読み物

仮想通貨元年の今年ついにメディアで話題になる。仮想通貨がついに本気出す?

投稿日:2017-12-21 更新日:

仮想通貨の代名詞でもあるビットコインを筆頭に、今年は新たな仮想通貨が誕生する仮想通貨元年となった。
その価値も数百倍、数千倍となるものも出始め、通称「億り人」をたくさん誕生させた。

億り人、すなわち億のカネを手にした人たちは、今年初めに誕生した仮想通貨をいち早く購入し資産を大幅に増やすことに成功した。

年末に向かって仮想通貨界隈では暴騰が続き、ついにテレビなどのメディアがこぞって取り扱い始めた。
こういった先駆者有利の世界は、メディアで取り上げられることで新規参入も増え人気が高まるほどに美味しいわけだが、今後市場が盛り上がり上がるか沈静化を迎えていくかは新規参入してくるいわゆる情報弱者と呼ばれる人達の挙動次第とも言える。

スポンサーリンク

 

ネット主流の世界の共通通貨になれるか

仮想通貨というやつは、特定の国に属する通貨ではないので、全世界で統一価値で取引される。

国に属する通貨は、取り引きの場面でもたとえば一度円を通貨レートにより換算しドルに変えてから売買を行うといった具合に手間がかかる。
だが、仮想通貨ならこの商品は1コインの価値ですといえば、1コインを支払うだけで完了する。

世界中の取引がとても簡略化され、税金などの発生により資金が目減りしてしまうということもない。

ネット主流の世界なのに、共通通貨が存在しないということ自体がおかしかった。
その共通通貨を実現させる可能性を持つのが仮想通貨だ。

そこにはかつてマウントゴックスが破産した時のような危険性もあるが、現在では国が認めた取引所でないと仮想通貨の売買も行えない。
セキュリティーなども万全で、前車の轍を踏むようなことも無いだろう。
※絶対はない。

一般的に普及が進まない原因はそういったところにあるのだと思う。

ちなみに今年2017年は5月、9月、そして12月22日の3度の暴落があったが、その翌日にはほぼ回復している。
いまだビットコインの大幅な価格変動がその他の仮想通貨に影響を与える構図は変わらないようだ。

第2の基幹通貨となるものが誕生しない限りは、この芋づる式に暴落する状況は続くだろう。
先見の明があれば、その通貨を見抜きあらかじめ購入をして億り人になることも夢ではないのかもしれない。

 

おすすめの取引所

これまで数か月だが仮想通貨の購入を続けてきた。
そこでおすすめしたい取引所はZaifだ。

 

取り引きのできる仮想通貨の多さもだが、なによりZaifだけで購入が可能なZaifトークン(通称ザフト)、株でいうところのIPOと同様にICOで注目を浴びているCOMSAトークン(通所イムサ、ネムサ)なども購入できるのはZaifだけだ。

COMSAでのICOが本格的に始まれば、発行数の限られているCOMSAトークンを求めて殺到するとは明らか。
優良なICO開始されてもトークンが無ければ何もできない。
となれば限られたトークンは値上がりする。

そこでトークンを売買するもよし、ICOに積極的に参加するもよしと今後とても面白いことが起きる予感のあるのがCOMSAトークンだ。

 

また仮想通貨を積立することのできるコイン積立というサービスもとても面白い。
1000円から可能なのでちょっと試しに始めてみるのも面白い。

現時点(2017年12月21現在)では取引の手数料がマイナスとなるサービスを行っているので、売買の面でもとても扱いやすい。

人気殺到中で、登録申請しても登録完了ハガキの到着が1か月先なんてこともあるので、売買してみたいと思った時にすぐに始めることはできない。
もしこれから始めるつもりがあるなら、とりあえずZaifに口座を作っておいてもいいだろう。

 

 

仮想通貨は暴騰を続ける

先駆者はすでに仮想通貨の可能性に気づき、コツコツと仮想通貨を集め始めている。
そこには何の可能性も約束されていない仮想通貨も存在するが、一部には今後の発展が期待できるものも存在する。

アルトコインに分類される国産の仮想通貨であるモナコインなど、活発なコミュニティーの活動などの努力によりその価値を上げるに至ったこともあった。

登場当時は3円台だったものが、先日2,000円を超えるまでとなり億り人となった人も多かったことだろう。

草コインと呼ばれるものの中にも4,000倍以上の価値となったものも存在する。
仮想通貨初心者はこういったものに手を出すべきではないが、もし今後それがメジャーなものになった時には後悔しかない。

あとは先駆者となり大金を手にするか、後続となりその恩恵を十二分に享受することなく小銭を稼ぐかの違いだけだ。
だが、油断してはいけない。

仮想通貨というやつは昨日は1万円だったものが、次の日には5千円になっていたなんてことは日常茶飯事だ。
高値掴みすることなく効率よく底値で手に入れられるか、いかに我慢強く仮想通貨を増やせるかが今後の勝敗をわけるといってもいいだろう。

とにかく今は年末に向かって暴騰を続けている。
後続者はそれに惑わされることなく、タイミングを間違えずに参入してほしい。

そしてくれぐれも自己責任で!!

仮想通貨が激アツでやばい。物は試しと余剰資金で仮想通貨を買ってみた

現実には存在しない通貨である仮想通貨。 数ある仮想通貨のなかでもメジャーなところでビットコインなんかは聞いたことがあるだろう。 通貨といえば国が発行するのが普通だけど、仮想通貨は国が発行したものではな ...

続きを見る


仮想通貨はやっぱり激アツ?仮想通貨をチマチマと購入して2か月目の結果報告

  仮想通貨の購入を始めたのが8月28日。 余剰資金でチマチマと購入して気づけば2か月が過ぎていた。 2か月経過したことだし、現在の仮想通貨投資がどうなっているのかをまとめてみたいと思う。 ...

続きを見る


仮想通貨バブルがやってきた!?仮想通貨購入3か月目の投資報告

仮想通貨バブルがやってきた。 つき先日まで1コイン100万円の価値だったのに翌日には+30%になっていたなんてとんでもない価格変動が起こっている仮想通貨市場。 国産仮想通貨のモナコインまでも、少し前ま ...

続きを見る

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-読み物
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.