ご飯のお供 食レポ

日本唯一のうにの牧場。洋野うに牧場のしお北紫うにをお取り寄せしてみた

島国である日本には多種多様なウニが生息する。
同じウニでも産地によっては美味しい時期も若干異なるが、そんなウニの中でも一番注目されるのが東北三陸地方で収穫されるウニ。

三陸地方で育つ北紫ウニの旬はまさに6月から8月の夏季。
濃厚かつ上品な甘味のある北紫ウニは日本人に好まれる味と言われている。

先日(6/9)、日テレの青空レストランでもそんな旬真っ只中な北紫うにが特集され登場したのが、日本唯一のうに牧場である北三陸にある洋野うに牧場で育った塩うにだ。

注文から12日ほど、さっそくお取り寄せした塩うにが到着したので食べてみることにした。

スポンサーリンク

 

日本唯一のうに牧場

今回登場した日本唯一のうに牧場と言われているのは、岩手県洋野町にある洋野うに牧場。

洋野町とは北三陸の最北端にある人口17,000人ほどの小さな町。
親潮と黒潮のぶつかる栄養豊富な環境で育った魚介類の宝庫で、そんな三陸特有のリアス海岸の中で洋野町のある地域は隆起海岸となっている。

この階段状の平らな岩盤を活かし、岩盤に溝を掘ることで干満の影響を受けずに海藻が繁茂できる環境を整え作り上げられたのが、約40年前に作られた日本唯一のうに牧場。

それを実現させたのが、洋野町で100年以上の歴史を持つ伝統的な潜水技術「南部もぐり」にこだわる、明治44年から海藻を中心に販売する海藻類のプロであるひろの屋。

 

雑食性であるウニはエサが少なくなると、岩や海中に沈む廃タイヤですら食べてしまう。
こんなものを食べたウニは雑味があり本来の美味さを失ってしまう。

そこで海藻のプロの育てる栄養豊富な良質な天然昆布を食べさせることで良質な天然ウニを生み出したのが、日本唯一のうに牧場というわけだ。

 

ベストな状態のウニが届く

うに牧場では良質な高級昆布のみを食べて育ったウニは、それだけでもウニ本来の旨味を持っているので美味い。

大きければ大きいほど身が詰まっていて美味いんじゃないかと思いがちだが、4年目頃の成熟したてが最も美味いと言われている。
また育ちすぎたウニはこれから成熟する若いウニのエサまで食べてしまうために処分されてしまう。

なんてもったいない話だ。

そこはやはりウニ牧場という作業のしやすい環境により、食べごろのうにを獲り漏らすことも少なくなるので、エサが荒れることもなく良質なウニを育てることができる。

生ウニはとても溶けやすく傷みやすいことから、一般的に売られているウニではキレイな形を維持するためにミョウバンなどの添加物が使用されている。

よくウニの苦みやいやな匂いが嫌いという人が多いのはそのためだ。
本来のウニには苦味やいやな匂いというものはないのに、先入観でウニを敬遠することで機会損失をしている人は少なくない。

これは水揚げから流通までの過程が長くなれば仕方のないことだが、当然ながら最高のウニを求めるうに牧場には抜かりはない。
直送による最短ルートなのでミョウバンなどの添加物を使用する必要がない。

ウニ本来の味、直送による最短ルートによる鮮度、安全な品質のこだわったベストなウニを食べることができる。

 

 

食べてみた

さっそくどんなものか食べてみようじゃないか。

これから今回お取り寄せした、しお北紫うにの瓶詰だ。

特Aランクの北紫粒ウニを厳選し、わずかな塩のみで加工したものだ。

60gで2,980円のお品。
ちなみに未開封の冷凍保存で180日は保存可能なようだが、冷蔵で届くので最高の鮮度で食べるには到着したその日に食べたいところだ。

開封すると濃厚なウニの香り、磯の香りが広がる。

色味は本来のキレイな黄色から熟成された濃いオレンジ色へと変化している。

まずはそのまま食べてみると、磯の香りとウニ特有の風味が鼻腔を突き抜ける。
人によってはこの香りが苦手という人もいるかもしれない。

口の中に広がるクリーミーな食感、塩気により甘味が増していて濃厚で上品な旨味がたまらない。

続いてオンザライス。

美味い!!
醤油など余計な味付けは必要ない。
そのままの味で十分。

控え目にオンザライスしたが、がっつりご飯を覆いつくすほどにぶっかけたい衝動にかられる。

そしてこれもやってみたかった、オンザライスからの黄身乗せ。

もう食べる前から美味いと言ってしまいそうだ。

それではいただきます。

黄身によりコクとまろやかさがブーストされ、ご飯との絡み具合も究極レベル。
ただただヤバイ。

で、これを海苔で巻いて食う。

もう言葉はいらない。

 

最後に

6月から8月の夏季限定の北三陸洋野うに牧場産のしお北紫うに。
若干とはいえ塩を加えて加工しているので無加工のうにと比べたら勝ち目はないが、それに匹敵するほど十分美味かった。

そのまま食べると磯を感じるウニ特有の風味を強く感じられるが、いわゆる一般的な添加物を加えたあの風味とはまったく別モノだ。
もちろんそのまま食べても美味いが、黄身を乗せて海苔を巻いて食べるとヤバイくらいに美味いので是非とも試してもらいたい。

ただ、現在(2018年6月19日時点)注文が殺到しているようで、到着まで1~2週間かかるということなので、気になる人は早めに注文しておくことをおすすめする。

 

 

 

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ご飯のお供, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.