ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

石焼灼熱の称号は伊達ではない。石焼らーめん火山の炎の旨辛ホルモンらーめんを食べてきた

投稿日:

320℃という高熱の石焼どんぶりで提供されるマグマのように沸騰するラーメンが特徴的な石焼らーめん火山。
石焼らーめん火山では夏になると帰ってくる激辛メニューが存在する。

その名は石焼灼熱炎の旨辛ホルモンらーめん。
今年で3回目となるこのメニュー、もう名前からしてやばそうなのがヒシヒシと伝わってくると思うが、このメニューはピリ辛なチゲスープをベースとした味噌コロホルモンがスタミナ満点な夏にぴったりの一杯だ。

そしてこの炎の旨辛ホルモンラーメンが今年は特に激辛界に話題だ。
実はこのメニューには辛さが三段階あり、その一番辛いメニューをクリアした人にだけ挑戦できる究極の辛いメニューが誕生した。
今回はその挑戦も兼ねて行ってみることにした。

スポンサーリンク

 

石焼らーめん火山 栃木店

6年ぶりやってきたのは石焼らーめん火山の栃木店。

日曜の13時だけありそこそこ混み合う店内。
かつての運営会社が経営破たq;aga;asdf
きっと今月一杯で旨辛ホルモンの今年の提供も終了するので、みんなこぞってやってきているに違いない(激辛マニア脳)。

店内入って窓際沿いに10卓ほどのテーブル席が並び、厨房前にカウンター席が5席ほど。

老若男女、ファミリー層からカップルまでさまざまな層が利用している。
今回はひさしぶりに髭とメシにやってきた。

さっそくメニューをチェック。

雷味噌とか懐かしいな。
初めて火山に行ったのが7年前、その特に雷味噌を食べてお好みで唐辛子を加えるとか当時も山盛り入れた食べていたっけな。
思えばそのころから激辛マニアだったのか。笑

夏季限定メニューも美味そうだ。

これが今回チャレンジする炎の旨辛ホルモンらーめん。

並辛、激辛、猛辛の三段階の辛さをチョイスすることができる。
そして猛辛をスープまですべて完食した者にだけ、究極の辛口「DEATH辛」挑戦券を手にする権利が与えられる。

このDEATH辛挑戦券を利用し炎の旨辛ホルモンらーめんを注文、20分以内にすべてを完食することで通常1,580円のところが無料となり、そのうえ次回に使用可能な石焼らーめん無料券を手に入れることができる。
※再び究極の辛口に挑戦するには再び猛辛を攻略する必要がある。

公式情報では、並辛に使われている唐辛子ペーストが10g(生唐辛子5本相当)、激辛20g(生唐辛子10本相当)、猛辛50g生(唐辛子25本相当)に加えカイエンペッパー20g(乾燥唐辛子60本相当)、そして今年初登場となるDEATH辛は唐辛子90本相当の辛さという。
なんだろう、唐辛子の本数で考えると猛辛を攻略できればいけるんじゃないかとさえ思ってしまうから不思議。

とにかく、猛辛がどれほどの辛さなのかそれで想像はできるだろう。

 

炎の旨辛ホルモンらーめん 猛辛

普通の人ならまずは並辛で様子見をしてから猛辛にチャレンジするのだろう。
だが、そこはいきなりトップギアで走り抜けてこそ激辛マニアというもの。
そんなわけで今回挑戦するのは炎の旨辛ホルモンらーめんの猛辛)(980円)だ。

ご飯、スティックアイスまでセットがデフォルト。
ちなみにスティックアイスは、入り口横にある冷凍庫から勝手に取り出して持ち帰るスタイルだ。
※昔はアイスを出してくれた。

この灼熱っぷりはまさにマグマ。

 

人参、茎ニンニク、もやし、キャベツ、タマネギ、ニラなどの野菜、牛の味噌コロホルモン、卵の黄身がトッピングされ、そこにたっぷりのカイエンペッパーをかけ最後にダシの効いたタイの唐辛子プリッキーヌを使用したチゲスープが投入される。

麺は若干ウェーブの入った麺だ。

アツアツなので小鉢に取り分けてさっそくひとくち。

安易な唐辛子増やしときゃいいんでょ?パターンのやつだが、もっちりした麺がなかなかいい感じだ。
チゲスープとの相性もよいし、これだけ熱せられていてもデロデロにもならない。

野菜もシャキシャキして美味いし、なにより味噌コロホルモンが甘味があって美味い。
インパクトだけでなく、味も意外にチェーン店系ではレベル高いな。

そんなわけで10分ほどでスープ以外は完食。
〆にご飯を投入。

これが意外と曲者だ。
スープに濃縮された辛さをご飯がガッツリ吸収する。
そして倍増するので満腹中枢を刺激するボリューム感になる。

そこにきて少食の髭からご飯が追加だ。
完食しないと挑戦券もらえないって言ってんだろと散々言ったところへの「あっ!そっか」という一言である。

入れられてしまっては完食するほかない。

これがまた熱い。
熱いが旨味が凝縮されていて意外と美味い。

とんだキラーパスを貰ってしまったおかげで完食できないかと思ったが、なんとか10分ほどで完食。

撮影時間をのぞけば20分ほどで完食することができた。

 

〆のスティックアイスが美味い

熱いものを食べた後の柑橘系のスティックアイスの美味さは異常。

シャーベット系のスティックアイスはあまり好きではないのだが今回ばかりは別だ。

そしてもちろん忘れずレジでもらってきたDEATH辛挑戦券。

今回猛辛を食べてみた感想としては、DEATH辛もいけなくはない予感がする。
ただ、20分以内という壁は超えられないんじゃないだろうか。
なにせ辛さでペースダウンがあるうえに猫舌というハンデがあるのでペースアップは絶望的だ。

あとは撮影というロスタイムがどう影響するかも懸念事項だ。

チャレンジする時にはDEATH辛さんの胸を借りるつもりで頑張ってみよう。

炎の旨辛ホルモンらーめんは2017年9月30日まで発売中。

石焼らーめん火山 栃木店
住所 栃木県栃木市箱森町52-4
TEL 0282-20-0776
営業時間 11:00~22:00(金土祝前日~23:00)
定休日 年中無休

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2017 All Rights Reserved.