ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市大平】麺屋三井の鶏白湯ラーメン「赤とりそば」を食べてみた

投稿日:

しばらくご無沙汰していた栃木市大平にある麺屋三井。
オープンしたのは約1年前。

佐野市の麺処はつがい出身の店主が経営するお店だけに、やはりうりとなるのはつけ麺といいたいところだが、そこをあえてつけ麺以外を食べるスタイル。

どうやらしばらく前から鶏白湯ラーメンが登場しているらしいので、今回はそれを味わってみようじゃないか。

スポンサーリンク

 

メニュー

訪問したのは土曜のお昼。
程よくお客の入る店内、後客も数組ほど。

さっそく座敷に陣取るとメニューをチェック。

現在のメニューはこんな感じ。

相変わらずのつけ麺の充実っぷり。
やはりここへ来たらつけ麺を食べるべきだなと思いつつ誘惑に負けそうになる。

今回の目的はこれだ。

鶏白湯ラーメン。
ノーマルのとりそばの他に、黒、赤、エビとどれもこれも気になる。

 

鶏白湯ラーメン 赤とりそば

今回チョイスしたのは鶏白湯ラーメンの赤とりそば(750円)。

辣油の赤が象徴的な辛い鶏白湯だ。

トッピングはもやし、キャベツ、小ネギ、穂先メンマ、海苔、鶏挽肉といった感じ。

まずはスープから。

最初に魚粉の風味を感じつつ、醤油ベースに胡麻と辣油の芳ばしさの効いた程よい濃度の鶏白湯スープ。
まぁまったく辛くはない。
※激辛ハンター基準

続いて麺。

太麺という固定観念があったので意外性のあるストレートの細麺。
プリパツ食感で噛み応えも心地よく、小麦の芳ばしさを感じるなかなかに美味い麺だ。

スープの絡みも抜群。

ただ個人的な感想としてはシャキシャキのもやしとキャベツは無くてもいい感じ。
麺の食感と風味をもっと感じていたい。

 

替え玉で味変

どうも何か物足りない感があるので、替え玉(100円)を注文し味変してみた。

備え付けの辣油を大さじ1杯分くらい、酢を大さじ1/2杯分くらいの量をブースト。
そこにごま坦々つけ麺についてくる山椒を3振りほど。

まさにこれこそ赤。笑

ピリッとした辛さに酸味が一体感を与えてくれる。
コクも引き立ってきた。

山椒の風味がいいアクセントになっている。

麺との相性もいい感じ。

辛さの刺激が足りない人は味変してみるといいかもしれない。

 

最後に

鶏白湯ラーメンは豚骨白湯ベースのラーメンのような濃度ではなく、程よい濃度なので比較的食べやすい。

赤とりそばは辛い鶏白湯という表記ではあるが、優しい辛さなので辛いものが苦手な人でも食べられるんじゃないだろうか。
残ったスープで〆にご飯にぶっかけたい衝動に駆られることはなかった。

極端に尖った感じのメニューはなく、全体的に老若男女問わずといった安定感のあるメニュー構成といったところだろうか。
次はジャンクなつけ麺に期待だな。

麺屋三井
住所 栃木県栃木市大平町新1587-1
TEL 0282-45-2322
営業時間 11:30~14:30/17:30~21:30(LO)
定休日 火曜日

関連記事

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.