テイクアウト 居酒屋・ダイニングバー 食レポ

【栃木市】チョコレートバーR。バーテンダーの作る生チョコレートをつまみにお酒をいただく

栃木県栃木市にあるCHOCOLATE BAR R(チョコレートバーR)。
バーデンダーの作る本格的な生チョコレートをつまみにお酒のいただけるオシャレなバー。

本格的なカクテルからリーズナブルなワインまで揃い、人気の生チョコレートだけでなく美味しい料理をつまみも味わえる。
今回はそんなCHOCOLATE BAR R(チョコレートバーR)に、スペシャルゲストとともに行ってみた。



CHOCOLATE BAR R(チョコレートバーR)

今回訪問したのは栃木県栃木市平柳町、新栃木駅から徒歩1分の「CHOCOLATE BAR R(チョコレートバーR)」。

2009年9月1日創業の根本夫妻が二人三脚にて営むダイニングバー。
リーズナブルな価格帯で提供する本格的カクテルやワイン、パスタにピザなどの軽食から季節の料理、お酒がススムつまみなどを提供するバー。

20年以上手掛けているバーテンダーの作る本格生チョコが人気で、全国からお取り寄せする人がいるほど。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県栃木市平柳町1-10-14

車 東北道栃木インターより3.1km(7分)
電車 新栃木駅西口より79m

駐車場 共同プロ保険事務所駐車場(平柳町1-11-11)
    ※18時以降のみ利用可

店内

黒を基調としたシックでオシャレな店内。

カウンターに4席、他にも2人掛け、4人掛けのテーブル席が1卓ずつ。

チョコレートバーRのメニュー

チョコレートバーRのメニューはこんな感じ。

メニュー

メイン

チョコレート



チョコレートバーRでコラボ飲み

いつもはソロ活なお店訪問だけど、スペシャルコラボ第二弾で今回もスペシャルゲストに蔵街うずまさんを迎えてチョコレートバーRに行ってみた。

1杯目にチョイスのしたのはグラスワインの白。

前に山椒ぽつぷこおんFUKUROU with Coffeeの店主義達祐未さんにおすすめされて好きになったチョコレートをつまみに飲むワイン。

カモンカエモンにて山椒ぽつぷこおんFUKUROU with Coffeeが限定復活!

もちろんお酒に合わせるのは『手作り生チョコレート』。

スペイサイドモルト』、『ビター62%』、冬季限定『とちおとめ生チョコ』と『ホワイトチョコ』の4つのフレーバー。
※いずれもチョコレートバーRの楽天ショップにて購入可能なので、遠方で訪問できない人は利用してみては?

提供したては冷えてるので固めのため、フォークで刺すと欠けやすいので気をつけよう。
ちなみにちょっと時間をおいてから食べると、ほどよく柔らかくなって濃密さも増すのでおすすめだ。

スペイサイドモルトは、ほんのりビターでまろやかな味わい。
ウイスキー感は強くないので食べやすい。

ホワイトチョコは、口に含むと溶けるようなクリーミーな口当たり。
ミルキーでコクと甘味が濃厚。

ビターは甘さ控えめのしっかりした苦味が大人な一品。

とちおとめ生チョコは、新鮮な朝摘みいちごをカットしたものを1か月かけて水分を抜いたドライとちおとめを使用したもの。
濃厚ないちごの甘みほんのり酸味きいた味わい、ツブツブな果肉感も感じられる贅沢な一品。

たまらず追加オーダー。
チョイスしたのは、『アールグレイ』『カルヴァドス』『バーボン』『フランボワーズ』。

たいちょー
見た目で判別付かないからとメモを付けてくれるこの優しさプライスレス

アールグレイはベルガモットの芳醇な香りが鼻腔を抜ける。
上品な味わいだ。

カルヴァドスはほんのりリンゴの香りが心地よい。
コクのあるチョコレートの風味ともよく合っている。

バーボンはビターな味わいで芳ばしい香りが鼻腔を突き抜ける。
濃厚なめらかで口の中で溶けるよう。

最後にフランボワーズ。
フランボワーズの酸味が絶妙で、独特のクセのある香りや後味も抑えられていて食べやすい。

そしてこれらに合わせるお酒はマルガリータ。

濃厚な味わいに、すっきり爽やかな後味。
塩気塩味がいいアクセントだ。

だが、チョコレートに合わせる一杯としてはチョイスをミスったようだ。

おまけ

オレンジリキュールをお持ち帰りしてみた。

中は16粒入り。

チョコレートに合わせるのは、最近マイブーム中の白のスパークリングワイン。
これがチョコレートに合うんだ。

オレンジピールの香りが広がる一品。
独特の強烈な風味もなく、クセが無くて非常に食べやすい。
ほんのりビターでオレンジの芳醇な香りが爽やか、甘すぎないのもいい。

食と器と家具行ってみた

2022年5月1日、栃木市の小松屋家具にて開催された「食と器と家具」に出店するというので行ってみた。
お店同様に多種多様なチョコレートが揃う。
現物は品質保持のために陳列はされていないため、リストからオーダーするスタイルだ。

今回購入したのは以下の4種類。

購入品

・塩レモンピール(40g)
・抹茶(50g)
。ほうじ茶(50g)
・とちおとめ(40g)

さっそく食べてみよう。
ちなみに抹茶とほうじ茶は訳あり仕様。

とちおとめ

冬季限定のとちおとめ生チョコレート。

フリーズドライしたいちごを使用した一品。
濃厚クリーミーなミルクの風味にいちこの芳醇な香りが広がる。
果肉感も感じられ、甘みとほんのり酸味が絶妙な春を感じる味わいだ。

塩レモンピール

夏季限定の塩レモンピール。

ホワイトチョコをベースにレモンの皮を砂糖で煮込んだレモンピールと塩を合わせた一品。

口に含むとレモンの香りが爽やか。
レモンピールの食感にほんのりビターな甘さと酸味、さらに塩が加わることで甘みが引き立つ。

抹茶

訳あり仕様の抹茶生チョコレート。

北海道産の牛乳とフレッシュな北海道産生乳を使用した無塩バターを使用したホワイトチョコに京都産宇治抹茶を合わせ、さらに表面にも抹茶をまぶした贅沢な一品。

濃密な口当たりのチョコは、抹茶のクセのないフレッシュな香りとほんのりビターなアクセントがきいている。
ミルク感しっかり感じるチョコレートとの相性も抜群だ。

ほうじ茶

訳あり仕様のほうじ茶生チョコレート。

北海道産の牛乳とフレッシュな北海道産生乳を使用した無塩バターを使用したホワイトチョコに無農薬のほうじ茶パウダーを合わせ、表面にはきな粉をまぶした一品。

口に含むときな粉の芳ばしい香りが広がる。
コク深い味わいと丁度良い甘さ、時間差で広がるほうじ茶の香りが後を引く。

最後に

栃木市平柳町、新栃木駅西口前にあるチョコレートバーR。
スペシャルゲストを迎えてのコラボ第二弾で訪問。

シックでオシャレな店内、バーテンダーの作る本格チョコレートをつまみにお酒がいただける栃木市内唯一のお店。
落ち着いた雰囲気なので、一人飲み、デートなどにもよさそうだ。

チョコレートはお持ち帰りもできるので、ちょっとしたお土産用に購入での訪問もおすすめ。

お店詳細

チョコレートバーR
住所 栃木県栃木市平柳町1-10-14
TEL 0282-51-6095
営業時間 21:00~24:00(LO23:00)
定休日 木曜日

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-テイクアウト, 居酒屋・ダイニングバー, 食レポ
-, , , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.