料理してみた 料理レシピ 食レポ

ピリッとした辛さととろーり黄身の旨味がヤミツキになる『悪魔的な旨辛煮卵』

ピリッとした辛みにとろ~りあふれる黄身の旨味が悪魔的に美味い『旨辛煮卵』。

これがヤミツキになる美味さで、1個、2個と一気食いしてしまう。
そんな『旨辛煮卵』、意外と簡単に作れる。

タレに漬け込むだけなので、アレンジ次第でお好みの辛さに調整できる汎用性。
さっそく作ってみよう。



悪魔的に美味い旨辛煮卵

旨辛煮卵をつくるにあたって用意した材料はこれ。

旨辛煮卵の材料

・生卵 6個
・麺つゆ(3倍濃度) 大さじ2
・水 大さじ1
・豆板醤 小さじ2
・一味唐辛子 小さじ2
・すりおろし生姜 小さじ1
・すりおろしにんにく 小さじ1

まずはゆで卵を茹でるところから始めるわけだが、これが一番重要。
いかに黄身をトロトロにできるかがカギだ。

手順

step
1
冷蔵庫から出したての生卵を6分茹でる


step
2
氷水に入れて数分冷ましたら殻をむく


step
3
漬け液を作る


step
4
ゆで卵を漬け液に入れ馴染ませ、冷蔵庫で半日~1日漬け込む


step
5
あとは食う!!※冷蔵庫で2日ほど保存可能

冷蔵庫が取り出した生卵をそのまま熱湯に投入、6分後に取り出して氷水で数分間しっかり冷やす。
あとは殻もスルリと剥けるので簡単だ。

漬け液はジップロック等にあらかじめ作っておく。

そこにゆで卵を投入しタレを絡ませる。

あとは冷蔵庫で半日~1日寝かせるだけ。
完成したのがこれだ。

若干赤みを帯びた卵肌。
全体的にまぶされた一味が辛そうだ。

さて、肝心の茹で加減はどうだ?

うーん40点。
2割ほど火が通りすぎてしまったな。
若干火力が強すぎたか。

ヤミツキになる旨辛な味

まぁいいさっそく食べてみよう。

ピリッと辛みがきいていて、濃厚とろ~りな黄身がコク旨だ。
これはつまみに最高かもしれない。

冷やし中華にちょっとアクセントに加えるとかもアリだな。

最後に

悪魔的に美味い旨辛煮卵作ってみた。

作り方も簡単だし、ヤミツキになる美味さは何度もリピしたくなる。
つまみや料理に添えてもよさそう。

お好みで一味を別の唐辛子に変更したり、コチュジャンなどで甘みも加えるのもいいかもしれない。
是非お好みの味を見つけてほしい。

レビューまとめ

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.