定食屋 栃木市スポット 食レポ

栃木のソウルフードが食べられる「麺むすび なすび食堂」でモロを食す

投稿日:2015-09-20 更新日:

IMG_5704

栃木にはまだ知らないソウルフードが存在していた。

それがモロである。
モロと言われて「?」となる人はとても多いだろう。
実はモロとは「サメ」のことである。

どうして海無し県の栃木でサメなんて?と思うのは当然の反応だろう。

サメは血中にアンモニアが多く含まれているため腐りづらい。
なので海無し県でも比較的流通がしやすかったことから、昔からモロを煮付けやフライとして食べる風習があったとか。

スポンサーリンク

そんなモロフライを提供している数少ない店舗のうちの一つが「麺むすび なすび食堂」である。
IMG_5705

店内に入ると中央に仕切りがあり、仕切りの向こうには手作り品が販売されていたりレジがある。

入り口近くにはテーブル席が4卓。
IMG_5707

その奥の座敷にはテーブル席が5卓あり、かなりの人数が利用できるようになっている。
IMG_5708

ちにみに今座っている席の向かいの席だが、たぶん鉄腕DASHで国分太一が座った場所。
そういえばそんな場面が記憶の片隅にある。
IMG_5713
そんなわけでひとまずはメニューをチェック。
IMG_5709 IMG_5710IMG_5712

うどんにご飯ものが数種類とシンプル。
そしてデザートが意外に充実している。
IMG_5711
さっそく栃木定食(980円)を注文することにしたのだが、この定食にはミニうどんが付いてくる。
なんとなくカレーうどんも美味そうなので注文してみたいのだが、値段的にも1,500円越えてしまうし、カレーうどんのミニうどんで3玉分になってしまうのでさすがにきつい。

ダメ元で聞いてみるもんだ。
ミニうどんをカレーうどんに変更してくれるという。
※200円追加で対応してくれた。
もちろんカレーうどんは1玉。

これがその栃木定食+カレーうどん(1,180円)。
IMG_5715

なんかカレーうどんがミニじゃない気がするのだが、まぁその辺はサービスなのかなw
ご飯に漬物、小鉢の煮物、モロフライ、フルーツとなかなか豪華。

まずはカレーうどんから。
IMG_5716IMG_5720

なんだかボリューム満点。
程よい辛味のカレー風味、とろみ強めで熱々がいつまでも持続する。
麺はもっちりで汁との絡みもよくて食べ応えアリ。

具沢山で、ネギや豚肉などがたっぷり。

やっぱカレーうどんは美味いな。

そしてメインのモロフライ。
IMG_5717

ぱっと見はまるでとんかつのよう。

さっそくひとくち。
IMG_5718 IMG_5719

まったくクセも無く、とても淡白な味。
食感もまるで鶏肉を食べているかのよう。

モロと言われなかったらきっと魚と気付かない人もいるかもしれない。

そしてこってりが恋しくなったらマヨを付けて食べると、また一味違ったコクのある味に変化する。
IMG_5722
めずらしいものを食べてみたい人は立ち寄ってみるといいかもしれない。

麺むすび なすび食堂
住所 栃木県栃木市万町7-3
TEL 0282-23-1010
営業時間 11:00~17:00
定休日 水曜日

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-定食屋, 栃木市スポット, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.