ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木さくら市】サクラ ソバストア(SAKURA SOBASTORE)。あのバードメン店主が営む新たなお店

栃木県さくら市のフィオーレ喜連川エリア内にラーメン店「サクラ ソバストア(SAKURA SOBASTORE)」がオープンした。

あの惜しまれつつも閉店した、宇都宮バードメンの店主の営む新たなお店。
2020年9月20日に再オープンを果たし、初日から行列ができにぎわった。

今回はそんな「サクラ ソバストア(SAKURA SOBASTORE)」に限定の一杯を求めて訪問してみた。



サクラ ソバストア(SAKURA SOBASTORE)

ここが今回訪問した「サクラ ソバストア(SAKURA SOBASTORE)」。

宇都宮市で惜しまれつつも閉店したバードメンが氏家の焼肉屋にて間借り店(SAKURA SOBASTORE Bird of Passage)としての営業を経て、2020年9月20日についに新たな店舗にて再スタートを果たしたお店。

お店のあるフィオーレ喜連川は温泉付き住宅地という一風変わったエリアだが、そんな中に佇む一軒の建物。
それはまるで別荘地の喫茶店かカフェといった外観。

実はここ、元はレストランだった。
鶏と煮干と限定ラーメン、和え玉をメインに提供する無化調ラーメン店。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県さくら市フィオーレ喜連川3-1-1

車 東北道矢板インターより10.8km(およそ15分)
電車 JR氏家駅よりバス(びゅうフォレスト北)にて23分フィオーレガーデン前下車、徒歩1分

駐車場 店舗前共用4台、第2に10~15台

店舗横に農産物直売所との共用駐車場が4台。

100mほど離れた場所(駐車場ののぼりあり)に10~15台ほど駐車可能。

店内

建物左手にはかつてのレストランの名残かオープンテラス席もある。
まぁここで飲食可能なのかは謎だが。

店内入ると正面に左奥側に厨房。
右で窓際4人掛けのテーブル席が2卓、左手窓際に4人掛けのテープル席が2卓と6人掛けのテーブル席が1卓。
カウンター席はないようだ。

白を基調とした店内、天井吹き抜けにシャンデリアなどとてもおしゃれ。
シーリングファンに壁には大きな窓があり空気の流れもよさそうだ。

備え付けはコショウ、花椒、一味、煮干酢、昆布ライムビネガーなどとカスタマイズがはかどりそうだ。

サクラ ソバストアのメニュー

サクラ ソバストア(SAKURA SOBASTORE)のメニューはこんな感じ。

裏メニュー
牡蠣煮干 950円

オープン期間中はアブラソバの部は封印されている。
お店に慣れたら再開するそうだ。



限定 鮟肝煮干そば食べてみた

訪問したのはオープン2日目。
40分前に訪問で先客は3名、オープン間際で後客6名ほど、帰る頃には外待ちが10名を超えていた。

今回チョイスしたのは、限定メニュー「鮟肝煮干そば」。

限定 鮟肝煮干そば 850円

見るからに濃厚そうなあん肝さ加減の色味。
トッピングはレアチャーシュー、ミツバ、刻み玉ねぎ、ネギ。

まずはスープからひとくち。

あん肝のクリーミーな舌触り、クセもなくまろやかな風味。
塩気しっかりでほんのり酸味のようものを感じる。
さらに煮干が合わせられているので風味豊かでコク深い味わいだ。

続いて麺をひと啜り。

濃厚なスープは絡み抜群。
プリパツな食感心地よい細麺で、のど越し感も心地よい。
なかなかの濃厚さ加減だが、玉ねぎのさっぱり感、ミツバの風味がよいアクセントになっていて飽きさせない。

レアチャーシューはしっとり柔らかでこれまた美味い。

そして禁完飲してるのに我慢できずに飲んでしまうほど罪深いやつ。

牡蠣ペーストの和え玉

そしてもう一品にチョイスしたのは「牡蠣ペーストの和え玉」。

たっぷりの牡蠣ペーストに角切りチャーシュー、刻み玉ねぎ、節粉がトッピングされている。

クセのない芳醇な牡蠣の香りが広がる。
さっそく底のタレと一緒にしっかり混ぜ合わせたらひとくち。

牡蠣の香りが鼻腔を突き抜ける。
濃厚な牡蠣の旨味が広がり、箸を持つ手が止まらない。
ほんのりビターな風味に醤油ダレの風味が相まってコク感ハンパない。

あん肝スープに浸して食べてみると、牡蠣の風味がさらに引き立つ。

スープインもいいけど、これはそのままで食べるのが一番うまいな。

最後に

2020年9月20日にさくら市にてリスタートしたサクラソバストア。

宇都宮から氏家、さくら市とどんどん遠くなってしまい気軽に訪問というわけにはいかなくなった。
栃木市から60kmほどあり一般道で1時間半以上かかるけど、そこまでして来る価値のある一杯を堪能できた。

肝心の通常メニューを食べてないけど、限定あん肝とか言われたら我慢できるはずがない。
濃厚なあん肝の風味がヤミツキになる美味さは、これを選んで正解だったと思わせる。

そして追加の牡蠣ペーストの和え玉も濃厚でクセがなくてコク旨な一杯。

機会があったら通常メニューも食べに行ってみよう。

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.