定食屋・食堂 食レポ 魚介・海鮮料理

【千葉勝浦】やまご食堂。鮮魚店直営!!新鮮魚介で朝食とか間違いなさすぎる!

千葉県勝浦市にある「やまご(山五)食堂」。
勝浦漁港近くの鮮魚店「山五鮮魚店」が営む食堂。

漁港近くゆえに鮮度抜群の魚介をふんだんに使った絶品メシが味わえる。
そしてなにより朝から営業しているので、かつうら朝市の帰りに朝食なんてのも最高。

今回はそんな「やまご食堂」に行ってみた。



やまご食堂

今回訪問したのは千葉県勝浦市勝浦、外房線 勝浦駅「南口」より750m(徒歩10分)。
勝浦漁港近く、仲本町朝市通りにある「やまご食堂」。

このお店、勝浦漁港近くの商店街にて40余年ほど店を構える「山五鮮魚店」が2018年にオープンした直営食堂。
漁港近くゆえに鮮度は抜群、ボリューム満点な魚介をリーズナブルな値段で味わうことができる。

たいちょー
朝定食とかなんと甘美な響き(ジュルリ)

鮮魚店の店主自ら調理する地元メシ。
千葉房総メシを味わうにこれほどうってつけのお店はない。

鮮魚店を営む傍らでの営業のため、天候によって仕入れが遅れると仕込みの関係で営業時間が遅れることもあるが、それでも待つ価値は十分ある。

かつうら朝市をぶらりとして買い物を済ませたら、ここで朝飯を食すという選択肢も最高。

千葉県勝浦市に来たら寄り道したい。勝浦朝市に行ってみた

続きを見る

アクセス

アクセス詳細

住所 千葉県勝浦市勝浦25

車 圏央道「市原舞鶴インター」より30.8km(41分)
電車 外房線 勝浦駅「南口」より750m(徒歩10分)

駐車場 2台

駐車場はお店の左手。

徒歩9分ほどにところに無料市営駐車場「墨名市営駐車場(千葉県勝浦市勝浦815-11)」があるので、朝市や商店街をぶらりしながら歩いてくるのがおすすめ。

店内

鮮魚店の一部を食堂に改装した店内。

店内からは鮮魚店の様子もうかがえる。

店内奥に厨房、その手前にレジ、セルフの給水器などが設置されている。
席は3人掛けのテーブル席が3卓。

お店に訪れた芸能人やドラマ「SUMMER NUDE」の登場シーンなどが飾られていた。

SUMMER NUDE

SUMMER NUDEは2013年にフジテレビの月9で放送された、三厨朝日演じる山下智久が主演を務めるドラマ。
谷山波奈江(戸田恵梨香)が千代原夏希(香里奈)を連れていくシーンなどで、「桐畑鮮魚店」として登場。

やまご食堂のメニュー

やまご食堂のメニューはこんな感じ。
※2023年7月1日時点

タップ拡大可

備考

・店内メニューは税抜き価格
・ご飯大盛り、小盛りともに同料金
・ご飯普通盛りからのおかわりは無料
・大盛りからのおかわりは100円

やまご食堂行ってみた

訪問したのは2023年7月1日の7時半。
あいにくの土砂降りで、入荷が遅れ仕込みをしてから営業になるという衝撃の告白を店主より受ける。
奇跡的に目的であったカツオがあるというので、8時前だが店内へと案内される。

たいちょー
天候には恵まれなかったが、食運には恵まれたようだ

席に陣取ると、『かつお刺身』もいいが『かつおタタキ』もおすすめというのでチョイス。

かつおタタキ定食

これが今回チョイスした『かつおタタキ定食』。

漁港のある町で新鮮魚介で朝食とか、もうすでにこのビジュアルだけで旨い。
かつおタタキ、漬物など小鉢3品、ご飯にお吸い物。

そしてサービスでいただいたヒラメのフライ。

まずはお吸い物で咽を潤す。

具材はシンプルに小ネギと岩海苔。
さっぱりした汁に岩海苔の磯の風味が鼻腔をぬける。

かつおタタキは、肉厚なかつおがこれでもかと言わんばかりに盛り付けられている。

たっぶりの刻みネギにミョウガ、千切り生姜がトッピングされ、おろし大根にガリ、つまが添えられている。

さっそくひとくち。

勝浦のカツオの旬は5月~6月、ピークは過ぎているが間違いない。
肉厚もっちりとした口当たりで、噛むほどにカツオの旨味が広がる。

炙りの香ばしい香りと酢醤油での味付けもまたいい。

今度は薬味と一緒に。

生姜の爽やかでほんのりきいた辛み、ミョウガ独特の風味が絶妙にマッチ。
おろし大根がさっぱりとして旨い。

ニンニクも欲しいところだが、朝メシにはこれくらいがちょうどいい。

ふっくら炊き立てご飯がバクバクいける。

たいちょー
ていうかご飯も旨いな

小鉢は漬物、マグロの煮付け、海藻サラダ。

マグロの煮付けは生姜醤油がきいていて、これ単体でも十分な戦力だ。
海藻サラダは中華ドレッシングにゴマたっぷり。

そして何より海藻が旨い。
付け合わせのつまも旨いし、新鮮な海産物は一味違う。

サービスのヒラメのフライも食べてみよう。

ソースをかけ、レモンを絞っていただく。

サクサクの衣に中はふんわりしっとり食感。
もとは刺身で食べるような新鮮なものだけに旨いに決まっている。

ソースにレモン風味がきいて濃厚な味わいに変化、ご飯のすすみ具合は言うまでもない。

ご飯がすすみすぎて、後半足りなくなってしまう。
普段ならば大盛りやおかわり不可避。

〆に吸い物をいただきごちそうさま。

最後に

千葉県勝浦にあるやまご食堂に行ってみた。

勝浦漁港にも近く新鮮な魚介を使用した海鮮丼や刺身定食などが人気。
朝から営業しているので、朝市をめぐって朝飯がてら寄り道するにも最適。

今回は朝定食をいただきに訪問。
肉厚なかつおのタタキがボリューム満点で、旨いおかずで食う飯は最高。

千葉房総ドライブなど、朝飯目当てで立ち寄るのもおすすめだ。

お店詳細

やまご食堂
住所 千葉県勝浦市勝浦25
TEL 0470-73-0506
営業時間 食堂 8:00~13:30/18:00~21:00(休み中)
     鮮魚店 8:00~17:00
定休日 水曜
支払い PayPay利用可
駐車場 2台

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-定食屋・食堂, 食レポ, 魚介・海鮮料理
-, ,