焼肉 食レポ

【栃木小山】焼肉うしやのせがれ。文字通り「牛屋の息子さん」が営む旨い焼肉のお店

IMG_4295

栃木県小山市にある焼肉うしやのせがれ。

その名の通りお父様が牛の生産農家を営む店主の、田んぼの中にひっそり佇む隠れ家的な焼肉店。
鮮度抜群な食材を店内でカットして提供、希少部位なども多数扱うお店。

今回はそんな焼肉うしやのせがれに行ってみた。

スポンサーリンク

焼肉うしやのせがれ

今回訪問したのは栃木県小山市立木、田園風景が広がる地にひっそり佇む本格的な焼肉店「焼肉うしやのせがれ」。

IMG_4283

2015年7月7日、訪問から2か月ほど前にオープンしたばかりのお店。
その名の通り、店主のお父様は牛の生産農家を営んでいる。
店名の由来はまさしく牛屋の息子さんが営むお店という意味。

食肉関係の学校を卒業後、メンチカツが有名な「吉祥寺さとう」に就職、「銀座さとう」にて接客業の基礎を学び、見聞を深めるためにカフェバーやイタリアンのリストランテでの経験ののち小山市に帰郷。
小山の老舗バーや居酒屋などで腕を磨き、のちに焼肉店の店長として立ち上げから関わることとなる。

20150913001

そしてこれまでの経験を活かし、ついに「うしやのせがれ」オープンに至る。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県小山市立木593-2

車 50号バイパス萩島高架橋より2.4km(4分)
電車 小山駅西口より3km

駐車場 10台

店内

店内に入ると、中央に厨房があり、厨房を囲むように客席が並ぶ。

IMG_4413

店主と男性スタッフ、女性スタッフ1名の3名体制での営業。

入り口正面中央に厨房、左に進むと、座敷が厨房左手から奥側に向かって5卓ほどあっただろうか。
奥側の厨房前にはカウンター席、入り口から右手に進むとテーブル席が3卓ある。

IMG_430220150913002

焼肉屋というかまるでバーのようなオシャレな店内。
元お食事処だったとは思えないほどに。

焼肉うしやのせがれのメニュー

さっそくテーブル席に陣取るとメニューをチェック。
※2015年9月12日時点

メニュー

本日のおすすめ

IMG_4289

レギュラーメニュー

IMG_4411IMG_4412IMG_4291

ドリンクメニュー

IMG_4292IMG_4290

ユッケとかホント見なくなったから貴重だな。
肉は完全に牛肉オンリーというのはさすがはうしやのせがれ!!

そして変り種なデザートだったり、注文とセットに付いてくるドリンクバーなんかもある。
もちろんアルコール類も充実している。

飲んでもすぐ近くに代行屋さんがあるので安心。



うしやのせがれ行ってみた

台風の被害があってから2日後の2015年9月12日土曜日。
同行者の縫製とともに訪問。

まだまた断水の復旧もままならない様子で、営業していないお店がとても多い。
道路沿いには被害の後らしきものがあったり、田んぼの真ん中に軽自動車があったりとすごいことになっていた。

これは今日は駄目かなーと思いつつもダメ元で向かうと、お店の曲がり角の看板に明りがついているではないか。
お店が無事で一安心だ。

IMG_4421

訪問したのは18時頃。
訪問時は先客ナシだったが、30分もすると店内は満席近い状態に。

さっそく注文を済ませるとテーブルに七輪がセットされる。

IMG_4303

七輪に炭火とか、それだけで美味しいオーラが漂う。
ちなみに七輪の真上に排煙のダクトがあるので安心だ。

注文を受けてから肉を捌き始めるというこのこだわり。
最高じゃないか。

IMG_4414

なかなか肉を捌いている様子を見られる焼肉店ってないから斬新だ。
その都度、加工するので当然ながら鮮度は抜群。

生タン厚切り

そんなわけでまずは、生タン厚切り(980円)。

IMG_4390

この分厚さである。
そして焼くとなんともいえない胡麻の香ばしい香りとともに肉の美味そうな香りが食欲をそそる。

IMG_4395
ネギをのせレモンをかけて食べる。

IMG_4398

表面にあふれ出す肉汁。
とても柔らかくてめちゃくちゃジューシー。
そして刻んだネギとレモンが最高に合う。

これはお店に来たら注文必須だな。

とちぎ和牛の中落ちカルビ

そしてこれは、とちぎ和牛の中落ちカルビ(890円)二人前。

IMG_4394

これまた分厚くカットされていて、色味も普段食べるようなカルビと全然違う。
中落ちならではのこのサシの入り加減。

七輪に乗せると肉汁が滴り落ちジュージューとおいしそうな音色を奏でる。

IMG_4399

これを特製のタレにつけて食べる。

IMG_4408

甘すぎない程よい甘さのタレがクドくない肉にとても合う。
そしてめちゃくちゃ柔らかくて、脂身がとにかく美味い。

ビビンパの石焼き

ご飯モノはビビンパの石焼き(750円)。

IMG_4401

石焼と普通のとんぶりから選択できるが、もちろん石焼きだよな。
で、店員さんにその場でまぜまぜしてもらったのがこれ。

IMG_4404

しっかりと混ぜ合わせ、焦げ目が付くように側面に押し付ける。
この香ばしい香りがまたたまらない。
店員さんが、この工程をやっているとお腹がすいてくるというのもわかるw

この焦げたところが美味いよなー

IMG_4406

野菜のシャキシャキ感もいいし、なにより米自体が美味い。

冷たいうどん

そして〆にはやはり冷たいうどん(750円)。

IMG_4419

酸味のある味付けが〆に最高。
麺はうどんというよりは中華麺っぽい。

これでもっと冷たかったら最高だったな。
ちゃんと氷を絡めて冷やしてから食べればよかった。

最後に

IMG_4416小山市にある焼肉うしやのせがれに行ってみた。

その名の通り牛屋の息子さんが営むお店は、肉に真摯に向き合いこだわりぬいた一品ばかり。
希少部位なども惜しげもなく提供し、訪問する人を飽きさせない種類の豊富さ。

店員さんもとても印象がいいし、肉は美味いし小山市でオススメのお店。

お店詳細

焼肉うしやのせがれ
住所 栃木県小山市立木593-2
TEL 0285-35-6627
営業時間 17:00~23:00(LO22:00)
定休日 火曜日、年末年始

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。

-焼肉, 食レポ
-, ,

PAGE TOP