ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木宇都宮】鶏白湯ラーメンぱいず本店。ジビエの馬鹿'sハウスの新ブランドは鶏白湯系専門店

栃木県宇都宮市にある「鶏白湯ラーメンぱいず本店」。

その名の通り、鶏白湯系をメインに提供するラーメン店。
ジビエ料理が人気な創作居酒屋の馬鹿'sハウスが新ブランドとして立ち上げたお店。

ラーメンジャンルでは鶏白湯系にハマった時期もあったほどの好きなジャンルだ。
果たしてどんな一杯に出会えるのか?
さっそく「鶏白湯ラーメンぱいず本店」に行ってみた。



鶏白湯ラーメンぱいず本店

今回訪問したのは栃木県宇都宮市東町、奥州街道沿いにある「鶏白湯ラーメンぱいず本店」。

2021年7月15日にオーブンしたこのお店、同宇都宮市内にあるジビエ料理をメインに提供する創作居酒屋「馬鹿'sハウス」のセカンドブランド。

ジビエ料理に精通したその技術を生かし、高圧で鶏ガラを煮出した臭みの無い旨味だけを抽出したスープを使用した一杯を提供する。
お店の名前の由来は「鶏白湯ラーメンを馬鹿'sがやる」というところからきているそうだ。

提供するラーメンはシンプルに鶏白湯ラーメン(塩・醤油)とつけ麺のみ。

ヘルシーなので女性や、鶏白湯好きをメインターゲットに絞った、特化型ラーメン店。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県宇都宮市東町37-1

車 東北道宇都宮インターより11.6km(21分)
電車 JR宇都宮駅より2.8km

駐車場 10台

駐車場は店舗正面に斜め停め3台、左手砂利の駐車場に7台ほど駐車可能。

店内

白を基調とした清潔感のあるこじんまりとした店内。

4人掛けのテーブル席が2卓、2人掛け1卓。
右手窓際にはカウンター席が4席。

さらに奥側厨房前にもカウンター席が2卓とほどよくキャパがある。

お店入ってすぐの右手に券売機。
紙幣は1,000円札のみ対応。

備え付けはこんな感じ。

鶏白湯ラーメンぱいず本店のメニュー

鶏白湯ラーメンぱいず本店のメニューはこんな感じ。

メニュー

ラーメン
・鶏白湯(塩・醤油) 860円
・鶏白湯味玉のせ(塩・醤油) 960円
・鶏白湯鶏チャーシューメン(塩・醤油) 1,060円
・鶏白湯全部のせ(塩・醤油) 1,200円

つけ麺
・鶏白湯つけ麺 880円
・つけ麺大盛 980円
・つけ麺特盛 1,080円

トッピング
・鶏チャーシュー3枚 300円
・ほうれん草 100円
・味玉 100円
・のり 100円
・玉ねぎ 100円

ご飯もの
・ライス小 100円
・ライス大 200円
・鶏チャーシュー丼 380円

一品もの
・ぎょうざ5個 320円
・唐揚げ 350円

ランチ限定
・餃子セット 1,000円
・唐揚セット 1,000円
・鶏チャーシュー丼セット 1,000円

ドリンク
・コーラ 200円
・オレンジ 200円
・ウーロン 200円
・ジンジャーエール 200円
・角ハイボールレモンサワー 390円
・瓶ビール 500円

現金会計
・ぱいずの和え玉 250円



鶏白湯ラーメンぱいず本店行ってみた

訪問したのは1月15日14時頃。
先客1名、後客1組2名。

食券を購入するとカウンターに陣取り待つこと5分。
お待ちかねの品の登場だ。

鶏白湯塩 全部のせ

今回チョイスしたのは鶏白湯塩の全部のせ。

鶏白湯全部のせ(塩) 1,200円

トッピングは、鶏チャーシュー3枚、味玉半切り1個分、穂先メンマ、刻み玉ねぎ、カイワレ、ほうれん草、糸唐辛子、海苔2枚。
さらに別添えでおろし生姜。

まずはスープからひとくち。

スープは微濁系で表面は黄金色の鶏油が覆う。
ほどよい濃度のスープはさらりと口当たりがよく、それでいてクセのない濃厚な鶏の旨味が広がる。
塩気が旨味を引き立たせ、コク深い味わいと甘い余韻が後を引く。

続いて麺をいただこう。

プリパツ食感な細麺ストレートで、スープの絡みもよい。
心地良い噛み応えと、スルスルと通るのど越し感もよい。

鶏チャーシューはどうだろう。

1枚1枚のサイズは若干小ぶり。
柔らかしっとりで噛むほどに旨味があふれる。

味玉は、尚仁沢から仕入れた卵を使用しているという。

黄身は極とろ、コク旨で味付けも絶妙。
この味玉なら無限に食える。

穂先メンマはほんのりゴマ油のような芳ばしい風味が広がる。
タマネギはピリッとした辛みがきいていて、シャキシャキと瑞々しい食感が良いアクセント。

さて今度は別添えのおろし生姜加えてみよう。

生姜の風味が鶏の旨味を引き立てる。
ほんのりビターな味わいがコク感をブースト。

おろし生姜最初から投入アリだな。

ぱいずの和え玉

さて〆はやはり和え玉だろう。

ぱいずの和え玉 250円

細麺に刻み玉ねぎ、ツナがトッピング。
底のかえしと鶏油を絡めていただこう。

キレある醤油の風味に濃厚でコクある鶏油の旨味が絡みつく。
備え付けのブラックペッパーを合わせると、スパイシーさがまたよくマッチしている。

つけ麺風に食べたり、残ったスープにドボンして食べてもいい。
スープと合わさると、カエシの風味で鶏白湯の旨味もさらに引き立つ。

カエシ合わさるスープは、先ほどの比ではないほどに完飲を誘う。

最後に

栃木県宇都宮市にある鶏白湯ラーメンぱいずに行ってみた。

鶏白湯専門店だけに、メインメニューはすべて鶏白湯と、鶏白湯マニアにはたまらなそう。
鶏だけにヘルシーなので、女性にも人気なようだ。

濃厚すぎず、それでいて鶏の旨味をしっかり感じられる一杯だった。
塩もいいが、次回訪問時には醤油を試してみよう。

お店詳細

鶏白湯ラーメンぱいす
住所 栃木県宇都宮市東町37-1
TEL 028-662-0080
営業時間 11:00〜15:00/17:00〜21:00
定休日 月曜

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.