ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

麺処TANAKA小田店長最後の出勤。ラストDAYにつけ麺を堪能する

投稿日:

2019年5月5日。
それは端午の節句ならぬ、麺処TANAKAの小田店長ラスト出勤の日。

これまでお客に(一部の)試練を与えてきた店長が、ついに自らの試練と立ち向かうべく卒業を迎える。
このまま完全に卒業となるのか、はたまた不死鳥のごとく復活を遂げるのかは不明だが、とにかく変態的な恰好をしたあの姿を見られるのは今日まで。

前日の小田祭前夜祭にひきつづき、本日の本番も引き続き小田店長特製の一杯を求めてやってきた。

スポンサーリンク

小田店長ファイナル特設つけ麺

そんなわけでややってきたのは昼頃。
駐車場にはたくさんの車が並び、数名の待ちがでるほどの状態が続く店内。

常連さんも次々と現れ賑わう店内。

今回チョイスしたのは、特製つけ麺中(300g)+豚×2。

そう、やはりこうでなくてはTANAKAてはない。
麺を覆いつくすほどの極厚チャーシュー、そして中央には味玉。

つけスープからは魚粉のいい香りがただよう。

豚の濃厚な脂分により湯気すら湧きあがらない。
ここにひとたび箸を挿入すれば、あふれ出す蒸気。

まずは豚から・・・重っ!!

とんでもない厚みのある豚にいきなりボディーブローを喰らう。
それだけではない、パッと見では気づかなかっが、持ち上げてくるとさらに厚みのある端肉までもが姿をあらわす。
いつもと違って優しい盛りだなと思っていたがとんでもない。

まずは豚は後回しにして美味しく感じられるうちに麺をいただく。

うまし!
豚魚の濃厚なコクと旨味、甘味が口の中に広がる。
もっちりとしてコシのある麺がそれらの旨味をしっかりと口の中へと運んでくれる。

思わず無心になってズルズルと食べ進めれば、気づいた時には半分以下になったいた。
ここらでいったん豚を攻略。

極厚で濃いめな端肉は、満腹中枢だけでなく、精神的にも削りにやってくる。
これまで連休中一度たりともやぶらなかったそれを、ついに1段階目の封印を開放する時がやってきてしまったようだ。
※ベルト緩めただけ

終盤は一味を投入して味変。

うまい!
辛みの効果でか、なんとなくすっきりと食べやすく変化した気がする。

そしてこれまでの経験から悟った味玉の満腹中枢爆マシ効果を避けるべく最後に味玉をいたたく。

ダクダクな黄身があふれ出し、濃厚なコクが満腹感を満たしてくれる。

いやー美味かった。
かろうじてキャパに余裕を残して美味しいと感じられるレベルで納めることができた。

 

ラスボスが待っていた

よし、なんとか完食だと思ったのもつかの間、思わぬ伏兵が隠れていた。

店長からサービスの瓶コーラ。
ここで炭酸飲料とか絶対ダメなやつ。笑

せっかくのサービスなのに飲まないというのはさすがに人としてダメだ。
思わぬトラップ発動に危うく撃沈しそうになるが、なんとか完飲することができた。

 

最後に

こうして小田店長最後の一杯は幕を閉じる。
これまで無茶ぶりな一杯をありがとう。

今後は治療に専念し、いつか復活してきてほしい。
我々は待っている、復活するその日まで(たぶん)。

そんなパレオ姿の小田店長のラスト出勤は5月5日まで。

 

麺処TANAKA
住所 栃木県小山市南小林144-5
TEL 0285-38-0773
営業時間 火水木 11:00~14:20
     金土日 11:00~14:20/17:00~20:20
定休日 月曜固定

関連記事

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.