ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木さくら市】竹末 道の駅本陣。道の駅きつれがわ内にある喜連川の恵み生かした新スタイル店

栃木県さくら市にある「竹末 道の駅本陣」。
本店「E.Y竹末」のすぐちかく、喜連川の道の駅にある竹末系列の拉ラーメン店。

喜連川の名物である「ヤシオマス」とお店で熟成した肉を贅沢に使用した、喜連川の恵みを生かした新感覚な一杯が味わえるというコンセプトのもと誕生したお店。

今回はそんな「竹末 道の駅本陣」に行ってみた。

掲載された情報は訪問時点のものです。
営業時間や店休日、メニューや価格など変更になっている可能性があります。
最新の情報は公式サイトやSNS、店舗などで直接ご確認ください。
※最新情報の掲載を保証するものではありません




竹末 道の駅本陣

今回訪問したのは栃木県さくら市、東北本線氏家駅より8kmにある道の駅きつれがわ。
その施設内のフードコートエリアに店を構える「竹末 道の駅本陣」。

道の駅きつれがわとは

栃木県さくら市、国道293号線沿いにある道の駅。
大正ロマンをコンセプトとする外観が特徴的で、喜連川の名産品のほか、日本三大美肌の湯と称される温泉施設も併設される。

竹末ブランドのお店として2017年4月20日にオープンした。
喜連川の名産であるヤシオマス、店内で熟成した肉を贅沢に使用した、喜連川の恵みを麺で味わうことのできる新感覚な一杯を提供することをコンセプトとしたお店だ。

竹末 道の駅本陣へのアクセス

アクセス詳細

住所 栃木県さくら市喜連川4145-10 道の駅きつれがわ

車 東北道矢板インターより11.9km(14分)
電車 東北本線氏家駅より8km

駐車場 大型17台・普通242台

竹末 道の駅本陣の店内

竹末 道の駅本陣は、道の駅きつれがわの施設内左奥のフードコートの一角にある。

店舗にはたくさんのサインが飾られている。

フードコート内には4人掛けのテーブル席が9卓、2人掛けが1卓、窓際にカウンター席が12席ほどあっただろうか。

竹末 道の駅本陣のメニュー

竹末 道の駅本陣のメニューはこんな感じ。
※2023年8月7日時点

メニュー

  • 丸鶏醤油ラーメン 900円
  • 味玉丸鶏醤油ラーメン 1,000円
  • DX丸鶏醤油ラーメン 1,200円
  • 丸鶏塩ラーメン 900円
  • 味玉丸鶏塩ラーメン 1,000円
  • DX丸鶏塩ラーメン 1,200円
  • SST(塩と醤油のブレンド) 900円
  • 味玉SST 1,000円
  • SST DX 1,200円
  • ざる中華そば 800円
  • ワンタンスープ(醤油・塩) 250円
  • たまごかけご飯 250円
  • チャーシュー弁当(テイクアウト可) 500円
  • チャーシュー丼 400円

店頭では元祖竹末食堂の焼きそばが数量限定にて販売されていた。

たいちょー
うーむ買って帰るの忘れた

竹末 道の駅本陣の利用方法

  1. レジにて注文して支払いを済ませる
  2. 呼び出し端末を受け取る
  3. 呼び出しされたら注文をカウンターにて受け取る
  4. 食後は食器返却口に返却
    ゴミはセルフ給水機のところのゴミ箱へ

竹末 道の駅本陣行ってみた

訪問したのは猛暑続く2023年8月夏。
先客は1名、後客数名。

DX丸鶏塩ラーメン

今回チョイスしたのは『DX丸鶏塩ラーメン』と『たまごかけご飯』。

黄金色した鶏油浮かぶ透明度あるスープ、具材はチャーシュー3枚、味玉、メンマ、ネギ、刻み玉ねぎ、チンゲン菜。

まずはスープをひとくち。
表面には黄金に輝く鶏油がたっぷり浮かぶ。

濃厚な鶏油の滑らかな口当たりとコク、芳醇な香りが鼻孔をぬける。
絶妙な塩気が鶏の旨味を引き立て、濃厚でコク深いのに後味はあっさりとしていて、思わず何度もスープ飲んでしまう。
これは間違いなく完飲不可避系スープだ。

麺もいただこう。

角が滑らかな中細系ストレート麺はのど越し感がいい。
もっちりとした噛み応えで、噛むほどに小麦が香る。

スープの絡みも抜群で、啜るたびに芳醇な鶏の香りと旨味が舌の上で踊るようだ。

ネギの香ばしさ、刻み玉ねぎのピリッとした辛味のアクセントもいい仕事している。

チャーシューは厚みがあるので食べ応え満点。

醤油ダレの香ばしい風味が肉の旨味を存分に引き出す。
ほろやわで口の中でほぐれるような食感。

味玉は濃厚トロリ系。
味付けも絶妙かつ濃厚な黄身の旨味とコクがあり、ほんのり甘い余韻感じる。

思わず無心になって食べ進めてしまう一杯だった。

たまごかけご飯

ご飯ものから「たまごかけご飯」もチョイスしてみた。

ご飯の上に卵を割り入れると、ぷっくりとした白身にハリのある黄身が姿を現す。

たいちょー
もうわかる、これ絶対うまいやつだ。

醤油をかけ、しっかり卵を混ぜ合わせれば、黄金色に姿をかえる。
これを一気にかっこむ。

まちがいない。
濃厚な卵の旨味とコク、醤油の風味が絶妙なエッセンスに。

ちょっと変化球にセルチャー丼も味わってみる。

相乗効果でチャーシューもご飯も旨い。

チャーシュー丼と悩んだが結果的に大正解だった。
最後に残ったスープを飲み干しごちそうさま。

最後に

栃木県さくら市にある竹末 道の駅本陣に行ってみた。
竹末ブランド初のハコモノへの出店だったが、既存店と遜色なく竹末イムズを発揮していた。

噂のオープン当初のヤシオマスを使用した一杯が味わいたかったが、現在は提供されていないのが味わうことができなくて残念だった。
また機会があったらその味ぜひとも味わってみたいものだ。

お店詳細

竹末 道の駅本陣
住所 栃木県さくら市喜連川4145-10 道の駅きつれがわ
TEL 028-686-1169
営業時間 10:30〜18:00
定休日 第2・第4月曜(道の駅きつれがわに準ずる)
支払い 現金・PayPay利用可
駐車場 大型17台・普通242台

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,