料理してみた 料理レシピ

椎茸のガーリックバターソテー。バター吸った椎茸に芳ばしいパン粉とニンニクの風味が後を引く

春と秋が旬のしいたけ。
特に秋はしいたけの初物が出回る時期で、年末も近くなり寒くなってくると鍋需要が高まりしいたけの需要も高まる時期。

天然品種のしいたけ「ちいたけ」を知っているだろうか?
サイズは小ぶりで、一般的なしいたけのなんと1/4ほどのサイズなのにこれで立派な大人。
小さい分、旨味も濃縮され歯ごたえも良い。
これがちょっとした料理に使うのに使い勝手がとても良い。

今回作るガーリックソテーでも、カットすることなくそのまま炒められるのでとても便利。
そんなわけで、今回は『椎茸のガーリックバターソテー』を作ってみた。



椎茸のガーリックバターソテー

さっそく用意した材料はこんな感じ。

レシピ

  • ちいたけ 1袋(300g)
  • ニンニク 1片
  • 輪切り唐辛子 1本分
  • バター 大さじ4
  • パン粉 大さじ3
  • 塩胡椒 小さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ1
  • パセリ 少々

作り方

手順

  1. ニンニクをみじん切り、パセリを適当に刻んでおく
  2. フライパンに中火でバターを溶かしニンニク、唐辛子を加えて風味づけ
  3. キノコを加えてしんなりするまで炒める
  4. 塩胡椒・パン粉を加えて軽く炒め、仕上げにオリーブオイルを加えて軽く和える
  5. 更に盛り付けパセリを振ったら完成

ニンニクはみじん切り、パセリは適当に細かく刻んでおく。
フライパンにバターを加え中火で溶かし、ニンニク、唐辛子を加えて風味がつくまで炒める。

椎茸を加えてしんなりしてくるまで炒める。

塩胡椒・パン粉を加えて軽く炒め、仕上げにオリーブオイルを回しかけ軽く和えるように炒める。

皿に盛り付け、パセリを振りかけたら完成。

椎茸のガーリックバターソテー食べてみた

バターの芳醇で芳ばしい香りに食欲もそそられる。

さっそくひとくち。
もっちりシコシコとした口当たりで、濃厚な椎茸の香りが広がる。

バターの濃厚な風味を吸収し、噛むほどにあふれる旨味の洪水。
バターの香りに椎茸の香りもより一層引き立つ。

パン粉がフライパンに残る旨味溶け出す油を吸収、椎茸の旨味を下支えしてくれる。
サクサクとした食感のアクセントも心地良い。

ニンニクの風味に唐辛子の辛みのアクセントも絶妙で、パセリの風味もいい仕事している。
これはもう大人の炭酸飲料を飲まずにいられない。

最後に

小さな椎茸『ちいたけ』で椎茸のガーリックバターソテーを作ってみた。

椎茸の芳醇な香りにバターやパン粉の芳ばしさとコクが合わさり、凝縮した旨味が爆発する。
ニンニクの風味が旨味を引き立て、辛みのアクセントが後を引く。

作り方もとても簡単なのに激ウマ、いくら鍋の美味しい季節とはいえ、椎茸を鍋にばかり入れてる場合じゃない!!

2024/2/28

鉄火味噌もどき。節分豆がご飯がすすむ常備菜に

鉄火味噌を知っているだろうか? 赤味噌をベースに砂糖やみりんといった調味料や唐辛子を使用し、根菜や炒り大豆・一晩水に浸した大豆などをごま油で炒めて練り合わせた『なめ味噌』のことを言う。 富士吉田市の郷土料理が起源とされ、かつて武田信玄が戦場での食事の副食として重宝したそう。 味噌を油で炒めると、熱した鉄のような赤い色になるとから「鉄火」と名付けられた。 ペースト状やふりかけ状にしたものなどがある。 滋養があり、身体を温める働きもあることから食事療法に活用されたり、「軍隊調理法」にも掲載され戦時中は日本軍の ...

ReadMore

2024/2/27

Taco Tuesday!!火曜はタコスの日。メキシコ料理タコスが旨すぎて無限に食える!!

Taco Tuesday!! 火曜はタコスの日!! タコスといえば、メキシコを代表する料理に数えられる魅惑のグルメ。 トウモロコシの粉を使用したトルティーヤに、肉や野菜などの様々な具材やサルサを包んで食べる国民食だ。 とにかく具材が豊富で、豚肉から牛肉、羊肉にヤギ肉、白身魚などメインの具材だけでも豊富にあり、さらに使用されるサルサ(ソース)もチリベースやワカモレなどのアボカドベースなどたくさんある。 組み合わせ次第で無限のタコスが存在する。 メキシコ発祥で紀元前500年前から作られていたという。 本場メキ ...

ReadMore

2024/2/27

サルサ・ロハ。メキシコ料理に欠かせない!!トマトの酸味とピリッと辛さが後引くサルサ

サルサを知っているだろうか? メキシコ料理では欠かせないサルサ、スペイン語で「ソース」を意味する。 サルサと一口に言っても、実は具材によりたくさんの名称が存在する。 先日つくったワカモレもアボカドのサルサ。 日本では一般的にはサルサソースと呼ばれるが、直訳すると訳わからないことになる。 トマトをベースに唐辛子やスパイスを加えた『サルサ・ロハ(赤いサルサ)』が、日本人には馴染み深いサルサソース。 基本的にはカットして和えるだけなのでとても簡単。 今回はそんな『サルサ・ロハ』を作ってみた。 サルサ・ロハ 用意 ...

ReadMore

2024/2/25

【メキシコ料理】チリコンカン。ピリ辛スパイシーがたまらない。節分豆アレンジで作ってみた

チリコンカンを知っているだろうか? スペイン語では肉入りトウガラシを意味し、メキシコ北部から南部アメリカが発祥の挽肉と玉ねぎを炒め、豆やトマトにスパイスを合わせて煮込んだメキシコ料理。 19世紀半ばにメキシコより独立し、アメリカに併合されたテキサス州が本当の起源だとか、メキシコのエンセナーダが起源だとか諸説ある。 トルティーヤなどにチーズやサルサなどと一緒に挟んで食べるのが定番だ。 ちなみにアメリカではテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、代表的な料理のひとつとされている。 今回はメキシコ ...

ReadMore

2024/2/25

節分の炒り豆アレンジ。これでアレンジの幅が増える!!大豆の水煮作ってみた

2月3日は節分の日。 食べ物を粗末にしてはいけないけれど、節分という免罪符により大手を振って食べ物を投げることができる。 日本古来よりの独特の風習のひとつだ。 限られたシーズンに販売される節分仕様の炒り豆。 シーズンが終わると需要が薄れ、大量に残る節分の炒り豆、あれの行く末はどうなっているのだろうか? 節分仕様のデザインさえなければ、通年販売も可能だが、さすがにあの仕様ではそうもいかない。 賞味期限が切れたら廃棄されるのか、はたまた動物の飼料として有効活用されるのか? SDGsが叫ばれる昨今、それってどう ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-,