料理してみた 料理レシピ 食レポ

栃尾名物の栃尾油揚げでつくる『麻婆油揚』。ご飯が無限に食える罪作りな一品

新潟栃尾名物の「栃尾揚げ」を使って『麻婆油揚』作ってみた。

栃尾揚げを知っているだろうか?
新潟県長岡市(旧栃尾市)は豊富な湧水に恵まれ、日本酒や油揚げが名物のひとつであり、その独特な厚みのある油揚げは『栃尾揚げ』の名で親しまれている。

今回はそんな栃尾揚げを使った麻婆豆腐ならぬ麻婆油揚を作ってみた。
これが想像を超えるほどのご飯がススム一品に仕上がってしまった。



栃尾揚げの麻婆油揚

栃尾揚げを使った麻婆油揚げ、用意した材料はこんな感じ。

レシピ

・栃尾揚げ 1個
・豚挽肉 110g
・ネギ 1本
・にら 8本
・にんにく 大1個
・甜麺醤 大さじ1
・豆板醤 大さじ1
・豆豉醤 大さじ1
・紹興酒 大さじ1
・醤油 小さじ1
・鶏がらスープ 250cc
・水溶き片栗粉 大さじ2
・花椒(ホール) 小さじ2
・辣油 適量
・サラダ油 適量
・ご飯 適量

これで3人前くらいは作れる。
あまりの旨さに一人で全部食べてしまうけど。

作り方

手順

  1. ネギを粗みじん、ニラを1cm、ニンニクをみじん切り、栃尾揚げを1cm角にカットする
  2. 花椒をから煎りし挽いておく
  3. フライパンにサラダ油をなじませ挽肉を炒める
  4. 甜麺醤、豆板醤、豆豉醤、ニンニクを加えて焦がさないように炒める
  5. 鶏ガラスープ、栃尾揚げを加え沸騰したら紹興酒を加え、水分が半分になるまで煮込む
  6. 醤油で味を調える
  7. ネギ、ニラ、水溶き片栗粉を加えとろみをつけていく
  8. ラー油を鍋肌から回しかける
  9. 皿に盛り付け、花椒、ラー油をお好みの量かければ完成

まずは、ネギ(1本分)を粗みじん、ニラ(8本)を1cmの長さにカット。
ニンニクをみじん切りにし、栃尾揚げは1cm角にカットしておく。

 

花椒ホール(小さじ2)を香りが立つまでフライパンで乾煎りしたら挽いておく。

 

フライパンにサラダ油をなじませ、大さじ1ほど残したところに挽肉を投入。

 

脂が結構出てくるので、キッチンペーパーで吸いながら、挽肉がポロポロになるまで中火で炒める。

 

一度火を止め、甜麺醤(大さじ1)、豆板醤(大さじ1)、豆豉醤(大さじ1)、にんにく(大1個分)を加える。

もし香辣醤が手に入るなら、豆板醤(小さじ2)、香辣醤(小さじ2)の割合で加えると最高

焦がさないように注意しながら、全体がなじんで香りが立つまで中火で炒める。

 

鶏ガラスープ(水250ccで小さじ2杯を溶かしたもの)、栃尾揚げを加える。

沸騰したら弱火にし、紹興酒(大さじ1)を加え、水分が半分くらいになるまで煮込む。
醤油でお好みの加減に味を調えておく。
※花椒で塩味が際立つので、ちょっと足りないくらいがベストかもしれない。

 

一度火を止めたら、ネギ、ニラ、水溶き片栗粉(水大さじ1+片栗粉大さじ1)を加え強火にしたら、混ぜ合わせながらトロミをつけていく。

 

鍋肌からラー油を適量回し掛け軽く炒める。

 

皿に盛り付け、お好みで花椒、ラー油をかければ完成。



ご飯が無限に食える麻婆油揚

炊きたての大盛りご飯を用意したら準備完了だ。

さっそくいただこう。

オンザライスし、豪快にかっこむ。

花椒の芳醇な香りが鼻腔を抜ける。
栃尾揚げのふっくら感に豆腐とは違うこの食べ応え感、油揚げだけに旨味をすべて吸収している。

ピリッとした辛みに花椒のシビレ感、濃厚なコクと旨味が後を引く。
ネギやニラのシャキシャキした食感もいい。

これはもうご飯が無限に食べられるヤバイやつだ。
お酒のつまみにも抜群に合う。

最後に

栃尾揚げで麻婆油揚作ってみた。

旨味を吸収した栃尾揚げとその食べ応え感は豆腐では味わえない。
カラシビ感にコク旨な味わいが後を引く。

とにかくご飯が止まらなくなる。
栃尾揚げの麻婆油揚、是非一度試してみてほしい。

2022/1/25

【チルド麺】銘店伝説 中華蕎麦とみ田つけめん。家にいながら名店のあの味があじわえる

アイランド食品から発売中の銘店伝説シリーズ。 家にいながら全国のラーメン店を食べ歩きできるというコンセプトの一品。 千葉松戸の名店「中華蕎麦とみ田」のつけめんもラインナップ入りしている。 その名も『銘店伝説 中華蕎麦とみ田つけめん』。 とみ田クラスにもなるとおいそれと食べに行くのは非常に困難。 実は中華蕎麦とみ田のつけめんを食べたのは、2019年に小山市で開催された「最強ラーメン祭」で食べた2杯が唯一無二。 あまりの旨さに衝撃を受けたものだ。 それが手軽に食べられるチルド麺になって販売されているというので ...

ReadMore

2022/1/18

梅酒の店ぱかぱか考案!5分でできる時短しもつかれ。初心者向けなクセのない食べやすさ

今年もしもつかれのシーズンが到来する。 クセが強く好みが激しく分かれる栃木県の伝統料理しもつかれ。 しもつかれが苦手という梅酒の店ぱかぱか店長tomoki氏。 そんなぱかぱか店長が考案した、初心者や苦手な人でも美味しく食べられるしもつかれ作ってみた。 目次(タップできる)梅酒の店ぱかぱか5分でできる時短しもつかれ「ぱかぱか風しもつかれ」 梅酒の店ぱかぱか 梅酒の店ぱかぱかは、栃木県宇都宮市にある昼は定食、夜には豊富に揃う梅酒を堪能できるお店。 50種類を超えるさまざまな梅酒は、正統派からバナナ梅酒やトウガ ...

ReadMore

2022/1/14

栃尾名物の栃尾油揚げでつくる『麻婆油揚』。ご飯が無限に食える罪作りな一品

新潟栃尾名物の「栃尾揚げ」を使って『麻婆油揚』作ってみた。 栃尾揚げを知っているだろうか? 新潟県長岡市(旧栃尾市)は豊富な湧水に恵まれ、日本酒や油揚げが名物のひとつであり、その独特な厚みのある油揚げは『栃尾揚げ』の名で親しまれている。 今回はそんな栃尾揚げを使った麻婆豆腐ならぬ麻婆油揚を作ってみた。 これが想像を超えるほどのご飯がススム一品に仕上がってしまった。 目次(タップできる)栃尾揚げの麻婆油揚作り方ご飯が無限に食える麻婆油揚最後に 栃尾揚げの麻婆油揚 栃尾揚げを使った麻婆油揚げ、用意した材料はこ ...

ReadMore

2022/1/10

しもつかれラヴァー究極の一品『しもつかれぶっかけ飯』。キンキンに冷えたしもつかれをホカホカご飯にぶっかける最強メシ

栃木県の郷土料理しもつかれ。 出来立てアツアツを味わうのも栃木県民の特権としてなかなか格別なものがある。 地域によってはしもつかれを再加熱することなく土間などに保存、表面が凍るほどにキンキンに冷えたものをホカホカなご飯に乗せて食べるのが最高であるとも言われている。 鎌倉時代前期に書かれた日本の説物語集「宇治捨遺物語」にも記述があるとされ、紀元前より下野国と呼ばれていた現栃木県の地域で生まれたカレー、下野国のカレーだから「しもつかれ」となったという説があるくらいだから、ご飯に合うのもうなずけ・・・ねーよ。 ...

ReadMore

2022/1/10

月見エビ天ちから蕎麦。中沢製麺の『破天荒生蕎麦』で破天荒な一杯作ってみた

年末恒例の中沢製麺の年越し蕎麦。 今年も例年のごとく、年末に食べきれないほど買ってしまった。 ※後悔は一切していない、むしろ嬉しいくらいだ 中でも毎回購入するのが定番商品『破天荒生蕎麦』。 これが田舎風の蕎麦で、打ち粉に蕎麦粉を使っているので濃厚な蕎麦の風味があり、豪快な食べ応え感がたまらない。 そしてそば湯まで飲めるという蕎麦を存分に堪能できる一品。 せっかくの正月、豪勢な一杯を食べたい。 ということで、今回は破天荒生蕎麦にきそばのつゆ、トッピングに海老天、餅、卵黄、たっぷりのミツバという豪華仕様の一杯 ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.