ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

佐野市にオープンしたUNITED NOODLEの新店アメノオトに行ってきた

img_8171

UNITED NOODLEの新店が先日2016年9月22日に栃木県佐野市堀米町にオープンした。
その名もアメノオト。
かつて小山市の中華蕎麦サンジで火曜日限定営業をしていたNOT FOUNDから派生したお店だ。

女性が一人でも気軽に入れるお店作りを目指して作られ、名前や外見にもこだわったお店らしい。


スポンサーリンク


やってきたのは、オープン40分ほど前。
すでに店舗前には3名の先客。
img_8169

店舗左手のショーウインドーには、NOT FOUND時代のあのTシャツがディスプレイされている。
img_8175

駐車場は平日は10台、土日祝日は15台のスペースが利用できるらしい。
img_8172

ひとまず待っている間にメニューをチェック。
img_8173

まだメニューはシンプルな感じで、これから新メニューが登場する予感だ。
基本はアメオトソバとアメオトまぜそばの2タイプ。

オープン時間が近づくと、ウェイティングシートに名前を記入し、オーダーをとりにやってくるので、ここで注文を済ます。
そしてオープン時間となり店内に。

右手にはNOT FOUNDで使われていたものを利用して花が飾られている。
img_8191

店内はオシャレなつくりになっていて、まさに女性が一人でも気軽に入れそうな印象だ。
入って正面のレジもオシャレだ。
2016092401

広い店内の中央に厨房、それを囲むようにカウンター席が10席ほど、壁沿いにはテーブル席が6卓ほど、一番奥には対面式のカウンターテーブルが10席となっている。
20160924001

※画像はお店FBより転載

席のちょっとした備品にも配慮が行き届いている感じだ。
img_8176

そしてこのお店では、席に座ると番号の書かれたカードが渡され、精算時にはこのカードを渡すというシステムになっているようだ。
20160924002

厨房に6名、ホールに5名という人数から、この後の混みっぷりが容易に想像できる。
実際オープン前の時点で10名以上の待ちになっていたくらいだ。

まず最初に木のトレイとレンゲが配られる。
そして待つこと10分。
今回注文した、特製アメオトソバ(塩)(980円)の登場だ。
img_8183 img_8184

トッピングは燻製豚と鶏のレアチャーシュー、メンマ、ベビーリーフ、白髪ネギ、そしてガーリックラスク。
そこに燻製豚と鶏のレアチャーシューの2枚、味玉が追加されている。

まずはスープをひとくち。
img_8185

名古屋コーチンや那須鶏の地鶏を使用して、低温で旨味をじっくりと抽出させた清湯スープに、昆布や煮干しなどの海産物のダシに6種類の塩をブレンドした塩ダレを使ったという珠玉の一杯だ。

濃厚な鶏の旨味、オイリーな喉越し、それでいて全体的にまろやかな風味に仕上がっている印象。
塩気もオイリー感も濃いめだ。

そして麺。
img_8186

プリっとしていてパッツリ感のある歯ごたえの細麺。
スープとの絡みもとてもよく、スルスルと軽くいけてしまうところも健在だ。

ハーブ豚のレアチャーシューは、柔らかく、クセもなくとても食べやすい。
img_8188

那須鶏のレアチャーシューもしっとり感のある濃厚な旨味を蓄えた一品だ。
img_8189

味玉は黄身に若干のトロみを残す茹で加減、シイタケやポルチーニ茸のダシで煮たという極太メンマも食感もよくキノコの旨味をしっかり吸収している。

ラスクはNF時代と比べるとカリカリ感が物足りない印象で、思いのほかスープで崩れるのが早かった。

 

そしてこれも忘れちゃいけない、燻製レアチャーシュー丼~自家製ステーキソース~(300円)だ。
img_8190

NFの頃と変わらぬ、ニンニクの辛みが効いたおろし玉ねぎ醬油ソースがチャーシューによく合う。
ミツバの風味がまたこのソースとの相性抜群。

1か月間は昼の部のみのとメニューを絞っての営業らしいので、なかなか気軽に訪問できなそうだが、新メニューが登場する前に残り2種類も近いうちに攻略しなくてはなるまい。

とにもかくにも、新店オープンおめでとうございます!!

アメノオト
住所 栃木県佐野市堀米町455-1 シルフィード1F
TEL 0283-86-9882
営業時間 11:00~14:30/17:30~21:00
定休日 月曜

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,