料理してみた 料理レシピ

シチリアの伝統料理『パスタ・コン・レ・サルデ』。絶品ご当地系いわしのパスタがクセになる

イタリアには日本人が知らない絶品パスタがまだまだ沢山存在する。
パスタ・コン・レ・サルデもそのひとつ。

シチリアのパレモルの郷土料理として長年親しまれてきたご当地系パスタ。
港町ならではの新鮮なイワシの他に干しブドウやパン粉などを使った特徴的な一品。
また、シチリア発祥の中心が空洞のパスタ「ブカティーニ」が広く使われているのも特徴。

今回はブカティーニでパスタ・コン・レ・サルデを作ってみた。



パスタ・コン・レ・サルデ

パスタ・コン・レ・サルデ。

シチリア島の北西部にあるパレルモの伝統的な郷土料理。
アラブ統治時代に生まれたと言われ、数々の歴史的な文化を融合させた国際色豊かな文化が生み出したシチリアらしさあふれるパスタ。

およそ1000年もの間愛されてきた料理で、シチリアで食べるべき料理のひとつにも数えられるほど。

「サルデ」とはイワシを意味し、地域性を生かしたイワシが主役のパスタ、それがパスタ・コン・レ・サルデ。
さらに干しブドウやフェンネル(ういきょう)リーフ、貧乏人のチーズと呼ばれるかつてはチーズの代用として使われていたパン粉を香ばしく炒ったものをかけて食べるのが特徴的。

パスタ・コン・レ・サルデ作ってみた

用意した材料はこんな感じ。

材料

・ブカティーニ 160g
・サフラン 0.2g
・フェンネルリーフ 1枝
・オイルサーディン 1缶
・オリーブオイル 大さじ1
・にんにく 1片
・輪切り唐辛子 少々
・干しぶどう 10~15粒
・松の実 5g
・パン粉 適量
・トマトペースト 小さじ2

生のいわしを使うのは面倒なので、今回はオイルサーディンをメインに作ってみた。
フェンネルは手に入らなかったので、イタリアンパセリで代用。

輪切り唐辛子も切らしていたので一味唐辛子を小さじ1/3ほど使用した。

作り方はこんな感じ。

手順

  1. 1リットルあたり10gほどの塩を入れた熱湯で7、8分ほどパスタを茹でる
  2. パン粉をフライパンで小麦色になるまで炒っておく
  3. フライパンにオリーブオイルを熱しみじん切りにしたニンニクと唐辛子を炒める
  4. さらに適当にカットしたフェンネル、サフラン、オイルサーディン、干しブドウ、松の実、トマトペーストを投入
  5. とろみが出てくるまで煮詰めたらパスタを素早く絡める
  6. 仕上げにパン粉たっぷりと残しておいたフェンネルをトッピングしオリーブオイルを回しかければ完成

さっそく作ってみよう。

まずはたっぷりの熱湯に1リットルあたり10gの塩を入れて8分ほどパスタを茹でる。
普通のパスタより硬めなので小さい鍋だと苦戦するので大きめな鍋を使うのがおすすめ。

パン粉をフライパンで香ばしく炒っておく。

フライパンにオリーブオイルを熱し、刻みニンニク、唐辛子を炒めて風味付けする。

そこに適当にカットしたイタリアンパセリ(本来はフェンネルリーフ)、サフラン、オイルサーディンをオイルごと全部、干しぶどう、松の実、トマトペーストを投入してとろみが出るまで煮詰める。

とろみが出たらパスタを投入してすばやく絡める。

皿に盛り付け、パン粉をたっぷりふりかけ、残しておいたイタリアンパセリをトッピング。
最後にオリーブオイルを回しかければ完成。



パスタ・コン・レ・サルデ食べてみた

完成したのがこれ。

パン粉をもっと炒めておくべきだったがまぁいいだろう。
オリーブオイルの爽やかな香り、パン粉の芳ばしさ、オイルサーディンの芳醇な香りが鼻腔を抜ける。

もっちりとコシのあるパスタの食感が特徴的。
魚の濃厚な旨味、香草の風味で魚感が和らぎマイルドな味わい。

パン粉のザクザク感が絶妙な食べ応え感を演出する無くてはならない存在感。
干しぶどうの甘みがアクセントにちょうどいい。

後半になるとパン後が旨味を吸収して、たまらなく旨い。

最後に

シチリアの伝統料理『パスタ・コン・レ・サルデ作ってみた。

若干必要な材料を集めるのに苦労するが、こんなご時世だからなかなか海外旅行も厳しいので気分だけでも味わいたい、なんて時におすすめ。

本来は生のイワシを使うのが定番だが、オイルサーディンを使うと手軽に出来るのがいい。
是非そのヤミツキになる味を堪能して欲しい。

2024/2/23

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁リメイク

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁を再利用したら旨すぎた 炊き込みご飯、醤油の芳ばしい香り、素材の旨味染みたご飯を具材とともに味わう。 日本が産んだ究極のご飯料理のひとつ。 古くは奈良時代に遡り(諸説あり)、当時、米不足を補うために粟や麦などの穀物や硬果類を加えて食べていた『糅めし かてめし』が始まりだとされる。 その後、食が豊かになった江戸時代中期以降には季節の具材を初めとした様々な具材を使用した炊き込みご飯が誕生。 現在も地域の特色を生かした郷土料理としての炊き込みご飯が全国に存在する ...

ReadMore

2024/2/22

自家製ガーリックオイル。料理にプラスすると一味違う万能調味料

パスタやピザに加えたり、サラダなどにかけるだけで料理のおいしさがアップする万能調味料『ガーリックオイル(ニンニクオイル)』。 細かく刻んだニンニクをオイルに加え、風味を移すだけの簡単だけど、切り方や使うオイルでまったく別の姿を見せる。 簡単そうで奥が深い調味料。 古くは古代エジプト時代からから食べられていたニンニク、栄養価が高く体力の維持に重宝されていた。 またニンニク含まれる主成分「アリシン」は強い殺菌作用があることから保存食に利用されるだけでなく、免疫力の増強やガン予防にも効果が期待される。 さらにア ...

ReadMore

2024/2/22

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。
濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる。
シャキシャキレタスに濃厚ドレッシングが後を引く。
ライムがガツンと効いていて実にメキシコらしいじゃないか。
#シーザーサラダ
#シーザーズプレイス
#料理

ReadMore

2024/2/18

【駄菓子】いかフライ丼。おつまみ駄菓子のいかフライで丼物つくったら存在消えた件

おつまみ系駄菓子の『いかフライ』を知っているだろうか? イカの姿を模した珍味の揚げ物、通称『イカフライ』。 昭和30年代に誕生したこの駄菓子系おつまみは、乾燥イカを小麦粉などを使用してイカの姿に型どりカラッと揚げた、サクサクでイカの風味を感じる香ばしいスナックのこと。 全国に11の企業(2021年時点)が同様の商品を販売、うち9社が広島にあるという。 揚げ物文化の関西だからこそ生まれたといっても過言ではない。 そんな『いかフライ』で最もメジャーなのが、珍味といえばその筆頭に名を連ねる『なとり』。 なとりっ ...

ReadMore

2024/2/18

【料理】塩肉じゃが。あっさり塩味に煮汁まで完飲したくなる

定番の肉じゃがに飽きた時には、ちょっといつもと違った『塩肉じゃが』なんてどうだろう? あっさり塩味に野菜の旨みもしっかり、ホクホクじゃがいもが旨くて後を引く。 旨み溶け出した煮汁が美味しくて、思わず飲み干したくなる。 さっそく塩肉じゃがつくってみよう。 塩肉じゃが 用意した材料はこんな感じ。 作り方 じゃがいもは丸めたアルミホイルでこすって皮を適当に剥いたら、一口大にカットする。 にんじんを乱切り、玉ねぎは7mm程度にスライスしておく。 ごぼうも丸めたアルミホイルで軽くこすり洗いし。斜め切りにしておく。 ...

ReadMore

2024/2/12

キノコとほうれん草のホワイトクリームシチュー。濃厚なコクと野菜の甘みと鶏肉の旨味がたまらない

寒い季節にはシチューが旨い。 キノコにほうれん草、じゃがいもにんじん、鶏肉とたっぷり具材をコトコト煮込んだ、濃厚クリーミーで旨味溶け出すホワイトソースを使用したクリームシチュー。 ※以後ホワイトクリームシチュー クリームシチューの材料であるホワイトソースは、大雑把に言えばフランス料理でいうところのベシャメルソースを意味する。 となれば西洋料理と位置付けられそうではあるが、実は西洋料理を参考に日本で独自に誕生したシチュー。 ご飯のおかずとして最適なようにカスタマイズされた料理なのだがら、ご飯で食べるべきパン ...

ReadMore

2024/2/11

【公式レシピ】富士そばのカツ丼タレ。カツ丼特化の簡単旨いタレがあればカツ丼が捗る

立ち食いそば屋の名代富士そばの人気メニューのひとつ『カツ丼』のタレの作り方が公開されている。 これが簡単に作れて美味しいという最高のタレだった。 公式でも明言しているが、色んなものを煮込んで楽しむことのできるタレだという。 今回はそんな富士そばのカツ丼タレを作り、色々と煮込んでみた。 名代富士そば 都内を中心に関東圏に展開する立ち食いそば屋の名代富士そば。 前身となる「そば清」を1966年に創業。 1972年にダイタンフードの設立にともない、本格的に立ち食いそば事業に専念、いまや都内87店舗、埼玉6店舗、 ...

ReadMore

2024/2/10

飲む点滴『甘酒』。日本の伝統甘味飲料を酒粕から作ってみた

日本の伝統的な甘味飲料のひとつ甘酒。 飲む点滴と呼ばれる甘酒は、豊富な栄養素とぶどう糖を含み、それらが点滴とほぼ同じ構成であることが所以。 冬には身体が温まり風邪の予防に、夏場は冷たくし生姜をきかせてさっぱりと味わっても美味しい。 近年は麹を使用したノンアルコールが主流だが、やはり伝統的な作り方は酒粕(※アルコールが約8%残存)を使用したもの。 今回は昔ながらの酒粕から作る甘酒を作ってみた。 ※自作だとアルコールの残存量不明のため注意 酒粕からつくる甘酒 さっそく用意した材料はこんな感じ。 作り方 鍋に水 ...

ReadMore

2024/2/11

【駄菓子】ビッグカツ煮。ふんわり卵とミツバと富士そばのカツ丼タレでつくる甘辛なカツ煮風

ビッグカツを使ったカツ煮が旨すぎてやばい。 富士そばのかつ丼タレを使えば簡単だし、ビッグカツだけにコスパも最強。 これで旨いというんだから困ったものだ。 今回はそんな富士そばのカツ丼タレでビッグカツ煮を作ってみた。 富士そばカツ丼タレでつくるビッグカツ煮 用意した材料はこれだけ。 しっかり煮込むので味が濃くなるのもあるが、それ単体で食べるので甘さがクドならないように砂糖は控えめにしてある。 作り方 ビッグカツを4等分にカット、ミツバは4cm幅にカットしておく。 卵は軽く混ぜ合わせておく。 フライパンに砂糖 ...

ReadMore

2024/2/11

富士そばのカツ丼タレでつくるビッグカツ丼。富士そばの美味しいカツ丼の作り方を参考に作ってみた

ビッグカツ、それはスグル食品の販売する30円(1970年代誕生より変わらず)で食べることのできるとんかつ風の駄菓子。 スケトウダラの魚肉すり身シート、通称「プッチン」に衣をつけて揚げ、ソースで味付けしたものの総称だ。 そのビッグカツを使用した、『ビッグカツ丼』が想像を超える美味しさで話題だ。 その再燃に一役買ったのが、都内を中心に展開するそば屋「名代富士そば」。 時折ぶっ飛んだ限定メニューを登場させることでも有名で、そんな富士そばの公式Xで1月に「美味しいカツ丼の作り方」を公開。 大量のビッグカツ画像とと ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-,