん亭。

日光霧降高原にある大笹牧場の牛乳など日光産の原料にこだわり作り上げられるのは、種類豊富なプリンやプリンソフトクリームなどから、いちごスムージーなどの栃木県産のイチゴを使用したスイーツなども販売されている。

訪問したのは日曜の10時頃。
あまりの行列に品切れを警戒して思わず並んでしまった。
※ちなみに時間帯によっては空いている。

さっそく色々食べてみた。



日光ぷりん亭

歴史を感じさせる外観の此処こそが今回攻略する日光ぷりん亭。

2017年7月21日にオープンしたお店だ。

入り口横にはメニュ―表が掲示されている。

あまりの種類の多さに攻略意欲をそがれる。笑
今回はいくつかピックアップすることにしよう。そうしよう。

アクセス

アクセス詳細(移転後)

住所 栃木県日光市石屋町410-7

車 日光宇都宮道路日光インターより1.1km
電車 東武日光駅より400m

駐車場 なし

店内

大正ロマンを彷彿させる店内。

よく見てみれば店舗ロゴもそれっぽい。

店舗正面ガラスケースには種類豊富なプリンが並ぶ。

右手にはイートインスペースがあり、丸テーブル2つ、階段付近の壁沿いがカウンターになっている。

色々食べてみた

そんなわけで今回購入したのがこれ。

左から日光ぷりん(380円)、乙女ぷりん(400円)、日光クラシカルぷりん(380円)。

日光ぷりん

まずは日光ぷりんから。

クリーミーさを感じさせる優しい香りだ。

さっそくひとくち。

なめらかでクリーミ―な食感。
甘さもほどよくあっさりめの優しい味で、美味い牛乳と美味い卵を使っているだけありとてもコクがある。

乙女ぷりん

続いて乙女ぷりん。

栃木県産のいちごを使ったジュレがたっぷり。
甘酸っぱい香りがたまらない。

それではひとくち。

甘酸っぱい苺の風味とクリーミーなプリンがよく合う。
苺の果肉感もかなり強く贅沢な味だ。

日光クラシカルぷりん

続いて日光クラシカルぷりん。

パッと見でわかる固めな感じ。
カラメルソースが付いてくる。

カラメルソースをかけ、それではいただます。

なるほどクラシカルとはカスタードプリンのことだったか。
しっかりした硬派な食感。
カラメルソースの苦みが抜群。

なめらかクリーミーもいいが、やはりカラメルの苦みの効いたカスタードプリンが好きだ。

ぷりんソフトクリーム

最後はソフトクリームのぷりん(420円)。

カップかコーンがチョイスできるが、今回はコーンバージョン。

食べた瞬間わかるプリン感。
なめらかで濃厚な味で、そこにカラメルソースがいいアクセントになっている。

日光ぷりん亭が移転リニューアルオープン

日光ぷりん亭は現在、新たな店舗に移転して営業中だ。

これまでの年季の入った建物も良かったが、これもまたなかなかいい。

店舗入り口外、店内右奥にイートインスペースが併設されている。
行列のできるプリン店として人気のため、いまや行列は常時20名を超える状態。
※タイミングによる

ちなみに日曜の15時過ぎでこの状態。

訪問の際には時間に余裕をもって挑もう。

最後に

まだまだ食べてみたいプリンが沢山あったが、残念ながら今回はこれだけとなった。
どれもとても美味くておすすめだ。

期間限定や数量限定、ソフトクリームの乗ったプリンとか面白そうなものもあるので、次回訪問した時には攻略してみたいところだ。
ちなみにプリンのガラス容器を返すと10円返却してもらえる。

日光散策で疲れたら、ちょっと甘いものやお土産にもおすすめ。

お店詳細

日光ぷりん亭 日光本店
住所 栃木県日光市石屋町410-7
TEL 0288-25-6186
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-和菓子・スイーツ, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.