PC レビュー

EaseUS Todo Backup Freeが便利すぎる。OSを再インストールしないでドライブ交換してみた

2016/09/28

2016092801

どうも最近PCが重い、アクセスが遅いなどの挙動がおかしいなんて感じたことはないだろうか?
長くPCを使っているとどうしてもハードディスクやSSDといった消耗品が劣化してきてしてまう。
これを放置していると、突然アクセス不能になるなど取り返しのつかないことになりかねない。

こんな時には、症状が軽いうちにデータの移動やハードディスクなどの交換をしておくことが必要だ。
でも、この作業がなかなか面倒だったりするのだが、あるソフトを使うと手間をかけずに作業をすることができる。

 


スポンサーリンク


 

すでにこの交換は2回ほど他のPCでやっているのだが、記事にしていなかったので今回せっかくなので記事にしてみることにした。

 

システムディスクの容量がカスカスに

とにかく気づいたらOSの入っているドライブが酷いことになってしまった。
20140928

それなので新しい128GBのSSDを購入したわけだが。

ただ、もう一度OSのインストールしなおすなんてのは、折角構築したものを一からやりなおさないといけなくなってしまい、かったるいことこの上ない。

てことで、いまのOSのクローンを作ってしまえばいいんじゃね?とか思った。

 

EaseUS Todo Backup Free

で、探してみたら丁度いいフリーソフトがあるではないか!!
そのフリーソフトの名前は「EaseUS Todo Backup Free」有料ソフトのフリー版ではあるが、今回やろうとしていることには全然問題ない。

 

 

そんなわけで、早速やってみることにした。

1.デフラグ

まずクローンを作るにしても、元を綺麗にしたい。
てことで、まずはデフラグをかけよう。
スタートロニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒ディスクデフラグツール
起動したら、システムドライブを選択して「ディスクの最適化」
2014093001

2.EaseUS Todo Backup Freeでクローン作成

デフラグが終わったら、EaseUS Todo Backup Freeを起動。
2014093002
起動したらクローンをクリック。

2014093003
クローンを作りたいドライブの選択画面になるので、システムの入ったドライブにチェックして次へ

2014093004
クローンを作りたいドライブの選択画面になるので、あらかじめフォーマットしておいたドライブを選択して次へ

2014093005
確認画面が表示されるので間違いなければ実行。

2014093006
もう一度確認画面が出るのでOKをクリック。

2014093007
15~20分くらい処理がかかるのでひたすら待つ。

3.交換

処理が終わったらPCの電源を落として、ドライブを交換して起動。
2014093008
変更を適用するために再起動を要求してくるので、再起動する。

4.再起動

PCを再起動すると変更が適用される。
※起動時にランタイムエラーがでる場合があるが、もう一度再起動すれば消える。

5.パーテーションの変更
2014093009
新しいシステムドライブとして認識されたわけだが、容量までクローンされてしまうので、折角新しいドライブに替えた意味が無い。

ということでパーテーションの容量を変更。

5.ボリュームの拡張

スタート⇒コントロールパネル⇒システムとセキュリティ⇒管理ツール⇒コンピュータの管理⇒ディスクの管理にを起動する
2014093011
システムドライブの上で右クリックメニュー⇒ボリュームの拡張を選択。
確認画面が出るので次へ

2014093010
するとこの画面になるので、使われていないDドライブの容量一杯に選択できてるか確認して、次へ

2014093012
すぐに完了画面が出るので、完了をクリック

2014093013
無事容量が増えていればOK

2014093014

6.Windowsを新しいSSDに最適化

最後に最適化を行う。

2014093015
スタート⇒検索に「Windows Experience」と入力すると、ウィンドウに「Windowsエクスペリエンスインデックスの確認」と表示されるのでクリック

2014093016
パフォーマンスの評価と改善が表示されるので、「評価を再実行」をクリック

2014093017
しばらく待つとこのように評価が改善される。

これで換装は完了。

まとめ

ツールを使うことでこんな簡単にシステムディスクの換装ができてしまった。

PCの調子がおかしいのに我慢して使っている人や、新しくPCを買い替えようかと考えているなら、こんな方法もあるので試してみるのもアリかもしれない。

※自己責任で

 

 

-PC, レビュー
-, , ,