Explorers 旅のおもひで

Explorers正月の旅2017 そしていつものようにゴロゴロして旅の夜は過ぎていく

投稿日:

IMG_0794

いわゆる一般的なひさしぶりに仲間が集まっての宿の過ごし方といえば、大体まず風呂というのが温泉地では定番だろう。
みんなで日頃の話題や仕事のことなど会話をしたり、夜にどこかに行くかとかまだまだ旅はこれからだ的な感じに盛り上がるものだろう。
だが、うちらExplorersのメンバーの宿の過ごし方は一味違う。

今回はうちらExplorersメンバーの正月の旅で宿についてからの過ごし方をまとめてみよう。
熱海散策も終わり宿で爆睡している大神と合流、まずは温泉に入ることに並々ならない情熱を持っている大神の発言からメンバー達はまず温泉へと向かうこととなる。

スポンサーリンク

 

まずは温泉で身体を癒す

温泉地に来たらまずはここまでの旅の疲れを癒すべく温泉!!
うちらのメンバーから露天風呂がある宿というのが必須条件にされているので毎回なかなか苦労はするが、実際露天風呂に入るとやはり露天があると無いとでは解放感が違う。

20107011701

寒い外気を感じながら熱い風呂に入る。
やっぱこれこそが温泉の醍醐味。

温泉につかって火照った身体を外の景色を眺めながら仁王立ちするまでがデフォだw

あまり長く入ると逆に疲れてしまうので30分ほどで撤収。
長湯好きな大神と縫製が最後に部屋に帰ってくるのがいつものパターンだ。

 

夕食までひたすらゲーム

IMG_0794

温泉から戻って落ち着いたら、みんなで会話に盛り上がったりなんてのも楽しみのひとつだろう。
ところがうちらのメンバーは部屋に戻ると大神はノートPCを取り出して艦コレ、マインに縫製はスマホゲーム、山岡さんはPSPとひとりの世界に籠ってしまう。

20107011702

このまま夕飯の時間までずっと各自無言でゲームをやり続けているのでとにかく退屈だ。
普段から家でゲームばかりしているのだから、旅に来た時くらいは我慢してもいいくらいなのだが、なにせゲームをやるために旅にノートPCを持って来るヤツがいるほどのゲームオタクだらけだ。
これは我々メンバーの宿命なのだろう。

そして夕食の時間が近づいたら10分前に行動を促す。
なぜならとにかく腰が重くて動き出すまで10分以上かかるからだ。

メシ時に親に呼ばれて「あとちょっと」とか言ってゲームがやめられなくて最後には親にゲーム機を没収される流れのおっきな子供が4人もいるからとにかく大変だ。

 

宿の夕食はバイキング

バイキング形式なのでできれば早めに来たかったのだが、残念ながら予想どおりの行列ができていた。
入り口付近にコの字のテーブルに盛られた食材エリアから、部屋中央にある食材エリアには30名以上が順番待ちをしていただろうか。
20107011703

マグロの解体ショーに間に合ったのが救いだ。
DSC01693

そしてあっという間にテーブルが食材で一杯になるのもお約束w
DSC01698

ていうか大神マグロもらいすぎw
DSC01699

せっかく人数分のマグロをもらうべく並んでいる所に当然のごとくさらに並ぶ。
そう、それが大神だ。

とにかく必要以上にもらう。とにかくもらう。
5名なのに10名分のマグロが所狭しと並ぶw

なかなか豪華なバイキングは海鮮から肉まで40種類以上が並ぶ。
そこからチョイスしたのがこれ。
DSC01696

DSC01697

サラダにカニ、マカロニグラタン、ローストビーフ、天ぷら、エビチリ、サザエ、焼き海老、焼き鳥など意外と豪華だ。
当然ながらご飯などは我慢。

エビチリはまぁ普通、焼き鳥は普通、豚の角煮は濃厚でトロトロだけどまぁ普通。
DSC01701

サザエは苦味とコリコリ感がいい、天ぷらと焼き海老はまぁこんなもんか。
DSC01703

カニはまぁ普通に美味い。
DSC01707

マグロはいまいち。
DSC01706

ネギトロ的なのはそこそこ旨かった。
DSC01710

ローストビーフは唯一おかわりしたw
DSC01700

そして〆のケーキ。
美味そうだ。食いたい。
DSC01711

やっぱ夕食にバイキングはダメだね。
肝心の海鮮に特に感動も何も浮かばなかった。
全体的に普通という感想しか浮かばない食事ではあったが、デザートにご満悦でドヤ顔の縫製も見れたしまぁいいか。
DSC01720

とはいえバイキングじゃない普通の日にまた来てみたいところだな。

 

食後はゴロゴロ

DSC01722

そして食後は就寝時間までひたすらゴロゴロしてテレビを見るのが定番だ。

こんなに外の景色はキレイなのになんてもったいない。
DSC01724

毎回メシを食べた後に飲みに行こうと提案するのだが、決まって同じセリフがかえってくる。
20107011704

どうもうちらのメンバーの間では、居酒屋=がっつりメシを食う場所という定義がなされているようで、メシの後に居酒屋という選択肢は必ず却下されてしまう。
つまみ1、2品注文してその場の雰囲気を楽しみながら酒をチビチビいきながら話をするという発想は残念ながらないのがうちらメンバーらしいところだ。

そしてコンビニに買い出しに行き、飲みたかったけど行けなかったメンバーで部屋飲みをするのが定番の流れ。

旅の夜の〆はいつもの部屋飲み

DSC01733

キレイな星空を眺めながらコンビニへみんなで買い出し。
飲みたい人は各自つまみや飲み物なんかを調達して、部屋に帰ってのプチ飲み会だ。

さすが観光地なだけあり、コンビニにお土産売り場が併設されてたりしたので思わぬ収穫がたくさんあった。
DSC01734

マイン、山岡さんとの3人でいつものヤツ。
DSC01753

やっぱ旅に来たのにアルコールを1滴も摂取しないとか楽しめないでしょ。

つまみもこれで十分だ。
DSC01750

DSC01756

それなりに3人で盛り上がって酒もつまみも無くなる頃におひらきとなる。

 

こうして旅の夜は過ぎていく

そして山岡さん、マイン、大神が力尽き、最終的に深夜まで縫製と二人でぼーっとテレビ見ているのがいつものパターンだ。

20107011705

寝て起きたらあとは帰るだけなので、少しでも旅を満喫するために無駄に深夜まで起きているというw

で、2時くらいになるとさすがに面白い番組なくなってくるのでどちらともなく就寝して旅の夜は終わる。

これがExplorersの旅の夜の過ごし方だ。
旅の夜の過ごし方の参考になっただろうか?

ならない?ですよねー

 

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-Explorers, 旅のおもひで
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2017 All Rights Reserved.