Explorers 旅のおもひで

【熱海市】全室オーシャンビューの熱海シーサイドスパ&リゾートに行ってきた

DSC01505

今回熱海の宿を探すにあたって、メンバーの要望により安くて露店風呂があるという条件で探してみた。
最近人気な熱海だが、価格帯は2万円を超える気軽には泊まれないような宿が比較的多い印象だった。

そこで今回は旅館は諦めてホテルを候補に入れて探してみた。
するとオーシャンビューなうえにの値段もそこそこというところを発見することができた。
海岸沿いは昔からあるホテルをリフォームさせたという場所が多いようで、そのおかげでリーズナブルな価格帯で宿泊が可能になっているようだ。
こういったリーズナブルな価格帯でキレイな宿が増えたことも熱海復活に一役買っているという。

そして今回宿泊するのはそんなリニューアルしたホテルの一つ、熱海シーサイド・スパ&リゾートだ。


スポンサーリンク


 

駐車場が特殊

外観はさすがに若干時代を感じさせるものはある。
DSC01507

まぁさすがに外観は再塗装くらいがいいところだろうから仕方ないだろう。

まずはホテル前に路駐し駐車場の案内を受ける。DSC01533

駐車場は徒歩2、3分ほどのところにある、かつて有料駐車場だったと思われる場所。
フロントで駐車場の場所を教えてもらい、もらった駐車券を使ってゲートをオープンさせる仕組みだ。

 

内装はとてもキレイでオシャレ

キレイでオシャレなエントランスに外観とのギャップを感じる。
これがギャップ萌え?w
DSC01510

車を駐車すると再び入って右手にあるフロントでチェックインを済ます。
チェックイン客でにぎわうフロントの様子から人気ぷりがうかがえる。
DSC01508

フロントで受付を済ますと周囲を物色してみる。
フロントを背に右手には定番の売店だ。
DSC01511

名産品、お土産品、地元の日本酒やワインなど結構品揃えは豊富だ。

営業時間 8:00~21:00

左手にはシーサイドカフェスタイルのロビーがあり、とても居心地がよさそうだ。
DSC01531

DSC01532

これで外の景色に海が見えれば最高だったな。
ちなみに2階もロビーフロアになっているので、そこからは海を眺めながらのんびりすることができる。

ロビーに中央にはドリンクバーやパソコンが完備。
DSC01530

コーヒーや紅茶も静岡茶などをすきなだけ楽しんだり、パソコンで観光情報なんかを調べたりすることができる。

利用時間 14:00~18:00

 

リラクゼーション施設

2017011402

2階の大浴場を出て左手奥にあるのがリラクゼーション施設。
マッサージ機やリラクゼーションシートなどが完備されていので、ちょっとした癒しに丁度よさそうだ。

利用時間 6:00~10:30/15:00~24:00

 

アジアンスパ&エステ アパ・アカルが人気

2017011401

2階のリラクゼーション施設の奥にあるのがアジアンスパ&エステ フパ・アカル。

タイ古式健康法やフェイシャル、フット、ボディ、ヘッドセラピーなど細かなメニューがあり、それらを組み合わせたりと本格的なエステを受けることができる。
料金は高からず安からずで絶妙な料金設定なので比較的気軽に利用できそうだ。

もちろん女性だけでなく男性もOK。

チェックイン後に部屋の電話か申し込みができるのだが、これが結構な人気のようで18時に聞いてみたらすでに予約がいっぱいになっていた。
もしエステなどを利用したいならチェックインしたらすぐに予約するのがおすすめ。

タイ古式健康法 40分 4,900円
タイ古式健康法 60分 7,100円
フェイスヒーリング    
アンチエイジングコース 50分 7,500円
ホワイトニングコース 50分 7,500円
リフトアップコース 50分 7,000円
オイルトリートメント 30分 5,200円
お試しオイルトリートメント 20分 3,100円
ボディヒーリンング    
デトックス&スリム 60分 8,700円
オリエンタルハーブボールコース 60分 8,700円
オリジナルオイルコース 60分 8,700円
オリジナルオイルコース 40分 6,000円
お試しオリジナルオイルコース 20分 3,100円
フェイス&ボディヒーリング    
エクセレントコース 100分 16,200円
アジアンリゾートコース 80分 13,000円
トータルヒーリングコース 60分 9,800円
ヘッドセラピー 20分 2,200円
フットケア 30分 3,600円
フットケア 20分 2,400円

営業時間 14:00~22:00(最終受付21:30)

 

今回の客室

5階から10階まである客室は、その全室がオーシャンビューとなっている。

かつての情緒あふれる温泉ホテルがすべて今風にリニューアルされ、洋室に和の畳の空間を加えた部屋、露天風呂付きのスイートルーム、女性目向けのアジアンルーム、グループや家族向けのファミリールームなど様々なスタイルの部屋が用意されている。

基本的には禁煙となっているようだが、タバコなんてものは迷惑でしかないのでとてもありがたい。
もちろん勝手にタバコを吸ったりしてバレたら罰金として追加料金が請求されるので、喫煙可の部屋に宿泊するか、1階と5階にある喫煙室を利用しよう。

さっそく部へと向かうことにする。
当然ながら案内してくれたりといったサービスはないのであしからず。
エレベーターで6階に上がり、ちょっと狭めな廊下を進んだ奥が今回の部屋になる。
DSC01512

今回の部屋は603号室。
DSC01522

室内に入ると、左手に靴入れがありその先にクローゼット、右手にはトイレ、洗面室に浴室となっている。
そしてふすまの先はこんな感じだ。
DSC01515

手前にはベッドが2つ。
DSC01521

奥が畳になっている。
DSC01516

やはりベッドがあるせいもあって若干狭く感じてしまう。
男5人ともなるとなおさら。
ちなみに残り3名は布団を畳に各自が敷くスタイル。

液晶テレビに冷蔵庫、そして間接照明がところどころに配置されている。
このメンツでムードもへったくれもないがw

そしてこのオーシャンビュー。
DSC01519

朝はかなりやばい。
DSC01779

なにげにピザを注文できるのがうれしい。
DSC01525

ピザーラの配達の人に何度かすれ違ったが、あの香りはよだれもんのやばさがある。
エレベーターの中で遭遇した時のあのやばさは尋常じゃない。

 

 

 

温泉大浴場

2017011403

3階にある大浴場。
源泉かけ流しの温泉はナトリウムやカルシウムの塩化物を含み、神経痛、筋肉痛や関節痛に効果ある。

内湯は御影石を使った風呂になっていて、源泉かけ流し一部循環ろ過方式。
湯温はほどよい熱さ。

露天は露天風呂とつぽ風呂2つがある。
源泉かけ流しで、つぼ風呂の1つは2℃ほど熱めに設定されている。
なんとなくひとり占め気分に浸れる。
ちなみに3階なので露天からの見晴らしは上の写真のようなことはないw

他にも少人数で利用できるサウナも完備している。

15:00~24:00(最終入場23:30まで)
6:00~10:30(最終入場10:00まで)

 

貸切風呂

景色を眺めながら風呂に入りたいなら、5階の貸切風呂を利用するといいかもしれない。
洗面室や待合室なども広くてゆったりと利用できる。
2017011404

40分交代制で、1室3,000円の予約制。

1室利用なので家族やカップルで利用するととてもリーズナブルで雰囲気も抜群。

寛一の湯 12:30~22:30(最終受付21:30)
お宮の湯 12:30~22:00(最終受付21:00)
     7:00~9:00(最終受付8:00)

 

食事は3階のレストラン「おとや」

食事は部屋ではなくレストランにて食べることになる。
今回は正月だったので、朝夕ともにバイキングとなっていた。
DSC01698

朝食の時間は自由だが8時から混み始めるらしいのでその時間帯を避けるといいらしい。
味的にはまぁ普通といった感じだろうか。

朝食(和洋バイキング) 7:00~9:30(最終入場9:00)
夕食(和食会席) 時間予約制

 

詳細

熱海シーサイド・スパ&リゾート
住所 静岡県熱海市東海岸町6番53号
TEL 0557-82-8111
予約受付 3か月前の9時から

玄関施錠時間 24:30~5:30
※警備員に申し付ければ出入り可能
※25:30~26:00は防犯システム上で出入りができない
チェックイン 15:00~
チェックアウト 11:00

特にこれは!!と思うものは無かったが、リーズナブルというところと、エステが豊富なのがなかなかいい。
普段の夕食を食べてないのでわからないが、それ次第でオススメ度が上がるかもしれない。

とにかくリーズナブルで全室オーシャンビューというところはかなりおすすめだ。

 

-Explorers, 旅のおもひで
-, ,