料理してみた 料理レシピ

これが正真正銘の納豆卵かけご飯。本場水戸流で食べたら完全に別格だった

納豆たまごかけご飯。
その本当の食べ方を知っているだろうか?

納豆に生卵を混ぜてご飯にかけて食べる?納豆ご飯に卵の黄身を後乗せ?いやいや、本当の納豆たまごかけご飯は完全に別物だった。

今回は納豆の本場水戸市で食べられている本当の納豆たまごかけご飯に挑戦してみた。



納豆たまごかけご飯

納豆たまごかけご飯は、納豆の発酵した旨味に生卵のコク感がクセになる絶品ご飯のお供。
納豆たまごかけご飯自体を食べたことが無い?

それは人生損をしていたな(言い過ぎ)。
※体質的に食べられない人は除く

実はこれまで当たり前と思って食べていた納豆たまごかけご飯が全然間違っているとしたらどうだろう?
これが納豆の本場水戸流の食べ方では完全に別の食べ物だった。

納豆たまごかけご飯に準備する材料はこんな感じ。

材料

・ご飯 1杯分
・生卵 1個
・納豆 2個
・お好みのタレ
・お好みのトッピング

まずはご飯でたまごかけご飯をつくる。

ご飯がふんわりとしてくるまでしっかりと混ぜ合わせる。

次に納豆を2つ投入し、しっかり混ぜ合わせる。

混ぜ合わせるほどに空気を含んでふんわりとしてくる。
崔志やう的に1.5倍くらいまで膨らんだら完成だ。

あとは醤油やタレなどお好みの味付けをして食べるだけ。

完全に別格の味だった

今回は醤油で味付け、青のり、鰹節をトッピングしてみた。
なんだかお好み焼きみたいな見た目で美味そうだ。

さっそくひとくち。

空気を十分含んでいるでふんわりとした食感に、まるでとろろを食べているかのようなのど越し感。
普通に食べるよりも納豆の旨味が引き立つ。

これまで食べてきた納豆たまごかけご飯とは似ても似つかない、この食感に旨味はなんだ!?
見た目こそアレだが、今後はもうこれ以外考えられない。

辛党常備の調味料『粗切りトウガラシ』を混ぜて食べても美味い。

調味料やトッピングで自分好みにアレンジできるのも楽しさのひとつ。

最後に

納豆の本場、茨城水戸流の納豆たまごかけご飯を作ってみた。
これまで食べてきたものも美味かったが、これはもう完全に別格の食感と美味さ。

さすが本場水戸流。
今後はもうこれ以外の食べ方は考えられない、それほどの衝撃だった。

レビューまとめ

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた, 料理レシピ
-

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.