カップ麺 食レポ

【カップ麺】餃子好きは食べるべき?日清どん兵衛ギョーザラブうどんを食べてみた

日清のどん兵衛といえば、言わずと知れた人気のロングセラー商品だが、実はこのどん兵衛には創作系うどんシリーズというものが存在する。

ぶっちゃけそんなシリーズが存在するなんて今回の新作を購入するまでまったく知らなかった。
どん兵衛マニアではないので、これまでの商品がなんだったのか全くわからないが、想像するになかなかのチャレンジャーなシリーズなのかもしれない。

そんなわけで今回、2017年5月8日に発売開始となったのが、どん兵衛ギョーザラブうどん。
名前からしてなんかぶっ飛んでる感が出ているが、果たしてどんな味なのか?

さっそく食べてみた。


スポンサーリンク


 

どん兵衛ギョーザラブ

これが創作系うどんシリーズ第3弾となる、どん兵衛ギョーザラブだ。

ピンクのパッケージに描かれている鳥獣戯画の蛙と兎。
うどんを持ち餃子を待つ蛙に餃子を運ぶ兎。
シュールだ。

どん兵衛といえばどんぶり型というイメージだが、このギョーザラブに至っては縦長のラーメンスタイルというのがまた店舗内で目立つ。

開封した瞬間に餃子のような刺激的な香りが鼻腔をくすぐる。

肉ミンチ、キャベツ、ニラ、輪切り唐辛子と餃子を彷彿させる具材に、餃子の皮にあたる麺という構成だ。
さっそくお湯を入れて待つこと5分。

 

食べてみた

仕上がりはこんな感じ。

キャベツやニラが想像以上に豊富に入っている。
餃子のような香りというよりは酸味を醤油の風味や酸味を感じる。

まずはひとくち。

もっちりコシのあるうどんは食べごたえ十分。
唐辛子がピリッと効いていて、ニラなどの風味もしっかり乗ってくる。

酸味が比較的強く醤油の風味もキレがありしっかり濃いめだ。
まるで酸辣湯うどんを食べているようなそんな味。
そういえば餃子どこいった?

なるほど、スープは餃子というより餃子のタレの味を再現した味ということだろう。
そこに含まれる餃子の皮を模したうどん、トッピングが餃子の具でまさに餃子を食べた感じを表現しているのだろう。

どちらかといえば餃子のような味を期待していたので、なんか空回りしてしまった感が否めない。
まぁこれはこれで、酸味のあるスープがクセになる味でアリといえばアリ。

 

どん兵衛ギョウザラブうどん
おすすめ度★★☆☆☆
価格 205円
販売地域 全国
発売開始 2017年5月8日
内容量 93g
エネルギ― 409kcal
タンパク質 8.4g
脂質 16.3g
炭水化物 57.2g
ナトリウム 2.9g
ビタミン類 0.58mg
カルシウム 138mg
食塩相当量 7.4g

 

-カップ麺, 食レポ
-, ,