料理してみた 料理レシピ

キノコとほうれん草のホワイトクリームシチュー。濃厚なコクと野菜の甘みと鶏肉の旨味がたまらない

寒い季節にはシチューが旨い。
キノコにほうれん草、じゃがいもにんじん、鶏肉とたっぷり具材をコトコト煮込んだ、濃厚クリーミーで旨味溶け出すホワイトソースを使用したクリームシチュー。
※以後ホワイトクリームシチュー

クリームシチューの材料であるホワイトソースは、大雑把に言えばフランス料理でいうところのベシャメルソースを意味する。
となれば西洋料理と位置付けられそうではあるが、実は西洋料理を参考に日本で独自に誕生したシチュー。
ご飯のおかずとして最適なようにカスタマイズされた料理なのだがら、ご飯で食べるべきパンで食べるべきという論争はどちららも正解といえる。

シチューがいつ日本にやってきたかは諸説あるが明治初期にはすでに存在したとされ、家庭にも普及しはじめるのが明治後期。
そしてホワイトシチューが家庭料理として爆発的に普及するきっかけとなったのが、1966年にハウス食品より発売開始された『シチューミクス』。

学校給食で提供されていた『白シチュー』を家庭でも作れるようにと開発された商品。
ちなみに『ホワイトシチュー』や『クリームシチュー』は和製英語。

今回はそんなキノコとほうれん草のホワイトクリームシチューを作ってみた。



キノコとほうれん草のホワイトクリームシチュー

用意した材料はこんな感じ。

レシピ

  • ホワイトソース 1缶(290g)
  • 鶏もも肉 200g
  • 玉ねぎ 1個
  • じゃかいも 小6個
  • にんじん 1本
  • ミニエリンギ 100g
  • ほうれん草 2株
  • 牛乳 300ml
  • 塩 小さじ1/2
  • 胡椒 適量
  • バター 15g

今回使用したのはハインツのホワイトソース缶。

作り方

手順

  1. 玉ねぎ、じゃがいも一口大にカット、にんじんを乱切り、ほうれん草を3等分、エリンギを縦にカットしておく
    数枚程度、ほうれん草を細かくカットしておく。
  2. 鶏肉に塩胡椒を軽く振り揉み込む
  3. フライパンにバターを溶かし、鶏肉を皮目から焼き色がつかない程度に中火で両面焼く
  4. 玉ねぎ、じゃがいも、にんじんを加えて炒める
  5. ホワイトソース、牛乳を加えて弱火で10分ほど煮込む
  6. ほうれん草とエリンギを加えてさら5分煮込む
  7. 塩胡椒で味を整えたら完成

玉ねぎ、じゃがいもを一口大にカット、にんじんを乱切りにする。
ほうれん草は3等分ほどの長さにカットして、エリンギは縦にカットして適度な大きさにしておく。

鶏肉に塩胡椒(小さじ1/2)を振り、よく揉み込んでおく。

フライパンにバター(15g)を溶かし、鶏肉を皮目から中火で焼く。

この時に焼き色がつかないように全面を焼いておく。

じゃがいも、にんじん、玉ねぎを加えて、全体に油が絡むように炒める。

ホワイトソース、牛乳を加えたら蓋をして弱火で10分ほど煮込む。
焦がさないように時々混ぜておく。

細かくカットしたほうれん草、残りのほうれん草とエリンギを加えてさらに5分煮込む。

仕上げに塩胡椒で味を整えたら完成。

濃厚なコクと野菜の甘みに鶏肉の旨味感じる

完成したのがこれだ。

ほうれん草を大きめにしたので存在感が抜群。
シチューの白に色鮮やかさな野菜が映える。

さっそくひとくち。

濃厚クリーミーで、野菜の旨み溶け出している。
ホクホクのじゃがいもにシャキッとしたエリンギの食感のアクセント、鶏肉はホロリと柔らかだ。
野菜の甘みにコクも増し、塩胡椒に旨みが引き立つ。
※仕上げに塩を小さじ1/2追加

味変に粉チーズとタバスコを加えてみる。

タバスコの酸味と辛味が旨みをより一層引き立てる。
チーズの芳醇な香りとコクがいい仕事している。

さらに黒胡椒でスパイシーな味わいにしても旨い。

最後に

キノコとほうれん草のホワイトクリームシチュー作ってみた。

季節の野菜をたっぷり加えた色鮮やかな
濃厚クリーミーなシチューに溶け出す、キノコや鶏肉・野菜の旨みがたまらない。
寒い季節に体もポカポカと温まる。

パンもいいけど、ご飯のおかずにも最適。
まだまだ寒い季節が続くので、そんな日にはシチューとかいかが?

2024/2/29

サルサがあればなんでもできる!?メキシカンサルサドッグ

ホットドッグ、それは縦長のパン「ドッグロール」に切れ目を入れ、ソーセージや野菜をサンドした料理の総称。 起源はドイツの『フランクフルター』とされ、フランクフルトで生まれた『フランクフルトソーセージ』をパンに挟んで食べるのが始まりとされる。 のちに1847年にドイツのコーブルグにある、食肉業者ヨハン・ゲオルク・ホヘーナーが発案したソーセージ料理であると公表される。 ※諸説あるが 19世紀、ドイツからアメリカへの移民達によってアメリカへ伝えられたのがキッカケとなり、現在アメリカを代表する料理のひとつとなった。 ...

ReadMore

2024/2/28

鉄火味噌もどき。節分豆がご飯がすすむ常備菜に

鉄火味噌を知っているだろうか? 赤味噌をベースに砂糖やみりんといった調味料や唐辛子を使用し、根菜や炒り大豆・一晩水に浸した大豆などをごま油で炒めて練り合わせた『なめ味噌』のことを言う。 富士吉田市の郷土料理が起源とされ、かつて武田信玄が戦場での食事の副食として重宝したそう。 味噌を油で炒めると、熱した鉄のような赤い色になるとから「鉄火」と名付けられた。 ペースト状やふりかけ状にしたものなどがある。 滋養があり、身体を温める働きもあることから食事療法に活用されたり、「軍隊調理法」にも掲載され戦時中は日本軍の ...

ReadMore

2024/2/27

Taco Tuesday!!火曜はタコスの日。メキシコ料理タコスが旨すぎて無限に食える!!

Taco Tuesday!! 火曜はタコスの日!! タコスといえば、メキシコを代表する料理に数えられる魅惑のグルメ。 トウモロコシの粉を使用したトルティーヤに、肉や野菜などの様々な具材やサルサを包んで食べる国民食だ。 とにかく具材が豊富で、豚肉から牛肉、羊肉にヤギ肉、白身魚などメインの具材だけでも豊富にあり、さらに使用されるサルサ(ソース)もチリベースやワカモレなどのアボカドベースなどたくさんある。 組み合わせ次第で無限のタコスが存在する。 メキシコ発祥で紀元前500年前から作られていたという。 本場メキ ...

ReadMore

2024/2/27

サルサ・ロハ。メキシコ料理に欠かせない!!トマトの酸味とピリッと辛さが後引くサルサ

サルサを知っているだろうか? メキシコ料理では欠かせないサルサ、スペイン語で「ソース」を意味する。 サルサと一口に言っても、実は具材によりたくさんの名称が存在する。 先日つくったワカモレもアボカドのサルサ。 日本では一般的にはサルサソースと呼ばれるが、直訳すると訳わからないことになる。 トマトをベースに唐辛子やスパイスを加えた『サルサ・ロハ(赤いサルサ)』が、日本人には馴染み深いサルサソース。 基本的にはカットして和えるだけなのでとても簡単。 今回はそんな『サルサ・ロハ』を作ってみた。 サルサ・ロハ 用意 ...

ReadMore

2024/2/25

【メキシコ料理】チリコンカン。ピリ辛スパイシーがたまらない。節分豆アレンジで作ってみた

チリコンカンを知っているだろうか? スペイン語では肉入りトウガラシを意味し、メキシコ北部から南部アメリカが発祥の挽肉と玉ねぎを炒め、豆やトマトにスパイスを合わせて煮込んだメキシコ料理。 19世紀半ばにメキシコより独立し、アメリカに併合されたテキサス州が本当の起源だとか、メキシコのエンセナーダが起源だとか諸説ある。 トルティーヤなどにチーズやサルサなどと一緒に挟んで食べるのが定番だ。 ちなみにアメリカではテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、代表的な料理のひとつとされている。 今回はメキシコ ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-