カレー 料理してみた 料理レシピ

シン・カレー(改)。リュウジ氏考案の市販のルーが究極に旨くなるカレー

バズレシピのリュウジ氏考案の『シン・カレー』。
市販のルーを使ってここまでになるかと、という至高を超えた究極に旨い、超定番化しそうなカレー。
じゃがいもなど食材の旨さも感じられるこのカレー、そのままでも完成しているがさらに具材を増やしたらもっと旨くなるんじゃないか?

ということで、今回はシン・カレー(改)と称して、新たな具材を加えて作ってみた。



シン・カレー(改)

さっそく用意した材料はこんな感じ。

レシピ

  • ご飯 お好み
  • 豚バラ肉 300g
  • 玉ねぎ 大1個(280g)
  • じゃがいも 中3個(360g)
  • にんじん 2/3本(100g)
  • ごぼう 1本(150g)
  • しめじ 1袋
  • にんにく 3片
  • 生姜 10g
  • バター 10g
  • 塩 ひとつまみ(じゃがいも用)
  • 塩 少々(玉ねぎ用)
  • サラダ油 大さじ1
  • ケチャップ 大さじ2
  • ウスターソース 大さじ1/2
  • 塩胡椒 少々
  • 酒 120ml
  • 水 550ml
  • 鶏ガラスープのもと 小さじ1
  • カレールー 5皿分
  • 砂糖 小さじ1/3
  • 乾燥パセリ 適量

味変

  • 鰹節 お好み

なお、正式なレシピは以下の動画を参照。

作り方

手順

  1. にんじんは半分にして斜め切り、ごぼうは斜め切り、玉ねぎは繊維に逆らうように薄切り
  2. 玉ねぎを500wで4分50秒レンチン
  3. じゃがいもの皮をむき乱切りにする
  4. じゃがいもに塩を振り、500wで5分半レンチン
  5. にんにく2片と生姜をみじん切り
  6. フライパンに油を入れ玉ねぎ(塩を振る)を飴色になるまで炒める
  7. 油少量でにんにくと生姜を炒め風味が出たら玉ねぎと合わせる
  8. ケチャップとウスターソースを加えて炒める
  9. 豚バラ肉に塩胡椒を振り、フライパンに加えてほぐすように軽く炒める
  10. にんじんとごぼう、しめじを加えて炒める
  11. 酒を加えて水分とぶまで炒める
  12. 水加えてニンジンが柔らかくなるまで蓋をして5分ほど煮る
  13. カレールー、バター、砂糖、おろしにんにく加えて溶かす
  14. じゃがいもを加えて軽く煮込んだら出来上がり
  15. 皿に盛り付け、ご飯にパセリを振れば完成

にんじんを縦半分にカットして斜め切りにする。
ごぼうも斜め切りにカット、玉ねぎは半分にカットし繊維を切るように薄切りにする。
※今回はカット済の余り物の玉ねぎを使用したのでやっていない

玉ねぎを耐熱容器に入れてラップをしてレンジで500wで4分50秒。

あらかじめレンチンすることで柔らかくなり、水分も抜けるので後の工程が楽になる。

じゃがいもの皮をむき、一口大の乱切りにする。
じゃがいもをに入れて塩ひとつまみ振り、ラップをしてレンジで500wで5分半。

にんにく2片と生姜をみじん切りにする。

たいちょー
雑!!

フライパンに油をひき、玉ねぎを飴色になるまで炒める。
その時に塩を少々振ると水分が抜けやすくなりより一層早く仕上がる。

飴色になったら一旦フライパンの端に寄せ、油を少量加えてニンニクと生姜を炒める。
風味が出てきたら玉ねぎを合わせて軽く炒める。

ケチャップを加えて炒め、ケチャップの酸味を飛ばす。

さらにウスターソースを加えて炒めて、同様に酸味を飛ばす。

これでコクとスパイス感が一気に増した。

一口サイズにカットした豚バラ肉に塩胡椒を振り、フライパンに加えてほぐすように軽く炒めてフライパンに脂を溶かしていく。

ニンジン、ごぼうを加えて軽く火が通る程度まで炒める。
※だいたい6分位炒めた

しめじを加え、油が馴染む程度に炒める。

油が馴染んだら、酒を加えて水分が飛ぶまで炒める。

水・鶏ガラスープのもとを加えて沸騰したら蓋をして中火で5分ほど。
ニンジンが柔らかくなるまで煮込む。

カレールー・バター・砂糖・ニンニク1片をおろして加え溶かしていく。

最後にじゃがいもをくわえて、ルーを絡める程度に軽く煮込む。

皿に盛り付けて、ご飯に乾燥パセリ振ったら完成。

シン・カレー(改)食べてみた

完成したのがこれだ。

具沢山でカレールーが足りなくなってしまった。
ちょっとやりすぎたか。

ともあれひとくち味わってみよう。

コク深く旨味が濃厚で旨い。
ケチャップの風味、ウスターソースを加えることでスパイス感が増している。

じゃがいもはホクホクで、最後に加えているのでルーがもっさりすることもないのがいい。
ごぼうの芳ばしさ、しめじの風味もいい仕事している。

今度は味変に鰹節をかけてみる。

出汁感が加わることで和風テイストが加わり、まるで蕎麦屋のカレーっぽい味わいに。

2日目のカレー+しいたけバターソテーのせ

2日目のカレーに、たまたま作ったしいたけのバターソテーをトッピングしてみた。

キノコの旨味が加わり、さらにバター炒めの芳ばしさが全体的な旨味のポテンシャルを爆上げする。
これも大正解。

最後に

リュウジ氏考案の『シン・カレー』を具だくさんにカスタマイズしてみた。
コク深く旨味の強いカレーは、市販ルーのポテンシャルを引き上げ、同時に野菜の旨味も引き立つ味わいがたまらない。

これはもういつもカレーがこれになってしまうかもしれない。
そして今回は具だくさんにカスタマイズしたが、これもまた正解だ。
若干ルーが足りなくなるので、あらかじめ6皿分くらいにカスタマイズしておいたほうがよかったか。

シン・カレー旨すぎ注意。

2024/3/3

タコライス。沖縄ご当地グルメを手作りサルサとチリビーンズで作ってみた

タコライス。 沖縄県発祥のご当地ソウルフードで、県内いたるところで提供され地元民から観光客にも人気のグルメ。 白米の上にタコミートをのせ、サルサやチーズなどをかけて食べる料理で、タコスの「タコ」と「ライス」から命名された。 決してタコ飯のことではない。 沖縄県金武町きんちょうの新開地、米軍基地キャンプハンセン前にある飲食店街、そこにあった2015年6月29日に31年の営業に幕を閉じたパーラー千里。 タコライス誕生の1984年当時、海兵隊に安価でボリュームのある食事を味わってほしいということから、タコスの具 ...

ReadMore

2024/3/3

チリビーンズ。スパイシーな味がクセになる!アメリカ南部発祥のメキシコ風豆料理

チリビーンズを知っているだろうか? 挽肉と豆をトマトとともにチリスパイスで煮込んだ豆料理のこと。 アメリカ南部のテキサス州やニューメキシコなどが発祥のテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)。 トマト風味のピリ辛スパイシーな味わいが、そのまま食べたりトルティーヤで挟んで食べたり、ハンバーガーやホットドッグの具材や、なんだったらパスタやご飯に合わせることもできる。 チリコンカンとチリビーンズの違いについて話題になることがある。 両者は非常に似ているが、前者は唐辛子を使った肉などの具材が入った唐辛子料理な ...

ReadMore

2024/3/3

サルサがあればなんでもできる!?メキシカンサルサドッグ

ホットドッグ、それは縦長のパン「ドッグロール」に切れ目を入れ、ソーセージや野菜をサンドした料理の総称。 起源はドイツの『フランクフルター』とされ、フランクフルトで生まれた『フランクフルトソーセージ』をパンに挟んで食べるのが始まりとされる。 のちに1847年にドイツのコーブルグにある、食肉業者ヨハン・ゲオルク・ホヘーナーが発案したソーセージ料理であると公表される。 ※諸説あるが 19世紀、ドイツからアメリカへの移民達によってアメリカへ伝えられたのがキッカケとなり、現在アメリカを代表する料理のひとつとなった。 ...

ReadMore

2024/2/28

鉄火味噌もどき。節分豆がご飯がすすむ常備菜に

鉄火味噌を知っているだろうか? 赤味噌をベースに砂糖やみりんといった調味料や唐辛子を使用し、根菜や炒り大豆・一晩水に浸した大豆などをごま油で炒めて練り合わせた『なめ味噌』のことを言う。 富士吉田市の郷土料理が起源とされ、かつて武田信玄が戦場での食事の副食として重宝したそう。 味噌を油で炒めると、熱した鉄のような赤い色になるとから「鉄火」と名付けられた。 ペースト状やふりかけ状にしたものなどがある。 滋養があり、身体を温める働きもあることから食事療法に活用されたり、「軍隊調理法」にも掲載され戦時中は日本軍の ...

ReadMore

2024/2/27

Taco Tuesday!!火曜はタコスの日。メキシコ料理タコスが旨すぎて無限に食える!!

Taco Tuesday!! 火曜はタコスの日!! タコスといえば、メキシコを代表する料理に数えられる魅惑のグルメ。 トウモロコシの粉を使用したトルティーヤに、肉や野菜などの様々な具材やサルサを包んで食べる国民食だ。 とにかく具材が豊富で、豚肉から牛肉、羊肉にヤギ肉、白身魚などメインの具材だけでも豊富にあり、さらに使用されるサルサ(ソース)もチリベースやワカモレなどのアボカドベースなどたくさんある。 組み合わせ次第で無限のタコスが存在する。 メキシコ発祥で紀元前500年前から作られていたという。 本場メキ ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-カレー, 料理してみた, 料理レシピ
-