ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

麺処ぼたん 行ってきた @栃木市 汁なしまぜそばに挑戦してみた

IMG_5337
お盆の最終日、たまたま昼時に出かけていたので、せっかくだしラーパスコンプ特典である無料チケットを消費がてらラーメンを食べることにした。

とはいえこの暑さなので、こってりは避けたい。
そんなわけでやってきたのは、麺処ぼたん。

さすがにお盆休みなだけあって、先客が7名ほどいた。
ちなみに帰りも14時近いというのに外に7名ほど待ちがいるほどだった。
さすがお盆休みなだけあるな。


当然、ここまで来て諦めるのもなんなので列に並ぶことにしたのは言うまでもない。
東向きの店舗はお昼時は日陰になるので暑い思いもしないでいいから助かる。

 

あらかじめオーダーの受付だけするスタイルらしく、ここは気になっていた浅利のパイタン麺を注文してみた。
ところが、無料チケットでは「浅利のパイタン」と「特ぼたん」は注文できないらしい。

ならばと、注文したことのない汁なしまぜそばを注文してみることにした。

20分ほどでカウンターに案内され、ほどなくして注文の一杯の登場。
これが今回注文した、汁なしまぜそば(720円)+炙りチャーシュー(280円)。
IMG_5338

トッビングはもやし、刻み玉ねぎ、水菜、穂先メンマ、半熟たまご、チャーシュー、鰹節、カットレモン。
麺の下には醤油のカエシがしかれている。

それらをよく絡めてまずはひとくち。
IMG_5339

コシが強くもっちりした中太な麺。
小麦の旨さを存分に感じられる、相変わらずの美味い麺。

そんな麺に濃いめな醤油の味と鰹節の風味、そこにたまごが加わりマイルドな味に仕上がっている。
さらに途中からレモンを絞ると酸味が加わり、さわやかな味へと変化する。

そして薄めな味付けのバラチャーシューは炙ってあるものの、脂身の部分は噛み切りづらかった。
若干後味に動物臭が気になった。

やはりさっぱりした汁なしまぜそばにチャーシュートッピングは余計だったかもしれない。

 

全体的に重量感はあるものの、さっぱりしているのでとても食べやすい。
ただ、個人的には物足りない感じがしたのは言うまでもない。

 

関連記事:麺処ぼたん行ってきた

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,