パン 食レポ

たっぷりチョコにもっちり感がいい。コッペパンひらいちゃいました食べてみた

投稿日:

ローソンベーカリーから異色のコッペパンが登場した。
その名はコッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ。

前回「しちゃった系」として登場したメロンパンの皮焼いちゃいましたが話題になったことから、今回もまた狙ってきたと思われるこの商品。
その名の通り、コッペパンを開いて、そこにたっぷりのホイップクリームとチョコレートをたっぷりコーティングしたもの。

なぜ開いた感のある不思議なパンだがこれが意外と理にかなっていた。

スポンサーリンク

 

コッペパンひらいちゃいました

これがローソンで9月11日から発売となった、コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ。

まさにそのまんま。

コッペパン自体はココアを練り込んだものを使用した濃いブラウンな色合い。

なるほど、開いたことによってチョコでコーティングされる範囲が広くなっているので見た目贅沢感がある。

そして通常なら中央にあるホイップクリームも両方にたっぷりと塗られているので見た目的なもお得。

分量的には普通のチョコホイップのコッペパンと比べたらどうなのかはわからないが、見た目としてはたっぷり贅沢に感じることができる。

断面はこんな感じ。

想像していた以上にたっぷりのホイップクリームが使用されている。

食べてみると、ココア風味のしっとりでもっちりしたコッペバンの食感がなかなかいい。
そのまま食べるには不便なので袋から取り出す必要があるが、そうすることで半分に切り分けやすいので、片手で手軽に食べられるのもいい。

広範囲をチョコが覆っているのでチョコ感も存分に感じることができるし、たっぷりのホイップクリームが食べごたえがあってなかなかいいんじゃないだろうか。

 

最後に

何故ひらいた感が満載の不思議な菓子パンではあるが、簡単に分離するのでちょっと小腹が空いた時に半分ずつ食べることも可能だし、とじてしまえは普通に食べることも可能という汎用性がある。

手を汚さずに食べたい勢からしてみれば「ながら食べができない」「食べずらい」なんて言葉も出てきそうだが、別に拭けばいいのでまったく気にはならなかった。

ながら食べや手が汚れるのを嫌う人には不向きだが、トッピングの贅沢感ともっちりしたコッペパンともに美味しかった。

 

コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ
価格 150円
販売 ローソン
発売日 2018年9月11日 
エネルギ― 398kcal
タンパク質 6.4g
脂質 18.5g
炭水化物 51.4g
食塩相当量 0.6g

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-パン, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.