まとめ ダイエット

ダイエットしたいならこれやっとけ!!実際に1か月で5kg痩せた簡単な方法まとめ 6選

2017/01/02

20160102001

ダイエットというやつは大体何かのきっかけから始めることが多い。
誰かに太ったと言われた、健康診断で気になる数値が出た、お気に入りの洋服が着られなくなった、好きな人ができたなど理由は人それぞれだ。
でも、そういったきっかけがあっても続けられないのは、思ったような効果が得られなくてモチベーションが下がったり、ストレスが溜まってしまってドカ食いしてしまったなんてことが原因のひとつ。

頑張って痩せようという気合が足りないからだめなんだ、そもそもそんなだから太ってしまうんだと言われてしまったらぐうの音もでない。

ならばモチベーションが下がらず、ストレスも溜まらないダイエットをすればいいんじゃないだろうか?

そんなわけで今まで数年にわたって色々なモノを試し、体重を戻してはリバウンドをしていた自らの体験と検証の結果たどり着いた方法をまとめてみた。


スポンサーリンク


 

実際の検証結果

まずは実際に効果があったのかどうかを証明すべく、2016年12月1日から12月31日までの結果をグラフにしてみた。

これがその結果だ。
20160102002

体重-5.2kg
体脂肪率-0.9

どうも体脂肪率はその日の食事に左右されている様子なので、あまり数値的に劇的に変化はしていない。
とはいえ、ある程度の増減はあるものの右肩下がりに推移しているのがわかる。

検証したのは12月なので、忘年会という逆ダイエットタイムが何度かあった。
そのせいで急激に増加している日が2回ある。
さすがに2回ともに中華料理で忘年会というのはダメだ。

それを考慮すると忘年会シーズンじゃなかったらマイナス6kgオーバーも可能だったかもしれない。

もちろんダイエット中だけど普通にステーキも食べたし、しゃぶしゃぶ食べ放題だって行った。


だがラーメン屋だけは我慢した。
たった一度を除いては。

 

1か月でちゃんと食べて5.2kgダイエットした方法

20161231001

それでは1か月ちゃんと食べてどうやって5.2kgダイエットできたのか?
その方法をまとめてみよう。

毎日の食事

平日のダイエットメニュー
朝 糖質の高いものを抜いた食事+1杯の牛乳
昼 糖質の高いものを抜いた食事+主食は豆腐鍋
夜 低糖質料理or豆乳鍋

休日のダイエットメニュー
朝 糖質の高いものを抜いた食事or置き換えドリンク
昼 糖質の高いものを抜いた食事+主食は豆腐鍋
夜 置き換えドリンクor低糖質料理

外食時のルール
・ご飯や麺類などの炭水化物は食べない
・肉は普通に食べてOK
・アルコールは焼酎ベースやウーロンハイなど甘味がないもの

※毎朝必ず燃焼力アップのサプリを摂取
※1日2L以上の冷たくない水を摂取
※夜に軽めの運動15分くらい

 

冷たい飲み物はなるべく飲まない

20170101005

風呂あがりの冷たい水、のどが渇いた時の冷たい水、最高だよね。
でも冷たい水は身体の代謝を下げてしまう。

ダイエットをしているのに代謝を下げることをしてしまっては意味がない。

なので最低でも常温の水、できれば白湯なんかを普段の水分補給に利用するとばっちりだ。
やかんで水を沸かすのか手間なら、コップ1杯の水を3分ほどレンチンして冷ましたものを飲めば簡単。

代謝が下がるのを防ぐだけでなく、冷え性にもいいと聞くので積極的に飲んでいきたい。

水は毎日2L以上は飲むようにクセをつけていた。

 

低糖質な食事を心がける

img_9915

ダイエットに一番よくないのは食べないことと糖質をたくさん摂取してしまうこと。

食事を食べないダイエットは劇的に体重が減るが、代謝が落ちてしまうのである程度まで到達すると体重が減らなくなってしまう。
身体はこれを危機と感じて逆に太りやすい体になってしまうことでリバウンドしやすくなってしまう。

ダイエットというと高カロリーなものを控えて、低カロリーなものを食べようと考えるがそれが間違っているらしい。
重要なのはカロリーではなくて糖質を抑えることで、1食あたりの糖質を一定値に抑えることで普通に食べても問題がないという。
同時に筋力が落ちることで代謝が下がるのを防ぐためにタンパク質を積極的に摂取した。
肉や魚などの動物性たんぱく質、大豆などの植物性たんぱく質。

必要なものと不要なものを考えながら食べるという手間はかかるが、空腹感や食事を減らすことのストレスを感じることがなくなった。
そのおかげで我慢できずにドカ食してしまったなんていうこととも無縁になった。

 

運動は継続できる軽めのもの

20160102003

ダイエットのためと毎日ガッツリと運動をするというのがお約束だが、そんなことはまったくやっていなかった。
唯一続けていたのはワンダーコアを使って軽めな運動をしたくらい。
IMG_2221

軽めな運動なので苦にもならないから継続することができる。
やはり継続は力なりというように続けることが大事。

おかげで筋肉はさほど減らずに脂肪だけを減らすことができた。

 

 

食事を置き換える

dsc00144

酵素ドリンク置き換えとかもいいが今回は手軽に手に入って安価なものとしてプロティンダイエットをチョイスしてみた。
水350mlに1袋を入れて飲むというやつだ。
dsc00152

味も数種類ありどれもフルーツの味なのに1回の糖質が14g程度とかなり優秀。
しかも1回食事で必要な栄養素も補えるという利点がある。
含まれている成分はこんなにたくさん。

・コエンザイムQ10
・ヒアルロン酸
・オルニチン塩酸塩
・ポリフェノール
・食物繊維
・1回の食事に必要なビタミン11種
・ミネラル11種

もちろんタンパク質も豊富に含まれているので代謝が下がるのを抑えてくれる。
軽めの運動をしないと下がってしまうことに変わりはないが。

そしてなによりおいしい。
dsc00317

最初こそ粉っぽさを感じるかもしれないが、それも気にならなくなってくる。
あとはどうしても空腹を感じてしまうようなら、炭酸水などを飲むとばっちりだ。

ちなみに低糖質な食事では1食20gくらいがベストなので糖質を制限する食事の条件も楽々クリアしている。

これを休日などの家にいてあまり動かない時に置き換えで飲むと効率がいい。
どうしても動いていると空腹感を必要以上に感じてしまうのでこれではつらいかもしれない。
動かない時はカロリーの消費も少ないので普通に食べると体重が増えてしまうことが多い。

なのでこういったものなら体重の増加も抑えられるし一石二鳥だ。

 

 

身体の燃焼力をアップさせる

img_9440
人は年齢を重ねるごとに身体の燃焼力が下がってしまうらしい。
αリポ酸は身体の燃焼力を高めてくれるので結果的に代謝が上がるということになる。

てことはダイエット効果があるってわけだ。
しかも抗酸化作用もあるのでいろいろといいコトだらけ。
糖尿病の人とかにも効果あるらしいので、ラーメン食べすぎて肝臓に負担かけまくりの人にも効果あるのかもしれない。

これを1日2粒ずつ飲んでいると、ちょっと動いただけで身体が熱くなるのを感じるくらい。
個人差はあるが効果はあると実感はできた。
※ちなみに加工食品扱い

 

最後に

基本的に個人差があるので必ずしも同じだけダイエット効果があるか?と言われたら複数の人で検証したわけではないので絶対効果があるとは言えない。
でも確実に体重を減らすことが可能なのは間違いない。

このまま代謝を落とさずに脂肪だけ燃焼させていければ、ダイエット終了後もそれなりに維持できる身体がつくれるはず。

正月太りが心配になる元旦の結果もこんな感じになるくらい。


同じことを試してみたいと思った人は、いっきにすべてを試すのではなく1つずつ自分に合うかどうかを確認してから実践してほしい。

しっかり食べてそれなりに運動してストレスなくダイエットを頑張ろう。

 

 

-まとめ, ダイエット
-