料理してみた 料理レシピ

シチリアの伝統料理『パスタ・コン・レ・サルデ』。絶品ご当地系いわしのパスタがクセになる

イタリアには日本人が知らない絶品パスタがまだまだ沢山存在する。
パスタ・コン・レ・サルデもそのひとつ。

シチリアのパレモルの郷土料理として長年親しまれてきたご当地系パスタ。
港町ならではの新鮮なイワシの他に干しブドウやパン粉などを使った特徴的な一品。
また、シチリア発祥の中心が空洞のパスタ「ブカティーニ」が広く使われているのも特徴。

今回はブカティーニでパスタ・コン・レ・サルデを作ってみた。



パスタ・コン・レ・サルデ

パスタ・コン・レ・サルデ。

シチリア島の北西部にあるパレルモの伝統的な郷土料理。
アラブ統治時代に生まれたと言われ、数々の歴史的な文化を融合させた国際色豊かな文化が生み出したシチリアらしさあふれるパスタ。

およそ1000年もの間愛されてきた料理で、シチリアで食べるべき料理のひとつにも数えられるほど。

「サルデ」とはイワシを意味し、地域性を生かしたイワシが主役のパスタ、それがパスタ・コン・レ・サルデ。
さらに干しブドウやフェンネル(ういきょう)リーフ、貧乏人のチーズと呼ばれるかつてはチーズの代用として使われていたパン粉を香ばしく炒ったものをかけて食べるのが特徴的。

パスタ・コン・レ・サルデ作ってみた

用意した材料はこんな感じ。

材料

・ブカティーニ 160g
・サフラン 0.2g
・フェンネルリーフ 1枝
・オイルサーディン 1缶
・オリーブオイル 大さじ1
・にんにく 1片
・輪切り唐辛子 少々
・干しぶどう 10~15粒
・松の実 5g
・パン粉 適量
・トマトペースト 小さじ2

生のいわしを使うのは面倒なので、今回はオイルサーディンをメインに作ってみた。
フェンネルは手に入らなかったので、イタリアンパセリで代用。

輪切り唐辛子も切らしていたので一味唐辛子を小さじ1/3ほど使用した。

作り方はこんな感じ。

手順

  1. 1リットルあたり10gほどの塩を入れた熱湯で7、8分ほどパスタを茹でる
  2. パン粉をフライパンで小麦色になるまで炒っておく
  3. フライパンにオリーブオイルを熱しみじん切りにしたニンニクと唐辛子を炒める
  4. さらに適当にカットしたフェンネル、サフラン、オイルサーディン、干しブドウ、松の実、トマトペーストを投入
  5. とろみが出てくるまで煮詰めたらパスタを素早く絡める
  6. 仕上げにパン粉たっぷりと残しておいたフェンネルをトッピングしオリーブオイルを回しかければ完成

さっそく作ってみよう。

まずはたっぷりの熱湯に1リットルあたり10gの塩を入れて8分ほどパスタを茹でる。
普通のパスタより硬めなので小さい鍋だと苦戦するので大きめな鍋を使うのがおすすめ。

パン粉をフライパンで香ばしく炒っておく。

フライパンにオリーブオイルを熱し、刻みニンニク、唐辛子を炒めて風味付けする。

そこに適当にカットしたイタリアンパセリ(本来はフェンネルリーフ)、サフラン、オイルサーディンをオイルごと全部、干しぶどう、松の実、トマトペーストを投入してとろみが出るまで煮詰める。

とろみが出たらパスタを投入してすばやく絡める。

皿に盛り付け、パン粉をたっぷりふりかけ、残しておいたイタリアンパセリをトッピング。
最後にオリーブオイルを回しかければ完成。



パスタ・コン・レ・サルデ食べてみた

完成したのがこれ。

パン粉をもっと炒めておくべきだったがまぁいいだろう。
オリーブオイルの爽やかな香り、パン粉の芳ばしさ、オイルサーディンの芳醇な香りが鼻腔を抜ける。

もっちりとコシのあるパスタの食感が特徴的。
魚の濃厚な旨味、香草の風味で魚感が和らぎマイルドな味わい。

パン粉のザクザク感が絶妙な食べ応え感を演出する無くてはならない存在感。
干しぶどうの甘みがアクセントにちょうどいい。

後半になるとパン後が旨味を吸収して、たまらなく旨い。

最後に

シチリアの伝統料理『パスタ・コン・レ・サルデ作ってみた。

若干必要な材料を集めるのに苦労するが、こんなご時世だからなかなか海外旅行も厳しいので気分だけでも味わいたい、なんて時におすすめ。

本来は生のイワシを使うのが定番だが、オイルサーディンを使うと手軽に出来るのがいい。
是非そのヤミツキになる味を堪能して欲しい。

2022/4/26

さいももさんの「ガリ丼」。寿司屋バイト時代にまかないで好きだったという謎の丼再現してみた

斉藤百香さんが寿司屋バイト時代にあまりに好きすぎて、まかないでいつも食べていたという『ガリ丼』。 スーパーで岩下の新生姜を物色していた時に、ふと前にNACK5のラジオ番組内で、話していたのを思い出して無性に食べてみたくなった。 インターネッツの大海原を世界の果てを目指して漕ぎだすも、まったくその片鱗すらのぞくこと叶わなかった伝説の丼もの。 そこは知恵と創意工夫でなんとかなる。 つまるところ想像で作ってみた。 目次(タップできる)さいももさんの愛すべきガリ丼材料作り方食べてみた最後に さいももさんの愛すべき ...

ReadMore

2022/4/10

アボカドソースのステーキライス。ソースが旨くて肉が無限に食える!!

アボカドソースのステーキライス作ってみた。 料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がテキトーランチと題してSNSにアップした一品。 これがアボカドソースが旨過ぎて、ステーキが無限に食えるんじゃないかと思うほどの抜群の相性だった。 目次(タップできる)アボカドソースのステーキライス作り方アボカドソースが旨くて肉無限に食える最後に アボカドソースのステーキライス 今回作るのは、料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がテキトーランチと題してSNSにアップしたアボカドソースのステーキライス ...

ReadMore

2022/3/23

白菜が無限に食える!!とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース

白菜が無限に食える!!「とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース」。 料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)が大好きなお店で食べた料理を再現したという一品だ。 ツイートを観てあまりにうまそげだったので、さっそく作ってみた。 これが無限白菜と言ってもいいくらいに白菜が旨くてヤバかった。 目次(タップできる)とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソースレシピ作り方白菜が無限に食える!!〆はリゾット風に最後に とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース 今回作るのは、料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がツイ ...

ReadMore

2022/3/21

岩下の新生姜まぜ飯おむすび。簡単混ぜるだけでヤミツキになる旨さ

セブンイレブンで2週間限定で特定店舗のみで試験販売された『岩下の新生姜混ぜ飯おむすび』。 県内20店舗近くを巡ったが残念ながらゲットすることができなかった、今となっては伝説(今後商品化するかは不明)の商品。 岩下の新生姜好きとしてはその味是非とも味わってみたい。 ということでセブンイレブンで手に入る材料縛りで作ってみた。 目次(タップできる)岩下の新生姜混ぜ飯おむすびレシピ作り方新生姜の風味に茎わかめの食感がクセになる最後に 岩下の新生姜混ぜ飯おむすび 岩下の新生姜混ぜ飯おむすびは、3月上旬に2週間限定で ...

ReadMore

2022/3/21

【栃木小山】一品香城東店『魅惑の肉脂』。アレンジ無限大の至高のお土産&店内トッピング

栃木県小山市の至宝「一品香城東店」でとんでもないお土産メニューが誕生した。 その名は『魅惑の肉脂』。 コロナ禍の中、「月曜夜のマル秘」としてスタートした月曜夜のお土産販売営業。 お土産営業だけの丼もの販売として2021年年末に終了したシリーズだが、2022年2月に装いも新たに『新月曜夜のマル秘』として復活。 通常営業下でも提供できるものとして誕生したのが、一品香城東店しんぺー氏発案の特製旨トロ肉脂『魅惑の肉脂』。 これが想像を超えるアレンジ無限大の至高の一品だった。 目次(タップできる)一品香城東店『魅惑 ...

ReadMore

2022/3/20

【再現料理】セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼

セブンイレブンの『がっつり炙り焼きソーセージのおむすび』を知っているだろうか? 甘辛なテリヤキソーで味付けされたジューシーな肉厚ソーセージにガーリックマヨネーズ、スパイシーな黒胡椒ご飯が後を引く、人気の定番おむすびだ。 実は平日昼はほぼ毎日のようにこればっかり食べてるくらいにマイブームの一品。 あれが家で作れたら好きなだけ食べられて最高なのに。 ということで再現してみた。 目次(タップできる)セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼最後に セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼 『がっつ ...

ReadMore

2022/2/22

【しもつかれアレンジ】パスタ・コン・レ・シモツカレ。栃木の郷土料理をシチリア料理にアレンジしてみた

しもつかれをアレンジして『パスタ・コン・レ・サルデ』ならぬ『パスタ・コン・レ・シモツカレ』作ってみた。 栃木県の郷土料理がまさのシチリア料理にクラスチェンジ。 これが想像した以上に旨くて、しもつかれの新たな可能性を感じる一品だった。 さっそく作ってみよう。 目次(タップできる)パスタ・コン・レ・シモツカレ手順食べてみた最後に パスタ・コン・レ・シモツカレ 用意した材料はこんな感じ。 レシピ ・ブカティーニ 160g ・サフラン 0.2g ・イタリアンパセリ 1パック ・しもつかれ 1/2袋 ・オリーブオイ ...

ReadMore

2022/2/20

大根たっぷり豚の角煮。大根が主役級に旨くて箸が止まらない!

煮汁をたっぷり吸って柔らかトロトロになった角煮、その旨味をすべて吸収した大根、想像するだけでヨダレが止まらなくなりそうなパワーワードのオンパレードだ。 これまで角煮と言えば、豚肉と煮卵というイメージだったが、大根を加えるとメインの角煮を差し置いてそれだで無限にご飯が食える最強の一品に仕上がるという。 そんな情報をたまたまアナウンサーの山﨑さん(@yurie_yamazaki8)のツイートで拝見、そのあまりの旨さに居ても立っても居られなくなりさっそく作ってみることにした。 時は2022年2月9日、肉の日であ ...

ReadMore

2022/2/19

ハンバーグやステーキに合う『しもつかれ風おろしソース』作ってみた

しもつかれウイーク2022も終了し、なんだかしもつかれロス気分な今日この頃。 無性にハンバーグが食べたくなったけど、よくよく考えてみたらハンバーグにかけるソースが無いじゃないか。 子供の頃はウスターソース1本ですべて戦えたが、大人になった今となってはウスターソースだけでは戦えない。 ハンバーグはやっぱり玉ねぎおろし醤油のソースに限る派の星の人なので、この如何ともしがたい状況を打開するにはあれしかない!! そう自作だ。 でも普通のソースを作っても面白くない、そうだしもつかれをインスパイアしたソースなんてどう ...

ReadMore

2022/2/14

2月14日は煮干しの日。中沢製麺×めんや天夢『きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し中華そば』

2月14日は煮干しの日。 煮干しといえば「めんや天夢」。 昨年人気のうちに完売した中沢製麺×めんや天夢コラボなお土産ラーメン『きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し中華そば』。 今や伝説となってしまった小山駅きそば、その小山駅きそばのめんつゆを使用し、天夢流にアレンジを加えたという究極の煮干し中華そばだ。 これほど煮干しの日にふさわしい一品はない。 ということでさっそく作ってみよう。 目次(タップできる)きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し中華そば作り方食べてみた最後に きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.