カップ麺 食レポ

そのカロリーモンスター級。ペヤング超超超大盛GIGAMAX食べてみた

まるか食品から史上最大級のペヤングが2018年6月18日より関東先行で発売となった。
その名もペヤング超超超大盛GIGAMAXだ。

これまでノーマルペヤングの2倍でも衝撃的だった超大盛をはるかに超えるノーマルペヤングの4倍というから驚きだ。
なんとトータルカロリー2,142kcalという成人男性の平均1日摂取カロリー2,600kcalにたった一食で迫る勢い。
女性の1日の平均カロリーである2,000kcalを完全に超えている。

もう一人で食べること自体が無謀でしかないが、あえてそこに挑んでこそペヤンガー。

スポンサーリンク

 

歴代ペヤング比較

せっかくなのでこれまでのペヤングと大きさを比較してみよう。

上から見てみると超大盛と超超超大盛はさほど大差はない。

だが側面から見てみるとこの圧倒的な違い。

ノーマルペヤングが可愛く見えてくる。

 

ペヤング超超超大盛GIGAMAX

そんなわけでこれがペヤング超超超大盛GIGAMAX。

なんとわかりやすいパッケージだろうか。
一瞬ペヨングを彷彿させるシンブルなデザインに衝撃的なロゴ。
そして「1日1食までにして下さい。カロリー摂取基準を上回る恐れがあります。」という注釈までついている。
2,142kcalとか狂ってやがる。笑

どこぞのユーチューバーがフリと勘違いして1日に何個食えるかとか始めそうな予感をヒシヒシと感じさせる。
※ダメ、絶対。

開封すると通常より巨大なかやく、ソース、ふりかけスパイスが同梱されている。

麺は通常の2倍の高さだ。

さっそくかやくを入れ、お湯1100mlを投入。
※目安は1300mlだが、1100mlで丁度よかった。

待つこと3分。
豪快に湯切りをすると現れる総重量439gのペヤング。

もうやばいとしか言いようがない。笑

ソースをしっかり絡めて、スパイスとふりかけをかければ完成だ。

 

食べても食べても減らない幸ふk・・・威圧感

朝飯は軽めにした、昼メシは豆腐しか食べていない。
戦いの準備は万端だ。

それではいざ実食。

ガバッと大量にすくい、口の中へと頬張る。
うーんこの背徳感にも似た優越感。

美味い。
久しぶりにノーマル味のペヤングを食べたが安心感があるな。

だが、それも長くは続かない。
結構ガッツリいったつもりだったのに、あまり減った感がない。

無心に食べ続けること3分。
いい加減飽きてきた。笑

ここまで来ると、ソースがとてもクドく感じてくる。
たまにふりかけの紅生姜の風味を感じると、あまりのさっぱり感に癒される。

普段ぞんざいに扱いがちな焼きそばの紅生姜に、これほどまでに慈しみを感じたことがあっただろうか。

格闘すること6分。
ついにミッションコンプリート。

 

結論

最近あまりに新商品を連発しすぎで、いい加減に飽きてきた感があったペヤングシリーズだが、久しぶりに熱くなる新商品に出会えることができた。

まぁ普通のペヤングの量が多いだけなんだけどな。笑

後半かなり食べ飽きるので、チャレンジするなら紅生姜を購入しておくことをおすすめする。
きっとかなりいい仕事をするはずだ。

だがくれぐれも、高カロリーなので1日の摂取カロリーに注意して食べよう。

 

 

ペヤング超超超大盛GIGAMAX
価格 385円(税別)
発売日 関東 2018年6月18日
    関東以外 7月9日 
内容量 439g
エネルギ― 2142kcal
タンパク質 28.5g
脂質 120.7g
炭水化物 235.3g
ナトリウム 5.3g
食塩相当量 13.5g

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-カップ麺, 食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.