料理してみた 料理レシピ

【低糖質レシピ】ウーロン茶で煮込む卵入り煮豚を作ってみた

投稿日:

img_0478

ある程度のカロリー摂取までは全然OKな低糖質ダイエットではチャーシューまで普通に食べられてしまう。
ちょっと作り方にコツがいるが、これがとても簡単に作れるみたいなので、今回は卵入り煮豚を作ってみた。

詳しくは糖質オフのやせる作りおきの22ページ参照。

スポンサーリンク

 

卵入り煮豚の材料

低糖質レシピの煮豚といえどもやはり材料は色々と使う。
img_0451

・豚肩ロースブロック 700g
・タマゴ 4個
・サラダ油 小さじ1
・焼酎 1/3カップ

煮汁用
・ウーロン茶 4~5カップ
・醤油 1/2カップ
・酢 大さじ1
・しょうが(薄切り) 1かけ
・にんにく(薄切り) 1かけ
・長ネギの蒼い部分 1本分

タマゴは前回ゆで卵を作ったときにまとめて作ったので、そこから利用した。
そしてネギは前に使用した小ネギが残っていたので1本分くらい代用。

 

作ってみた

1.鍋にサラダ油を入れ中火で熱したら豚肉を入れて全体的に焼き色がつくまで4分ほど焼く。
img_0455

ここでしっかり焼き色をつけておかないと旨味が流れてしまってパサパサになってしまうから注意だ。

2.鍋に焼酎を加えて軽く沸騰させたら、そのまま3分ほど煮る。
img_0457

おわかりいただけただろうか?焼き色が足りないこの状態。
つまりそういうことだw

3.煮汁用の材料をすべて加えて(豚肉にかぶらない場合はウーロン茶を増やす)一度沸騰させ、フタをしないで70分ほど煮る。
途中何度か肉の上下を入れ替えて満遍なく火が通るようにする。
img_0459

4.煮汁が2/3ほどになるまで煮つめたら火を止めて冷ます。
img_0463

ここで表面に浮いてきた脂をすくい取っておくとあとが楽だ。

5.保存容器に移したらゆで卵も入れて、途中上下を返しつつ冷蔵庫で1日浸す。
img_0464

で、こうなった。
img_0471

煮汁にしみ出た脂分がめちゃくちゃ固まっている。
このならないためにも、煮込みながら脂をすくっておこう。
まぁ面倒だから気にせずこのままいくがw

 

食べてみた

さっそく取り出した煮豚にはキレイに煮汁がしみこんでいていい感じだ。
img_0472

タマゴもいい感じに仕上がっている。
img_0473

でも半熟じゃないことはすでにわかっているからワクワク感が無いんだよな。
ゆで卵はちゃんと作らないとだめだな。

さっそくカットしてみるとこんな風に出来上がった。
img_0475

ちょっと煮つめが足りなかったのか、表面以外はきれいなピンク色だ。

まぁ肝心なのは味だ。
img_0476

ウーロン茶で煮込んでいるので余分な脂がほとんどない。
ていうかなさすぎるくらいだ。

コンビーフに近いような風味、パサパサ感のある肉質。
どうやら最初に焼き目をつける時に適当にやったのが仇となって、脂分が抜けすぎてしまったようだ。

とはいえ、生姜やニンニクの風味が効いていてクサみもなく、柔らかく仕上がっている。

肉の量を600gに抑えて、ウーロン茶の使用量を抑えればもうちょっと濃いめの味に仕上がっていたかもしれない。
もちろんちゃんと煮つめるのも重要だw

まぁまずまずの出来といった感じ。

卵入り煮豚(4食分)
1食あたりのカロリー 610kcal
糖質 20.96g
保存期間 冷蔵庫で4日ほど

詳しくは「糖質オフのやせるむ作りおき」に掲載されているので確認してほしい。

[blogcard url=”https://xn--n8jaw2ftasm0qqb9eb71112ae6c.com/post-36398/″

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた, 料理レシピ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2017 All Rights Reserved.