ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】麺堂HOMEの久しぶりの限定「和出汁 塩つけそば feat.嫁ワンタン」を食べてみた

2016/07/13

IMG_3610限定メニューをしばらく封印していた麺堂HOMEが、長い沈黙を破り久しぶりの限定メニューの登場を果たした。
その名も、和出汁 塩つけそば feat.嫁ワンタンだ。

朝から手作りしたというワンタンがとても気になる。

1日限定50食で、本日6/27~29までの3日間という。
初日から夜の部は残すところ20食というからこれは急がないと初日のロットを逃してしまいそうだ。


スポンサーリンク


ということでやってきた夜の部。
まだ先客1名だったので余裕だ。

まずはいつも猫な人に挨拶をして列に並ぶことに。
IMG_3601どうも犬田さんの匂いに反応しているのか、警戒されてしまうようになった。

そんなわけでカウンターに陣取ると黒板を激写。
IMG_3604久しぶりの限定という文字が輝いて見える。

これが今回のメニューだ。
IMG_3605並と大があるようで、今回はせっかくなので麺量340gの大にしてみた。
でもいつもなら気まぐれ飯を追加するところだが、ここは我慢することにした。
なら並にしろという話もあるがw

そしてこれがその今回限定、和出汁 塩つけそば feat.嫁ワンタン(850円)だ。
IMG_3611
さすがは340gにワンタン付きなだけはある。
ボリューム感がハンパない。
IMG_3613いつものシャキシャキで食感のいい穂先メンマ、燻香を感じる豊潤な香りの花カツオ、強い食感の白ネギ、そして内容は秘密というワンタンがトッピングされている。

そして今回の核になるつけ汁だ。
IMG_3617北海道産の日高昆布を豪快に使った昆布出汁をベースとし、煮干しや鰹節を加えて追い炊きしたものに、ホタテ、カキ、アサリといった魚介の旨味が濃厚な塩タレを合わせているらしい。

透明度のあるスープはとても洗練された香りがただよう。

さっそくつけ汁をひとくち。
昆布出汁がベースというだけあり、グルタミン酸の織り成す、まるで海の恵みを凝縮させたような深い旨味が日本人の和の心を震わせる。
鼻腔を突き抜ける豊潤な香り。
動物系をまったく使用していないというだけあり、とても繊細でこれぞ和!といった味に仕上がっている。

是非とも食前にこのつけ汁の豊潤な香りと味を堪能してほしい。
ただ、想像以上に熱いので逸る気持ちを抑えて十分冷ましてから飲んでみてほしい。

それでは麺をいただこうではないか。
IMG_3618全粒粉の細麺がまたしっかりとした存在感があり、プリプリの食感がまたなんともたまらない。
ただ、やはり麺自体の存在感があるが故、もともと薄めな塩分濃度であるつけ汁がさらに薄めに感じるかもしれない。
食べるほどに普段の濃い味に乱されていた味覚が鋭敏になってきて、つけ汁の旨味をしっかり感じることができるはずだが、どうしても濃い味付けに慣れてしまっている人には塩分がしっかり感じられなくて薄めに感じてしまうかもしれない。

そんな人はつけ汁に麺をしっかりと浸し、若干まとまった状態から口に含んでやればスープがたっぷり絡んでくるのでちょうどよく感じられるはずだ。

そしてワンタン。
IMG_3619もっちりツルっとした食感がたまらない。
シソの葉と梅肉の風味がさっぱりとしていてあっさりしたスープとの相性抜群。

とにかくこのつけ汁は完飲必至。

麺堂HOME
住所 栃木県栃木市片柳町1-2-38
TEL 0282-25-6125
営業時間 11:30~14:30 17:30~21:00
定休日 木曜日

関連記事

こちらもおすすめ


 

 

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,