イベント レポート 宇都宮市スポット

宇都宮で宮魁道中が開催。オリオン通りで総勢72名の花魁による絢爛豪華な練り歩き

投稿日:

宇都宮オリオン通りを総勢72名の花魁から練り歩く「宮魁道中」が開催された。

創業60年の「呉服おぎはら」3代目の荻原貴則氏が経営する宇都宮市の着物リサイクル店「きものHAUS」が主催する宮魁道中は、宇都宮市のアーケード街であるオリオン通りを花魁姿の女性が練り歩くイベントだ。

着付けには京都の時代衣装おかむらがレンタルや着付けを担当するという本格的なもの。

今回2018年12月8日にオリオン通りにあるオリオンスクエアにて、「宮魁道中」の初イベントが開催されたので行ってみた。

スポンサーリンク

 

宮魁道中行ってみた

宇都宮の中心部、東武宇都宮駅前のオリオン通りが観光客で賑わいを見せている。
オリオン通りの中心あたりにあるオリオンスクエアで開催されているのが宮魁道中だ。

やってきたのは11時半ごろ。
イベント開始の30分前なのでお客はまばらな状態。

オリオンスクエア周辺にはすでに花魁姿の女性やコスプレイヤーの人達が結構集まっていた。

オリオンスクエア内は左右に分かれるように飲食ブースや和小物、エステ店などが出展している。

ステージではまだリハーサルが行われている最中だった。

ステージの左手では花魁姿での撮影が行われていた。

花魁姿もガッツリ化粧までしてきらびやかな人やガッツリ化粧はしていない人もいるようだ。
どうやら宮魁変身限定50名(16,000円)、宮魁変身限定20名(10,000円)の2タイプの募集がされていたらしい。

ガッツリ化粧しているのもいいが、赤い口紅だけというのもかなりいい。笑

 

イベントスケジュール

イベントは12時スタートで、15時から花魁集合らしいので、15時前あたりから激混みになる予感だ。
ちなみにイベントスケジュールはこんな感じ。

早く来過ぎた感は否めないが、まぁ本番の宮魁道中まであと4時間。
イベントや撮影、グルメなど意外と楽しめそうなものは多そうだ。

ステージでさまざなイベントが開催されていた。

 

宇都宮海星女子学院【お琴】

12:30からは宇都宮海星女子学院の中学校高等部箏曲部によるお琴。

なんと中学は4年連続日本一らしい。
上品な音色に心が洗われるようだ。

そんな簡単に洗えないがな。笑

 

ピヨピヨレボリューション【歌・ダンス】

13:00からはピヨピヨレポリューションによる歌とダンス。

 

出展ブース紹介

13:15からは出展ブースの紹介。

ゆるキャラのみやどんが存在感ありすぎる。笑

いくつか気になるお店ができたので色々とめぐってみよう。

その後サバンナの会によるダンスパフォーマンス、ピヨレボトークなどで盛り上がる。

 

五人衆【和太鼓】

14:30からは五人衆による和太鼓の披露。

心が清らかな人にしか見えない5人目はデジタル機器を介しても確認できなかった。
お琴では清めきれなかったようだ。笑

 

花魁着付けショー

15:00からはいよいよ今回のメインである花魁の登場となる。
ステージ前にオリオン通りに集合する花魁たち。

本番の宮魁道中では混み合うので、ゆったり撮影できるチャンスだ。

そしてステージに一堂に会する花魁たち。

総勢72名、これだけの人数がいると壮観だ。

最後の帯締めの着付けショーが開催される。

 

宮魁道中INオリオン通り

スポンサーリンク

13:30になるとついに本番の宮魁道中の始まり。
ステージからそのままスタートし二荒山神社へと向かう。

艶やかな姿はとても魅力的。
まるで京都にいるかのような気分にさせてくれる。

気づけばオリオン通りは、こんなに人いたんだというくらいの混みっぷり。

この後、二荒山神社に到着後花魁のみで写真撮影、16:30にはオリオンスクエアでの記念撮影があり17:00にイベントは終了となる。
最初からずっといたのに花魁道中の混みっぷりに疲れて途中で撤収してしまったが。

今思えば最後までいればよかったと思う。

 

色々食べてみた

色々なお店が出展していることだし、せっかくなので食べ歩きしてみることにした。
いつものイベント系恒例のお店ではないのでなかなか堪能できそうだ。

 

小松園のうな重

1軒目は小松園。

茨城県古河市にある和風レストラン小松園。

季節に応じて厳選して仕入れた活きうなぎを、創業以来50年以上継ぎ足された秘伝のタレを使用し炭火で焼いたこだわりのうなぎだ。
米にもこだわり埼玉の北川辺の農家から直接仕入れたものを自家精米するというこだわり。

もう目前で炭火で焼かれたうなぎからタレの芳ばしい香りだただよってきた時点で勝負は決まっていた。

本日の1品目はうな重(1500円)。

蓋を開けた瞬間に広がる芳ばしいタレの香り。
おもわずこの段階で美味いと言ってしまいそうになる。笑

厚みといいこの脂の乗り具合といい最高ではないか。

照り具合もたまらない。

さっそくひとくち。

口の中に広がる芳ばしい香り、うなぎの旨味とコクのあるタレの風味が広がる。
ふっくらやわらかで肉厚なうなぎ、くさみも全くなく皮目の芳ばしさがより一層美味さを倍増させる。

そしてこのご飯。
満遍なくタレが絡まることで程よいホロホロ感があり、しっとりもっちりした米の食感もなかなかいい。
タレの主張が強くてご飯の存在感が薄まったりすることもあるが、これに関してはちゃんと一体感があって美味い。

うなぎ苦手が食べられるんだから間違いない。
1,500円といいお値段だが、お店に行かずにこのレベルが食べられるなんて最高だな。

 

小松園
住所 茨城県古河市鴻巣720
TEL 0280-48-1245
営業時間 11:00~14:00/17:00~21:00
定休日 月曜

 

おさけHAUS

2軒目はお酒HAUS。

運営本部からの出展。
栃木の地酒や熱燗、ノンアルドリンクも揃っている。

飲み比べセット(800円)とか飲んでみたかったが、残念ながら車だ。
電車で来ればよかったな。

ここは我慢してゆず紅茶(400円)をいただく。

柚子の果肉入りで、さわやかな風味か効いていてアツアツで温まる。
もちろんノンアルだ。笑

飲めなくて悔しいのでお持ち帰りした。笑

 

マグロBISTROTaRoのまぐろカレー

3軒目はマグロBISTOROTaRo。

マグロ専門ビストロで、さまざまなマグロ料理を堪能しながらお酒の飲める。
マグロの新たな一面を発見できる、そんなマグロ尽くしのお店。

今回はそんなメニュー中からマグロカレーが食べられるらしい。
これがそのマグロカレー(500円)。

大ぶりなマグロの切り身がゴロゴロ入っていて贅沢だ。
さっそくひとくち。

食べごたえのあるマグロは弾力がありつつも柔らかい。
魚系のカレー独独のクセもなく食べやすい。

スパイスもしっかり効いていて、苦味とほのかなしびれ感がありピリッとした辛さがたまらない。
酸味や玉ねぎのコクと甘味も効いていて美味い。

とりあえずあと3杯くらいはいける。笑

 

マグロBISTORO TaRo
住所 栃木県宇都宮市宮町2-24
TEL 0028-612-2877
営業時間 月火木日祝日 18:30~25:00(LO 料理24:00/ドリンク24:30)
     金土祝前日 18:30~27:00(LO 料理26:00/ドリンク26:30)
定休日 水+不定休

 

PizzaBOYのマリナーラ

4軒目はPizzaBOY。

宇都宮のダイニングバーBISTRO Epice.とRECIPEの2店舗が共同するイベント限定のお店。
素材にもこだわり、小麦にはサルコロッソを使用、イタリア産の塩を使用した本場ナポリのピッツァが堪能できる。

大谷石の特注石窯を使用して、焼きたてが提供されるというガチなやつだ。

こんな石窯欲しい。笑

そんな中から食べるのはマリナーラ(700円)。

トマトソースにグラナパダーノ、アンチョビにスライスしたニンニク、オレガノがたっぷりまぶされたピザだ。

塩気は強めながら、もっちりした生地と一緒に食べるとちょうどいい。
グラナパダーノの程よいチーズ感が、素材や生地の美味さを引き立てている。

Pizza BOY
住所 イベントによる
TEL 028-678-9895
営業時間 イベントによる

 

幸楽の焼き餃子

5軒目は幸楽。

宇都宮の中心街から西のはずれの方にあるので、電車で訪れる観光客には見落とされがちだが行列のできる人気店だ。
餃子や水餃子が人気でお持ち帰りも可能。

今回は焼き餃子が販売されていた。
これが幸楽の焼き餃子(200円)。

しっかりめの焼き加減で芳ばしい香りが食欲をそそる。

さっそくひとくち。

焼きめパリパリのもっちりした衣で、中からしたたるほどのジューシーさ。
旨味しっかりで甘味があって美味い。

醤油とラー油が付いてくるが是非ともこれはそのままで食べてほしい一品だ。

とりあえずご飯がほしい。笑

cafe Marioのジンジャーカレーサンド

6軒目はカフェマリオ。

住宅街の一角にある隠れ家的な古民家カフェ。
ジンジャーメニューも豊富で、特製の野菜ジンジャーカレーもおすすめらしい。

今回はそんなジンジャーカレーを使ったジンジャーカレーサンド(500円)ほをチョイス。
レンジが故障してたそうで、宮カフェのレンジで温めてみた。

焦げ目がサクッと芳ばしい食感のパンにたっぷりチーズがあふれ出す。

生姜と程よいスパイスの効いたカレーはピリッと辛くて旨い。
出来たてを食べたらもっと最高だろうな。

どうせならジンジャーティーも一緒に買ってくるんだった。

カフェマリオ
住所 栃木県宇都宮市昭和2-9-20
TEL 028-622-5666
営業時間 11:30~21:00(LO20:00)
     ※ランチタイム 11:30~14:30
定休日 火曜

かずちゃんち

かずちゃんち。

かずゃんち?
あえてここで食べる間でもないか。笑

 隊長がいろいろとやってみた(サイト内)
隊長がいろいろとやってみた
https://xn--n8jaw2ftasm0qqb9eb71112ae6c.com/?s=%E3%81%8B%E3%81%9A%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%A1&x=0&y=0
器用貧乏な隊長が色々と挑戦したことをだらだらと書き記した雑記ブログ

 

他にも色々あるけど

他にも地ビールのお店、洋菓子店、エステ、写真撮影などのスペースがあった。
アルコールは我慢、洋菓子は売り切れていたので断念。

もうちょっとだったけど残念ながらメシコンプはならず。

 

会場は花魁とコスプレイヤーが大集合

今回のイベントは宇都宮コスプレイベント「MYACOS」とのコラボ企画なので、オリオンスクエア周辺では花魁だけでなくコスプレイヤーも沢山参加していた。
会場のあちらこちらで撮影が行われていた。

せっかくなので色々撮ってみた。

コスプレイヤーも沢山

ゆるキャラみやどんも参加。

ちなみにMIYACOSのイベントは10:00~18:30まで開催。

 

花魁が艶やかすぎる

花魁の人達が記念撮影をするスペースがちょっとした撮影スポットになっていた。
ここにいればすべて花魁を見ることができるかもしれないだけに、もっと早い時間に来ておくべきだったな。

次回開催時には一眼レフ持って来よう。

 

最後に

今回宇都宮で初開催となった宮魁道中。
艶やから花魁の練り歩く姿は荘厳で観る者を魅了させる。

意外と見どころ少ないかなと思いつつも、花魁の撮影をしたりステージイベントを見ているとあっという間に時間が過ぎていた。
出展グルメもどれも美味しいものばかりでなかなか楽しめた。

宮魁道中の始まる30分前にはオリオン通りはめちゃくちゃの混みようでびっくりするほどだった。
また来年も開催された時には、次回こそは最後までいたいと思う。
※寒さ対策万全で

宮魁道中とてもよかった。

 

宮魁道中
開催期間 2018年12月8日(土)
開催時間 11:00~17:00
会場 オリオンスクエア
住所 栃木県宇都宮市江野町8-3
企画 きものHAUS
TEL 028-678-6586
 

書いてる人
プロフィール
栃木で活動する雑記ブロガー。
栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。
隊長ってどんな人?

最近はプロフィールとかで自分の経歴とかそういったものを公開している人をよくみかける。 自分のいいとこばかりをアピールするんじゃなく、駄目なところとか共感できることを公開することで読者に親近感を与え、こ ...

続きを見る




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-イベント, レポート, 宇都宮市スポット
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.