カップ麺 雑記 食レポ

【カップ麺】衝撃の酸っぱさ!ドゥエイタリアン監修のレモンらぁ麺を食べてみた

東京市ヶ谷、日比谷と横浜青葉台に店を構えるDue Italian(ドゥエ イタリアン)。
イタリアンのシェフの経験を活かし、ラーメンとイタリアンの融合を果たした一杯は男性客層が多いラーメン店というジャンルに女性客層8割を達成し、ついにはミシュランガイド東京3年連続で掲載されるという偉業までもを達成した。

イタリアンな食材や健康食材などを取り入れラーメンを美容食へと昇華させた。
そんな新感覚なラーメンを提供するドゥエ イタリアンが監修するカップ麺が寿がきやより発売開始となった。

その名もレモンらぁ麺。


スポンサーリンク


 

レモンらぁ麺

オシャレなパッケージからはラーメンと思えないほど。

衝撃の酸っぱさというのが象徴的なこのレモンらぁ麺。
ラーメンにレモンというのがまったくもって想像できない未知の味だ。
酢の入ったラールンはあれど、柑橘系の酸味が加わった味で成立するのだろうか?

開封してみると、かやく、あとのせかやく、液体スープの3つ。

きっとこの液体スープにレモンがこれでもかと使用されているのだろう。

そして麺はノンフライの中太縮れ麺。

はやる気持ちを抑えつつ、まずはかやくを投入。

チャーシュー、ほうれん草、揚げネギ、ネギがたっぷりだ。
さっそくお湯を入れ、待つこと5分。

あといれかやくとスープを投入すれば完成だ。

あといれかやくまでネギととにかくネギ尽くしだ。

 

衝撃の酸っぱさを味わう

湯気とともに漂う爽やかな香り。

それではひとくち。

もっちりコシのある麺でスープの絡みもばっちりだ。
鶏ベースにレモン果汁、すだち、シークワーサー、ライムの果汁をうわせたというスープは想像以上に酸っぱい。
それでいてこのさわやかな後味が心地よく、ラーメンとしてまったく以て違和感なく食べられる。

このたっぷりのネギや芳ばしい揚げネギが酸味と絶妙にマッチしていて美味い。

フォーのスープを飲んでいるのような気分で、なるほどパクチーなどの香草、唐辛子などを加えると最高に合いそうだ。

とにかくこの酸味が強いので苦手な人にはきついかもしれない。
でも酸味が平気ならきっと思わず完飲してしまうことだろう。

独特な味がクセになる面白い一杯だ。

 

レモンらぁ麺
オススメ度★★★★☆
価格 250円
販売地域 全国(沖縄除く)
発売日 2017年6月19日
内容量 111g
エネルギ― 366kcal
タンパク質 9.9g
脂質 13.0g
炭水化物 52.58g
カルシウム 111mg
食塩相当量 7.3g

 

 

-カップ麺, 雑記, 食レポ
-, ,