ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】らーめんにい村のガッツリらーめん(みそ)。コク旨味噌とニンニクが抜群に合うクセになる一杯

らーめんにい村の火曜といえば、定番になりつつある限定メニューがっつり系。
今回登場するのは、ガッツリらーめん。

進化したガッツリらーめんは、限定カスタマイズの「みそ」を加えることで、コク旨感が病みつきになるヤバウマな一杯に進化する。
その味は最後のひと口まで食べる人を飽きさせない。
※個人差あり

今回もそんな病みつきになる味が忘れられずに行ってしまった。



にい村のガッツリらーめん(みそ)

そんなわけで今回食べたのは、ガッツリらーめん(みそ)の大。

胃の許容量の減った今、G系メニューでは避けてきた「大」への挑戦である。
大サイズの麺量は450g、単純計算では茹で後の麺量はおよそ900gに達すると言われている。

果たしてこの麺量、そしてこの野菜、チャーシュー、おまけの味玉を攻略できるのだろうか?
もう見ただけでやばい。

もちろんこれはデフォルトと言ったも過言ではないだろう、ニンニクアブラ多めチョイス。
これが多ければ多いほどその美味さが輝く。

今回のカスタマイズ

ガッツリらーめん大(450g) 850円
刻みショウガ 50円
みそ(限定A) 50円

みそカスタマイズの旨味を最大限に引き出すには、やはり最初からニンニクとショウガ、アブラをスープに溶かし込むのが一番。
麺を底から持ち上げたら、レンゲで一気に麺底に押し込み、しかるのちにスープを混ぜつつ天地ガエシ。
これで準備は完了だ。

そしてこれがベストな状態のスープ。

みそのアブラの合わさるスープは、トロっとトロミを帯びている。
コクと旨みが濃厚で、かつニンニクの風味、生姜のほろ苦ピリ辛感が加わることでさらに深みが増す。
このスープもう飲まずにはいられない。

そんなスープが絡んだ麺が美味くないわけがない。

もっちりとしてコシの強い食べごたえのある麺。
スープとの一体感も抜群で、その旨味を存分に味わうことのできる一杯は、ひと口またひと口と箸が止まらない。

まさにニンニク、アブラ、生姜、味噌のどれが欠けてもいけない、すべてが一丸となって初めて生まれるこの味わい深さ。
やはりG系味噌は最強だな。

ただ、後半になるほどにスープの塩味は増していくので、スープを味わいたいならば初期段階がおすすめ。
キレッキレの豚骨醤油と味噌を味わいたいなら濃度を増した〆のスープを味わうこともやぶさかではない。

キャパに余裕があるならば、〆にご飯にスープをぶっかけて食べるのアリだろう。

最後に

今回は自分の限界への挑戦も兼ねて、らーめんにい村のガッツリらーめん大にチャレンジしてみた。
トータル1kgを超えるであろうその質量。

かろうじて完食することができたが、美味しく食べられる限界といったところだろうか。
でも最後のひと口まで飽きずに食べられるのは、このスープの旨味があってこそ。

ガッツリらーめんを食べる時には、是非ともガッツリとカスタマイズして食べてみて欲しい。

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.